電力

  • 小型商用核融合炉を開発するボストンのスタートアップが約54億円を調達

    小型商用核融合炉を開発するボストンのスタートアップが約54億円を調達

    25年間におよぶ研究の末、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者たちは、核融合商用化への扉の鍵を手に入れたようだ。 続きを読む

  • オークション形式で電力の最安値が分かる「エネオク」開始

    オークション形式で電力の最安値が分かる「エネオク」開始

    エネルギー領域のスタートアップであるエナーバンクは1月30日、電力コストの削減や「新電力」と呼ばれる新しい小売事業者への切り替えを望む法人向けに、電力のリバースオークションサービス「エネオク」をリリースした。 続きを読む

  • エネチェンジがケンブリッジ発の電力ベンチャーと経営統合、電力ビッグデータ解析事業に本格参入

    エネチェンジがケンブリッジ発の電力ベンチャーと経営統合、電力ビッグデータ解析事業に本格参入

    電力価格の比較サービスを提供するエネチェンジは、6月30日付で英国のスマートメーターデータ解析ベンチャーSMAP ENERGYとの経営統合に合意したことを明らかにした。経営統合に伴い、SMAP ENERGY共同創業者・CEOで、エネチェンジ創業メンバーの1人でもある城口洋平氏が新たにエネチェンジの代表取締役会長に就任し、現・代表取締役社長の有田一平氏との共同代表制へと移行する。 続きを読む

  • エネチェンジがみずほキャピタルより5000万円を追加調達、法人向けサービス展開を強化

    エネチェンジがみずほキャピタルより5000万円を追加調達、法人向けサービス展開を強化

    電力価格の比較サービスを展開するエネチェンジは、みずほキャピタルの運営ファンドを引受先とする5000万円の第三者割当増資を実施したことを発表した。エネジェンジは今年1月にオプトベンチャーズ、IMJ Investment Partners Japan LLPから総額5億円を調達しているが、今回の増資はこのラウンドにおける追加調達という位置付けだ。 続きを読む

  • 電力自由化ビジネスに挑むエネチェンジが5億円を調達ーーマーケティング強化と海外事業展開を推進

    電力自由化ビジネスに挑むエネチェンジが5億円を調達ーーマーケティング強化と海外事業展開を推進

    2016年4月、電力の小売が全面自由化された。規制緩和によって新規の事業者が参入する市場が生まれており、電力ではすでにソフトバンクをはじめとした通信キャリアや楽天などのネット企業も参入している。そんな新市場にチャンスを見い出したスタートアップの1社がエネチェンジだ。同社は2017年1月23日、オプトベンチャーズ、IMJ Investment Partners Japan LLPから総額5億円の資金調達を実施したことを明らかにした。 続きを読む