飛行機

  • ロールスロイスがエンジン整備の未来像として虫型ロボットを披露

    ロールスロイスがエンジン整備の未来像として虫型ロボットを披露

    ロールスロイスが今週開催されたFarnborough Airshowで、エンジン保守の新しい未来像を発表した。ひょっとすると皮膚がムズムズする感覚に襲われるかもしれない。 同社が、IntelligentEngine構想(今年の初めにSingapore Airshowで発表済)の一部として、ロボットスネークとゴキブリのようなミニチュアロボット群の計画を披露したのだ。理屈の上では、それらは協調して働き、エンジン全体を取り外すことなく、飛行機のエンジン内部を検査する。 続きを読む