電気自動車

  • EV開発のLucid Motorsがアリゾナ工場を起工、来年後半に生産開始

    EV開発のLucid Motorsがアリゾナ工場を起工、来年後半に生産開始

    Lucid Motors(ルシード・モータース)は米国時間12月2日、製造施設を起工する。アリゾナ州カサ・グランデに立地するこの工場では、電気自動車セダンであるLucid Airが製造される。同社によると、2020年後半に生産を開始するとのこと。 続きを読む

  • UCLAがゼロ・エミッション全電動の「手術器具消毒・修理車」を導入

    UCLAがゼロ・エミッション全電動の「手術器具消毒・修理車」を導入

    自動車業界で電化されているのは消費者向け車両だけではない。商用車や特殊用途車両の中にもEVの有力候補がたくさんある。医療業界もそのひとつだ。 続きを読む

  • ダイソンが電気自動車の開発を断念、全固体バッテリー製造に方向転換

    ダイソンが電気自動車の開発を断念、全固体バッテリー製造に方向転換

    Dyson(ダイソン)は電気自動車の開発を中止したことを発表した。商業的に実現可能な車を作ることができないと判断し、プロジェクトの買い手も見つからなかったためだ。 続きを読む

  • ボルボが同社初の電動SUV XC40のイラストと概要を初披露

    ボルボが同社初の電動SUV XC40のイラストと概要を初披露

    Volvoは、近日発売で同社初の全電動自動車、XC40 SUVを初披露し、初期のスケッチや仕様の詳細を一部公開した。ポイント:Volvoはシンプルなデザインを強調し、ガソリン車にあった一部の機能を捨てた。 続きを読む

  • フォルクスワーゲンの新しい電動ハッチバックID.3の内装をチェック

    フォルクスワーゲンの新しい電動ハッチバックID.3の内装をチェック

    フランクフルトでのIAA国際モーターショーに先駆けてデビューしたフォルクスワーゲンID.3の内部は、コンパクトな外観から想像するより、ずっと広々としている。電気自動車であることのメリットを最大限に活用して設計した成果だ。内装と内部構造を写真でチェックしておこう。 続きを読む

  • ポルシェ・タイカンがドイツの試験コースで4ドア電気自動車の最速記録を更新

    ポルシェ・タイカンがドイツの試験コースで4ドア電気自動車の最速記録を更新

    ポルシェの近日発売予定の全電動自動車、タイカンが、ドイツのニュルブルクリンク・ノルトシュライフェの試験コースで、僅差だが有意義なラップタイム新記録を出した。 続きを読む

  • EVに自動充電するロボチャージャーがサンフランシスコにやってくる

    EVに自動充電するロボチャージャーがサンフランシスコにやってくる

    フォルクスワーゲンの子会社エレクトリファイ・アメリカと、サンフランシスコに拠点を置くスタートアップのステーブルは、運転者が人間ではなくなる日に向けて、ロボアームによる自律型電気自動車充電システムをテストする。 続きを読む

  • BMWが初のフル電動ミニクーパーSEを発表

    BMWが初のフル電動ミニクーパーSEを発表

    フル電動のミニクーパーは、かつて1度デモされたことがあり、EVファンの夢となっていた。それが、ようやく誰でも買える車となる。最初から電動車として設計された駆動系を備え、もっとも競合が激しいクラスの市場に投入される。 続きを読む

  • 米電気自動車メーカーと著名プロ登山家がEV用バッテリーを再利用した太陽光独自エネルギー網建設で協力

    米電気自動車メーカーと著名プロ登山家がEV用バッテリーを再利用した太陽光独自エネルギー網建設で協力

    かつては秘密主義だったが11月に電動ピックアップトラックとSUVで公にデビューを果たした自動車メーカーRivianは、自社の古くなったバッテリーを再生して、プエルトリコでのソーラーマイクログリッドプロジェクトに役立てようと計画している。 続きを読む

  • BMWとジャガーランドローバーが次世代の電気駆動技術開発で提携

    BMWとジャガーランドローバーが次世代の電気駆動技術開発で提携

    BMWグループとジャガーランドローバー(JLR)が、未来の電気自動車開発で協力することに合意したことを発表した。 続きを読む

  • フォルクスワーゲンの新EVは予約受付開始24時間で1万台受注

    フォルクスワーゲンの新EVは予約受付開始24時間で1万台受注

    Volkswagen(VW)は、電気自動車の新たなブランドIDの初モデル・スペシャルエディションを記念した特別イベントを開催し、欧州での事前予約の受付を開始した。 続きを読む

  • 電気自動車smartの米国とカナダでの販売が中止へ

    電気自動車smartの米国とカナダでの販売が中止へ

    TechCrunchが入手した情報によれば、ダイムラーは小型の電気自動車smart fortwoの、米国とカナダでの販売を中止する。 続きを読む

  • F1レースカーよりも速い、ピニンファリーナの200万ドルEV「バッティスタ」

    F1レースカーよりも速い、ピニンファリーナの200万ドルEV「バッティスタ」

    自動車メーカーのブランドであるアウトモービリ・ピニンファリーナは、今週ジュネーブ国際モーターショーで初の市販車を発表した。 続きを読む

  • 深圳、バスに続いてタクシーも電動化でグリーン化推進

    深圳、バスに続いてタクシーも電動化でグリーン化推進

    深圳運輸委員会は今週、同市の2万1000台を超えるタクシーの99%がバッテリー駆動になったことを公式サイトで発表した。 続きを読む

  • トヨタ、2025年までに全車種を電気化へ

    トヨタ、2025年までに全車種を電気化へ

    自動車メーカーの電気化のトレンドをキャッチアップしてトヨタもついにロードマップの詳細を明らかにした。同社は電気自動車の市場ではプリウスでリードを保っているものの、これまで主としてハイブリッドと水素燃料電池車の開発に力を入れていた。今後は一段と電気モーターのみで走るEV車に力を入れていくここになる。 続きを読む

  • ダイムラーの新しい電動大型トラックは1度の充電で350キロを走る

    ダイムラーの新しい電動大型トラックは1度の充電で350キロを走る

    ダイムラーが今年の東京モーターショーで完全電動のセミトラックを発表した。1回の充電での航続距離は350km、牽引重量は11トンで、これは同レベルのディーゼルトラックに比べて2トン少ないだけだ。 発表されたトラックVision Oneは300キロワット時までの蓄電容量を持つバッテリーを搭載しており、350kmという航続距離は比較的近い都市間の牽引移動を可能にする。もちろん長距離の移動には向いていないが、中距離での重量物の移動により柔軟に対応することが可能だ。 発表されたE-FUSOブランドはダイムラー三菱トラック部門の新しいサブブランドである… 続きを読む

  • イーロン・マスクが、Model 3問題とプエルトリコに力を注ぐためにTeslaのセミトラックの発表日を延期

    イーロン・マスクが、Model 3問題とプエルトリコに力を注ぐためにTeslaのセミトラックの発表日を延期

    9月の初めにイーロン・マスクは、長い間噂されていた完全電動セミトラックを10月26日に発表するとツイートしていた。彼はそれが「暫定的」予定であるとし、必要であれば日程変更ができる余地を残していた。それは良い判断だったことが分かった。 今日(米国時間10月6日)の午後のツイートで、イーロンはセミトラックの公開を11月16日にすると発表した。約3週間の延期である。 再スケジュールの理由は何か?マスクは、Model 3のボトルネックと、プエルトリコのためのバッテリー生産という、現在最も力を注いでいる2つのことについて言及している。 続きを読む

  • ダイムラーがElon MuskからのEVに関する挑戦ツイートに回答

    ダイムラーがElon MuskからのEVに関する挑戦ツイートに回答

    Elon Muskは、Twitterを使って率直かつ直接的に自分の考えを表現する人物だ。今回彼が取り上げたのは、USA Todayによって報じられた、EVテクノロジーに対して競合自動車メーカーが行なう投資額についてだった。Muskが指摘したのは、Teslaに対抗するために投下されると報じられた10億ドルという金額は、ダイムラーのような大企業としては不十分だというものだ。そしてそれにダイムラーは同意した。 ダイムラーは、USA TodayのTwitterで引用された10億ドルという数字は低すぎる、というMuskのツイートにこう応じたのだ。Tes… 続きを読む

  • Teslaのセミトラックのお披露目の(仮)予定が10月26日に設定された

    Teslaのセミトラックのお披露目の(仮)予定が10月26日に設定された

    テスラはこれまで同社の製造するセミトラック(荷台であるトレイラーを牽引する、頭部だけのトラクター)の大々的なお披露目を9月としていた。しかしこの大型トラックの最初のお披露目は、10月26日にカリフォルニア州ホーソーン(SpaceX本社の所在地)で行われることになった。 Elon Muskは水曜日にこの再スケジュールされた日付をツイートし、しかもそれが「試乗付き」であると述べた。すなわち公共に最初にお披露目される段階で運行可能になっているということである。 続きを読む

  • 中国が化石燃料車の完全販売禁止を計画中

    中国が化石燃料車の完全販売禁止を計画中

    中国の電気自動車推しが更に広がろうとしている。ブルームバーグによれば、中国は化石燃料車の販売を全面的に終了する予定であり、規制当局は現在、規制導入に向けてのタイムテーブルの作製に余念がないということだ。 中国は世界最大の自動車市場であり、昨年販売された自動車は2803万台で、2015年の販売台数に対して13.7%需要が増加した。同国は既に、メーカーに対して電気自動車の製造と販売を奨励する、多大な施策を行ってきた。この施策の中には、外国の自動車メーカーが電気自動車だけを製造する場合に限り、中国国内の自動車メーカーとジョイントベンチャーを作… 続きを読む