食べチョク

  • 「食べチョク」運営のビビッドガーデンが6億円を調達、ヤマト運輸との連携などサービス強化

    「食べチョク」運営のビビッドガーデンが6億円を調達、ヤマト運輸との連携などサービス強化

    こだわり生産者が集うオンライン直売所「食べチョク」運営のビビッドガーデンは8月5日、第三者割当増資として総額6億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、リード投資家のジャフコ、既存株主のマネックスベンチャーズ、VOYAGE VENTURES、デライト・ベンチャーズ、NOW。 続きを読む

  • 生産者と消費者を直接つなぐオンラインマルシェ「食べチョク」が2億円調達

    生産者と消費者を直接つなぐオンラインマルシェ「食べチョク」が2億円調達

    生産者が作ったこだわりの食材を直接購入できるオンラインマルシェ「食べチョク」を展開するビビッドガーデンは10月2日、複数の投資家を引受先とした第三者割当増資により総額2億円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • 飲食店と厳選農家をつなぐ食材コンシェルジュ「食べチョクPro」がローンチ

    飲食店と厳選農家をつなぐ食材コンシェルジュ「食べチョクPro」がローンチ

    オーガニック農家と消費者をつなぐC2Cマーケットプレイス「食べチョク」を運営するビビットガーデン。同社はこれまで培ったネットワークや基盤を活用して、11月13日より飲食店向けの新サービス「食べチョクPro」を始める。 続きを読む

  • オーガニック農家と消費者をつなぐ「食べチョク」が4000万円を調達、好みの野菜が届く新サービスも

    オーガニック農家と消費者をつなぐ「食べチョク」が4000万円を調達、好みの野菜が届く新サービスも

    オーガニック農作物のC2Cマーケットプレイス「食べチョク」を提供するビビッドガーデン。同社は2月8日、エウレカ創業者の赤坂優氏、CAMPFIRE代表取締役の家入一真氏、アドイノベーション代表取締役の石森博光氏、アカツキ代表取締役の塩田元規ほか1名の個人投資家を引受先とした第三者割当増資により、総額4000万円を調達したことを明らかにした。 ビビッドガーデンは2016年11月の設立で、外部からの資金調達は今回が初めて。調達した資金を基に人材採用やサービスの改善、拡張を進めていく方針。その一環として、本日よりユーザーの好みに合ったオーガニッ… 続きを読む

  • オーガニック農作物を農家から直接買えるマーケットプレイス「食べチョク」、正式サービス開始

    オーガニック農作物を農家から直接買えるマーケットプレイス「食べチョク」、正式サービス開始

    東京・根津に店舗を持ち、都内に宮崎県産の野菜をデリバリーするベジオベジコ、農家・生産者とレストランの直接取引を実現するプラネットテーブルなど、テクノロジーで農作物のあり方を変えるスタートアップが続々生まれているが、今回紹介するのは、個人の消費者と農家をマッチングするサービスだ。ビビッドガーデンは8月17日、オーガニック農作物の生産者と消費者をマッチングするマーケットプレイス「食べチョク」を正式リリースした。 続きを読む