3d prining

  • フォード、自動車大型パーツの3Dプリント化を実証実験

    フォード、自動車大型パーツの3Dプリント化を実証実験

    将来のフォード車は、3Dプリント製ということになるのかもしれない。月曜日に行われたフォード・モーターの発表によると、フォードは大きな車体パーツを3Dプリントによるものにするテストを始めたのだそうだ。パーツ製造に関する技術は、3Dプリント業界大手のStratasysが提供する。 続きを読む

  • ボーイング、3Dプリントで衛星の小型化、製造の効率化へ

    ボーイング、3Dプリントで衛星の小型化、製造の効率化へ

    宇宙航空産業のボーイングは衛星の小型化、組立工程の省力化を進めようとしている。Wall Street Journalの記事によれば、ボーイングは衛星を運用可能にするまでの複雑な手順の多くをオートメーション化して製造を効率化するという。 続きを読む

  • 新しいモノ作りテクノロジーへの投資は、アメリカの産業界を作り変える

    新しいモノ作りテクノロジーへの投資は、アメリカの産業界を作り変える

    モノ作りスタートアップへのベンチャーキャピタルによる投資の流れは、アメリカの製造業を作り変え始めているようだ。 彼らへの資金源こそ、ボストン、ニューヨーク、サンフランシスコなどの都市に拠点を構えてはいる。だがその一方で、次なる業界の革命児となるスタートアップたちは、アメリカ南部のSun Beltや、アメリカ南西部にある郊外の、一見テクノロジー・イノベーションとは離れたように見える場所から生まれた企業達だ。 ケンタッキー州の都市、レキシントンもその一つだ。それらの都市は、2008年の金融危機により経済が破壊され、そして、スタートアップの起業家… 続きを読む

  • MIT Prints A Walking Robot With No Assembly Needed

    MITが歩くロボットを3Dプリンターでまるごと出力

    MITの研究チームは圧力供給で作動する歩くロボットのプロトタイプを1台の3Dプリンターでそのまま出力することに成功した。つまりこのロボットはプリンターから出てきた状態ですぐに歩き出すことができる。組立は必要なし。 続きを読む

  • 日本で3Dプリンターを使って銃を作った男、地裁判断は2年間の実刑判決

    日本で3Dプリンターを使って銃を作った男、地裁判断は2年間の実刑判決

    湘南工科大学の元職員である居村佳知は、3DプリンターでZigZagと呼ばれる拳銃を製造・使用し、日本の厳格な銃規制法に違反したとして逮捕されていた。 検察側は、居村被告の行為は銃規制に反対する立場から、殺傷能力を有する銃を簡単に製造可能であることを広めようとした行為であると断じていた。伊名波裁判長曰く「誰でも拳銃を製造して所持できることを示し、銃規制を形骸化しようと考えた」とのこと。 続きを読む