23andme

  • 23andMeの消費者直送型がんリスク遺伝子検査キットをFDAが正式認可

    23andMeの消費者直送型がんリスク遺伝子検査キットをFDAが正式認可

    遺伝子検査の最強スタートアップ23andMeが今日、さまざまな形のがんに結びついている遺伝子を調べる、消費者直送型のテストキットにFDAの公式の認可が下りたことを発表した。近く発売されるそのキットは処方箋不要で使用でき、卵巣、乳房、および前立腺のがんの高いリスクに結びついているとされるBRCA1とBRCA2遺伝子をテストする。 続きを読む

  • 遺伝子検査種目の増えた23andMeが研究開発拡大のため$200Mを調達

    遺伝子検査種目の増えた23andMeが研究開発拡大のため$200Mを調達

    複数の情報筋によると、一般消費者向け遺伝子分析サービスの23andMeが、Sequoiaがリードするラウンドにより、2億ドル近い資金を調達している。このラウンドには、Fidelityも参加しているようだ。 ここしばらく、このパーソナル・ジェネティクス企業が研究部門の拡大と新製品開発のために資金を求めている、という噂が漂っていた。 続きを読む

  • 23andMeにパーキンソン病など10種類の遺伝子リスク情報の提供がやっと許可された

    23andMeにパーキンソン病など10種類の遺伝子リスク情報の提供がやっと許可された

    米食品医薬品局(Food and Drug Administration, FDA)が今日(米国時間4/6)23andMeに、一般消費者に対して有料で行った遺伝子テストの結果として、10種類の疾病(下表)のリスクは報告してもよい、と決定した。その中には、後発性アルツハイマー病とパーキンソン病も含まれる。 続きを読む

  • 23andMe、次世代シークエンシング路線からは撤退

    23andMe、次世代シークエンシング路線からは撤退

    23andMeは次世代シークエンンシングのサービスを継続せず、報道によればそのプロジェクト担当の人員を解雇したということだ。約6人の社員が同社のユタ州ソルトレークに拠点を置く研究所から解雇されたとBuzzFeedが最初に報じている。LinkedInで我々独自に数えたところによると研究所の少なくとも5人のメンバーが解雇され、その中には2014年にプロジェクト・リーダーとして雇用され、同社の医務部長を務めていたJill Hagenkord博士が含まれる。 続きを読む

  • 遺伝子検査の23andMe、人種の多様性を反映させた遺伝情報の収集を計画

    遺伝子検査の23andMe、人種の多様性を反映させた遺伝情報の収集を計画

    消費者向け遺伝子検査の先駆けである23andMeは、世界中の多様な遺伝データを積極的に収集し、その領域でトップを目指すと発表した。同社は本日、系統解析サービスを単独のサービスとして99ドルでリリース、自分の遺伝的出自に興味を持つ人たちは、試験管に唾を吐くだけで自らの祖先や親戚をたどることが出来るようになる。 続きを読む

  • 女性医療スタートアップのCelmatixと23andMeが、不妊の原因遺伝子を共同研究

    女性医療スタートアップのCelmatixと23andMeが、不妊の原因遺伝子を共同研究

    何十万年も前から、人間は遺伝システムの中で人間を作ってきたを考えると、遺伝子の中に人間の赤ちゃんを作る能力を阻止するものがあるというのは、反進化論的に思える。しかし、ある種の遺伝子がやっていることは、まさにそれであり、女性医療のスタートアップ、 Celmatixと、現在彼らと共同研究している23andMeは、その理由を見極めたいと思っている。 続きを読む

  • 会員制サプリサービスのWellPathが23andMe(遺伝子情報)とFitbit(フィットネス情報)を統合してカスタマイズの精度をアップ

    会員制サプリサービスのWellPathが23andMe(遺伝子情報)とFitbit(フィットネス情報)を統合してカスタマイズの精度をアップ

    今や、月額会員制で箱に入れた何かを送ってくるサービスがとても多い。今日話題にするのは、ビタミンなどの栄養剤サプリメントだ。 顧客の体調に合わせてカスタマイズされた栄養剤サプリを毎月送ってくるWellPathが今日(米国時間8/18)、遺伝子検査の23andMeとフィットネスのFitbitを統合して、そのカスタマイズの内容をさらに細かくしようとしている。 これまでは、WellPathに会員登録するときに30の質問に答えると、そこからその人の一ヶ月分の錠剤や粉剤の組み合わせが決まる。一回かぎりの特注セットは、20ドルの別料金だ。 続きを読む

  • IndieBio Biotech Accelerator

    シリコンバレーに初のバイオテク専門アクセラレータIndieBioが誕生

    シリコンバレーは、掌(てのひら)に収まるコンピュータや、一回の充電で何百マイルも走れる電気自動車や、地球の全周に配置して世界に誰もがインターネットにアクセスできる極小衛星を作る人たちを育ててきた。 これらのビッグアイデアの仲間に、今、バイオテクノロジが加わりつつある。それは安価なロボット技術と、機械学習と、シリコンバレーのイノベーターたちのおかげだ。2014年の合衆国における生命科学への投資額は40億ドル近くに達し、スタートアップの数も急増している。 続きを読む

  • 民間遺伝子検査スタートアップ23andMeをFDAがやっと認可…今回はブルーム症候群のみ

    民間遺伝子検査スタートアップ23andMeをFDAがやっと認可…今回はブルーム症候群のみ

    合衆国食品薬品管理局(U.S. Food and Drug Administration, FDA)は23andMeに、ブルーム症候群(Bloom Syndrome)の遺伝子検査キットの販売を認めた。 ブルーム症候群は希少な劣性の遺伝子疾患で、背が低いことと、がんになりやすい性向がその特徴だ。この疾患を持つ子の親には、その症状がまったくない。 続きを読む

  • 不正確な製品が違法なら, 国は健康測定器具のほとんどを取り締まるべきだ

    不正確な製品が違法なら, 国は健康測定器具のほとんどを取り締まるべきだ

    ぼくがかつて腕につけていたBodyMediaのカロリー計は、ぼくの一日のカロリー燃焼量が3000カロリーだ、と言った。もしもそれがほんとなら、ぼくはLord Of The Ringsの次回作でGollumの役をもらえただろう。消費者向けの健康ガジェット(gadget, 小道具)の精度には幅がありすぎるし、FDAは先日、23andMeの家庭用DNA検査キットの販売を禁じたばかりだ。23andMeを規制するのなら、ヘルステック(health tech)産業に属する企業の大半も、規制すべきではないか。 続きを読む

  • DNAテストの23andMe、自宅用テストキットの販売に米食品医薬品局から中止命令

    DNAテストの23andMe、自宅用テストキットの販売に米食品医薬品局から中止命令

    米国食品医薬品局(FDA)は、遺伝子テストのスタートアップで、Anne Wojcicki、Linda Avey、およびPaul Cusenzaが2006年に共同設立した23andMeに対し、同社の家庭用DNAテストキットの販売を11月22日付で中止するよう命じた。Bloombergの記事によると、FDAが同社に送ったレターには、同キットが医療用品に分類され、販売には規制認可が必要であると説明されている。 続きを読む

  • 23AndMeがAPIを公開, 人間の遺伝子情報を利用するアプリの可能性生まれる

    23AndMeがAPIを公開, 人間の遺伝子情報を利用するアプリの可能性生まれる

    インターネットや、一般的にソフトウェアのすごいところは、大量のデータを集めた巨大なプラットホームの上では、それらのデータの一部を公開するだけでもクールなことができることだ。個人の遺伝子情報を調べてくれる23andMeはこのたび、APIを公開することにより、デベロッパが遺伝子情報を利用したクールなアプリを作れるようにした。 とは言っても、公開されるデータはすべて匿名だから、気持ち悪がる必要はない*。むしろ、デベロッパが斬新なアプリを構築することによって、遺伝子情報からより多くのことを学べるようになるだろう。 23andMeの協同ファウンダA… 続きを読む

  • 違う人のDNA検査結果データを96人に送ってしまった23andMe

    違う人のDNA検査結果データを96人に送ってしまった23andMe

    自分の唾液をスタートアップに送るなんて、気持ち悪いと思うかもしれないが、23andMeでは、比較的安い料金で誰でも自分の遺伝子を検査してもらえる。ここが今日(米国時間6/1)、”一部の顧客の試料が弊社と弊社の提携研究機関によって検査時に不正に処理された”と発表した。そしてそれによって”最大で96名の顧客”が、自分のものではないDNAデータを受け取った。…顧客を困惑させる大きなミスだし、このような、消費者と直接接する遺伝子検査企業に対する規制が強化されるかもしれない。23andMeは該当す… 続きを読む

  • 個人向け遺伝子調査の23AndMeがシリーズBで$27.8Mを調達, 苦境からの巻き返しを図る

    個人向け遺伝子調査の23AndMeがシリーズBで$27.8Mを調達, 苦境からの巻き返しを図る

    個人対象のゲノミクス(ゲノム調査、遺伝物質調査)を提供している23andMeが、最近さらに$14.2M(1420万ドル)を調達して、総額$27.8M(2780万ドル)のシリーズBラウンドを完了した。詳細はSECの公式文書に載っている。この文書によると、今回の資金調達は同社の今年5月に報じられた$11M(1100万ドル)の調達と、その後6月の追加調達$2.6M(260万ドル)に対する修正である。同社は今回の資金調達を認めたが、金額や新規投資家の有無については語らなかった。 ここ数か月、同社は困難を抱えていた。9月には協同ファウンダのLin… 続きを読む

  • すべては愛する家族のため: GoogleのファウンダSergey Brinが23andmeに$10Mを貸し付けてGoogleが$2.6Mを支払う

    すべては愛する家族のため: GoogleのファウンダSergey Brinが23andmeに$10Mを貸し付けてGoogleが$2.6Mを支払う

    Googleと23andmeの関係はいまだに深い。23andmeは、科学者ではないふつうの人に自分のゲノムを理解し解読させてくれるサイトだが、最近またGoogleから$2.6M(260万ドル)を調達し、シリーズBとして目指している$24.26M(2426万ドル)の獲得に一歩近づいた(SECへの提出データによる)。これで、5月に調達した$11M(1100万ドル)と合わせて獲得総額は$13.6M(1360万ドル)になる。そのときは、Mohr Davidow Venturesが直接の競合他社であるNavigenicsへの投資を行い、23andm… 続きを読む

  • サーゲイ・ブリンが個人ブログ開設。自身のパーキンソン病リスクを語る

    サーゲイ・ブリンが個人ブログ開設。自身のパーキンソン病リスクを語る

    Googleの共同ファウンダー、Sergey Brinが今日(米国時間9/18)too.blogspot.comで個人ブログを開始した。 最初の記事で 、Brinはブログ名の説明をしている。「私のパーソナルブログへようこそ。Googleがgoogolをもじったのに対して、tooはずっと小さな数 two をもじったものだ。「加えて」という意味もあり、このブログが私の仕事以外の一面を反映していることを表している。 2番目の記事は少々深刻だ。BrinはDNAのスタートアップ、23andMe(妻のAnne Wojcickiが設立した)によって、自身にパーキ… 続きを読む

  • DNA遺伝子相性診断のデートサービス、ついに登場

    DNA遺伝子相性診断のデートサービス、ついに登場

    DNAを解析して遺伝子の相性をベースにしたデートサービスが出現するのは時間の問題だった。で、その日は今日だと判明。GenePartnerというサイトがローンチした。( 本当を言うとこのサイトが最初ではないのだが、一番安いのは事実)。 スイスに本拠を置くGenePartnerは$199でDNAテスト(23andMeは$1,000)を行って、似合いの相手を探してくれる。といっても統計的レベルの話だと思うが。何百ものカップルのDNA分析を行った結果、相性の良い遺伝子パターンの組み合わせを発見したのだそうだ。GenePartnerはこの独自のアル… 続きを読む

  • カリフォルニア州、23andMeなどのDNA解析サービスに営業差し止めを要求

    カリフォルニア州、23andMeなどのDNA解析サービスに営業差し止めを要求

    カリフォルニア州の公衆衛生局は13社のDNA解析サービス業者に対して営業の差し止めを要求する書面を送付した。これらのサービスで一番有名なのは、今年、Michaelも試してみたGoogleが出資する23andMeだ。差し止め要求文書は、これらのサービスには州および連邦の認可が必要だと指摘したうえで、これがもっとも重要な点だが、すべての遺伝子解析は州法によって医師の指示がなければ実施できない〔ことを差し止めの根拠〕としている。23andMeはサービスの受付に医師の処方を条件としていないので、この点でトラブルを抱え込むことになった。もちろん… 続きを読む

  • 私の23andMe DNA検査結果

    私の23andMe DNA検査結果

    昨年12月、私は$1000で23andMeのDNAテストを購入した。キットが届くと、試験管につばを吐き入れ、ほんの数週間後には結果が送られてきた。あと1か月待って無料でやってもらえなかったのは残念だったが、運のいい読者がかわりにもらってくれただろう。 23andMeが何をしてくれるかをみんなが(金を払わずに)見られるように、結果を公開すると約束したので、ここに掲載する。また、23andMeでは先週から、ユーザーが無料のデモアカウントを作れるようになったので、アカウントを作ったら私のユーザー名「TechCrunch」を友人に追加すれば、直… 続きを読む

  • 23andMe、ダボスの世界経済フォーラム参加メンバー1千人にDNA解析を無料で提供(TechCrunch読者1名にも無料プレゼント)

    23andMe、ダボスの世界経済フォーラム参加メンバー1千人にDNA解析を無料で提供(TechCrunch読者1名にも無料プレゼント)

    昨夜(米国時間1/22)のダボスの世界経済フォーラム(World Economic Forum)のディナーで23andMeのファウンダー、Linda AveyとAnne Wojcickiは23andMeの個人DNA解析キットをフォーラム参加者1千人に無料提供すると発表した。くそ、と私は思った。私はすでにこのキットに$1,000払ってしまった (フォロー記事)。 (アーリー・アダプターなんてものはたいていこういう目に遭う)。噂では、23andMeはTEDカンファンレンスの参加者100人にも無料キットを配る予定という。 なんにしても、ダボス会議の参加者… 続きを読む