1-800-Free-411

  • 新春恒例―2009年版「これなしでは生きていけない」ウェブ・サービス

    新春恒例―2009年版「これなしでは生きていけない」ウェブ・サービス

    私は毎年、年始めにひいきのスタートアップとそのサービスのリストを公表している。今年で4年目だ―以前のリストは、こちらに。2006、2007、2008。読者の皆さんにおかれては、Crunchiesにお気に入りを投票していただきたい。このリストは純粋に私の個人的な好みだ。 私はこのリストに載っているサービスをだいたいにおいて毎日利用している。仕事で使っている(Wordpress、Delicious、Zohoその他)ものもあれば、楽しみのために使っている(MySpace Music、Hulu)ものもある。両方に役立つサービス(Digg、Skyp… 続きを読む

  • Jingle、広告つき411コールで特許取得

    Jingle、広告つき411コールで特許取得

    AT&T、Googleなどが模倣して追随した無料電話番号案内サービス事業者Jingle Networksが米特許庁の特許を取得した。特許の中身は「利用者がシステムに電話をかけ、システム側でリクエストされた電話番号かサービス形態に応じ録音した広告が聞ける電話番号案内サービスの提供」というもの。特許は5月に発行されている。Jingle Networksが今日(米国時間6/15)公表した。 もし特許が法的に有効でJingleに他社を訴える肝力があるなら、これはライバル各社にとってかなり厄介な障壁になりそうだ。Jingle Networks… 続きを読む

  • Google、無料番号案内の411サービス開始

    Google、無料番号案内の411サービス開始

    Google Labに新サービス「Goog-411」が今日(米国時間4/6)加わった。無料電話ベースの情報サービスで、米国内の411電話番号案内サービスに代わるものだ。ダイヤル411利用数は米国で年間26億件。電話番号案内は70億ドル市場と言われている。 Goog-411の番号案内は「1-800-GOOG-411」。この番号で米国内どこからでもアクセスできる。サービスは全自動だから、なんか分からないことがあっても人力で問い合わせには答えない。ただ電話をかけて州と市の名前、社名か業種を告げるだけだ。早速試してみたが、サービスは最高だ。音声認… 続きを読む

  • 「1-800-Free-411」番号案内サービス、U.S.市場シェアの6%を獲得

    「1-800-Free-411」番号案内サービス、U.S.市場シェアの6%を獲得

    電話番号案内サービス「1-800-Free-411」のオペレーターJingle Networksは、「アメリカ国内の411コール(番号案内サービス)市場の6%を占めるようになった」と今しがた発表した。昨年比1.5%のアップにあたる。 毎年、アメリカ国内での番号案内利用コール数は約26億件、年間あたりの市場規模は$7 B(70億ドル)。Jingle は2月に1700万件のコールを受け付け、トータルコール数は1.7億コール(昨年11月にコール数1億件を発表したばかり)。 同社は、今日に至るまでに$60 M(6000万ドル)という大金を調達。そしてAT… 続きを読む

  • 2007年版: これなくしては生きていけないWeb 2.0企業15社

    2007年版: これなくしては生きていけないWeb 2.0企業15社

    1年前「これなくしては生きていけないWeb 2.0企業」という記事で、私の生活に真のインパクトを与えたサービスを作ったスタートアップ13社を選んだ。大好きで、毎日使っていたサービスだ。何百ものスタートアップを記事にした中から、本当のインパクトを私の生活に与えた一握りを選ぶのは楽しいもの。本当に楽しかったので今年もこのリストを更新することにした。残ったのは7社。6社が外れて新しいサービスに席を譲り、別途2つを加えてリストをキリ良く15社にした。 これが私が毎日使う、なくてはならないサービスをアルファベット順に並べた最新リストだ。 続きを読む

  • AT&T、InFreeDAを買収、無料番号案内ビジネスに参入

    AT&T、InFreeDAを買収、無料番号案内ビジネスに参入

    携帯キャリアや電話会社が法外な料金(1回につき最高 $3.50)をとっている番号案内サービスを無料で提供してきたJingleの800-Free-411の大成功がついに大手の目にとまった。 AT&Tは、Jingleの競合「800-411-Metro」の運営会社InFreeDAを買収(金額は非公開)し、無料の番号案内サービスに乗り出すことを明らかにした。 Jingleの成功はすさまじいものだった。$60M(6000万ドル)を調達し、あっという間に米国の番号案内市場の3%を獲得、すでに1億回以上の番号案内の電話を受け付けている。Jing… 続きを読む

  • Jingleの無料411番号案内サービス1億コール達成

    Jingleの無料411番号案内サービス1億コール達成

    Jingleの無料411サービスは、ユーザーからの411番号案内の利用コール件数が1億を超えたと発表。 われわれが2005年10月に取り上げた同社は今日までに資本金$60M(6000万ドル)超を調達、US国内の411市場の3%以上を手にした事になる。 われわれはJingle Networks CEOのGeorge Garrickと、投資家Josh Kopelmanを10月にTalkCrunchでインタビューした。Jingleは新しい市場を創造しているわけではない。$6B(60億ドル)規模の固定化した市場を無料サービスで破壊しつつあるのだ。 [原文へ… 続きを読む

  • Jingle Networks、これで資金調達合計が$60M(6,000万ドル)を突破

    Jingle Networks、これで資金調達合計が$60M(6,000万ドル)を突破

    Jingle Networksの一番の魅力は、Skype同様、肥え太った今の市場を破壊することにある。 ネットの無料ルータを通すことで割高な通話料金をスルーするのがSkypeなら、Jingle Networksは1-800-Free-411の 無料ダイヤルを通すことで全米$8B(80億ドル)市場の411番号検索市場の切り崩しを図る。 アメリカでは各通話会社が411ダイヤル1回平均 $1.25で電話番号を検索してくれるが、Jingle Networksならすべて無料。電話番号を流してくれと頼むと15秒広告が流れて、それから番号を教えてくれる。消費者に… 続きを読む