雇用

  • もちろん都市は、テクノロジー職の雇用を創出するために戦うべきだ

    もちろん都市は、テクノロジー職の雇用を創出するために戦うべきだ

    都市計画に携わる人びとに大きな影響を与えるものとして、例えばAmazonの新しい第2本社(HQ2と呼ばれる)を選ぶプロセスのようものは、それほど多くはない。同社は、5万人の雇用と50億ドルの投資を巨大な人参としてぶら下げて、北米の各都市から提案書を募った( Clickholeが親しみを込めて記事を書いている)。おそらく予想はできると思うが、Amazonは238件もの提案書を受け取り、今週はその中から20件のファイナリストを選んだ 。 Appleも今やゲームに参加したようだ。同社も今週、(少なくとも最初は)テクニカルサポートに特化した新しい「… 続きを読む

  • 世界のソフトウェア技術者たちは、いま幾ら稼いでいるのか?

    世界のソフトウェア技術者たちは、いま幾ら稼いでいるのか?

    ハイテク従事者のための求職プラットフォームを提供しているHiredの、データサイエンスチームが、新しい研究を発表した。そこにはサンフランシスコ在住のソフトウェア技術者の収入が、米国の他の都市や世界のそれに比べて高いにも関わらず、生活が段々苦しくなっている様子が示されている。 28,000件のインタビュー要求と、Hiredプラットフォーム上で5000社以上の企業から4万5000人の求職者に提供された仕事に基き、Hiredのデータチームはベイエリアのソフトウェア技術者の平均年収は、13万4000ドル(2月10日時点で約1500万円)であると… 続きを読む

  • Amazon、米国内で10万人を新規雇用へ―トランプ次期大統領、早くも功績を強調

    Amazon、米国内で10万人を新規雇用へ―トランプ次期大統領、早くも功績を強調

    ドナルド・トランプが正式にアメリカ大統領に就任するまでまだ1週間ほど先あるが、トランプ政権は早くもアメリカ国内の雇用増加の実績を誇ろうとしている。これまでのところで目立つのはインディアナ州に所在する空調設備大手のCarrierと日本のテレコムの巨人、SoftBankの計画だ。 今回、職の創造に関するトランプ政権のヒットは意外なところからやってきた。今週、Amazonは、向こう1年半でアメリカ国内で10万人を新規雇用する計画を発表した。Amazonによれば、同社は過去5年間に15万の新たな職を作ってきたという。 続きを読む

  • PinterestがGoogle出身のイメージサーチの専門家を、エンジニアリングヘッドとして迎えた

    PinterestがGoogle出身のイメージサーチの専門家を、エンジニアリングヘッドとして迎えた

    Pinterestは、Googleのイメージサーチのヘッドを務めていたLi Fanを、新しいエンジニアリングのヘッドとして雇用したと発表した。 続きを読む

  • 職場にもっと多様性を、まずは技術職から

    職場にもっと多様性を、まずは技術職から

    テクノロジー業界が性別、人種、民族や年齢において多様性を欠いているということは周知の事実だ。主要なテック業界の公開しているデータによると全従業員における女性の占める割合は25から45%でしかない。この格差は技術系の職種になるとさらに悪化する。Anita Borg Instituteの実施したTop Companies for Women Technologistsの調査によると、過去の5年間に渡り、技術系における女性の占める割合は 21%のまま全く動いていない。 続きを読む