3Dプリント

  • 3Dプリントされた顔でスマートフォンをアンロックできる——警察も

    3Dプリントされた顔でスマートフォンをアンロックできる——警察も

    3Dプリンターは実にさまざまなものを作れる。義肢や角膜から拳銃——さらにはオリンピック規格のリュージュまで。 続きを読む

  • 亀山会長の3Dフィギュアも、DMM.makeが3Dプリント工場を新設

    亀山会長の3Dフィギュアも、DMM.makeが3Dプリント工場を新設

    3Dプリント技術は飛躍的に向上しているようだ。DMM.makeは最新機器がそろえた3Dプリント工場を開設することで、3Dプリントによるモノづくりを加速させたい考えだ。 2017年1月、DMMは3Dプリント事業を展開するアイジェットの全株式を取得し、子会社化することを発表した。それに伴い、アイジェットのオフィスを「DMM.make 3D PRINT TOKYO Factory」としてリニューアルオープンする。場所は東京都港区海岸で、最寄り駅は日の出駅だ。2月7日、DMMは新設した工場を記者向けに披露したので、TechCrunch Japanも見学に… 続きを読む

  • パラグアイのPoは3Dプリントされたカスタマイズ義肢を南米の貧しい人びと向けに開発

    パラグアイのPoは3Dプリントされたカスタマイズ義肢を南米の貧しい人びと向けに開発

    人工装具(義肢など)の世界は2つの方向に進んでいる:1つの方向では、もし望むなら、最新のロボットソフトウェアと小さくなったセンサーが、たゆまず改善され続けている感覚とリアリズムを備えた、手足と指を可能にしてくれる。もう1つは、高速製造技術が、貧しく地理的に孤立した地域に洗練されたデザインをもたらすことを可能にする方向である。パラグアイの会社であるPoは、後者のゴールを目指している。もし彼らのものがなければ何も手に入れることができないような人たちのために、カスタマイズされた義肢を製作するのだ。 続きを読む