500 startups(企業)

米国のベンチャーキャピタル。

  • 500 Startupsの21期チーム、31社を紹介

    500 Startupsの21期チーム、31社を紹介

    500 Startupsの20期でプロダクトをブラッシュアップした各チームはデモデーでプレゼンを行った後、現実のビジネスをスタートさせているところだ。今回のチームは全体として以前よりバラエティーが豊富だと感じられた。 20期のバッチのテーマはVR、ヘルスケア、フィンテックからドローンまで多彩だった。 ファウンダーの43%はアメリカ以外の外国から来た。これは500 Startupsがプログラムに参加するスタートアップを選ぶ際の一つのトレンドを現しているようだ。 続きを読む

  • 500 Startupsは1000万ドルのファンドでラテンアメリカへの投資を継続

    500 Startupsは1000万ドルのファンドでラテンアメリカへの投資を継続

    500 Startups は、グローバル投資へのコミットメントを新たなラテンアメリカファンドによって積み増ししている。目標金額は1000万ドルでその名称はLuchadores IIというものだ。これはスペイン語でレスラーを意味する。このファンドは、500 Startupsによるこの地域を対象にした2番目のもので、欧州、アジア、アメリカの中で、不十分な対応しか行われていない市場を対象にして、その数を増やしつつあるシード投資の一環だ。 アクセラレーターは2010年以降、様々な形でラテンアメリカへの投資を継続してきた。新ファンドのマネージングパートナ… 続きを読む

  • 政情不安の中にもチャンス―、私がトルコに戻ってシード投資をする理由

    政情不安の中にもチャンス―、私がトルコに戻ってシード投資をする理由

    500 Istanbulの資金やサービスは今までにないくらい必要とされているが、それと同時に競合する投資家があまり見当たらないことから、チャンスもこれ以上ないくらいに広がっている。トルコで活動している数少ない既存の大手VCが、レーターステージの企業にばかり投資していることから、アーリーステージの企業は未だ手付かずの状態なのだ。 この背景には、オペレーション上のリスクを抑えようとする、新興国で活動中のVCの戦略もあるだろう。この地域の不確実性から、既にかなりのリスクにさらされていると感じているかもしれない彼らが、実績のあるレーターステージへ… 続きを読む

  • GMは500 Startupsと手を組み、アーリステージの投資機会を模索する

    GMは500 Startupsと手を組み、アーリステージの投資機会を模索する

    過去数年間、GMは大規模な買収や出資を行ってきた。今年には自動運転車のCruiseを買収し、Uberの最大のライバルであるLyftには5億ドルを出資している。CTOのJon Lauckerner氏によれば、GMは新しい自動車体験を提供する分野にどのように入り込むべきか模索している最中だという。 続きを読む

  • 糖尿病患者の健康状態を常時チェックして警報をスマホに送るSiren Careの“スマートソックス”

    糖尿病患者の健康状態を常時チェックして警報をスマホに送るSiren Careの“スマートソックス”

    糖尿病の健康チェックサービスSiren Careが、糖尿病患者が温度センサーで炎症や傷害を、リアルタイムで検出する、スマートソックス(靴下)を作った。 協同ファウンダーのRan Maは、ノースウェスタン大学にいるときに傷めた背中の皮膚を回復するため、バイオマスを育てていたとき、糖尿病患者の足の処置について勉強を始め、怪我を調べたり防ぐためにウェアラブルを作ることを思いついた。 続きを読む

  • 500 Startups Japanが始動、元DeNAのVCと日本人パートナーが30億円規模運用へ

    500 Startups Japanが始動、元DeNAのVCと日本人パートナーが30億円規模運用へ

    シリコンバレーの著名アクセラレーター「500 Startups」が、ついに日本にやってくる。新たに発足した「500 Startups Japan」にアメリカ人と日本人と2人のパートナーが就任し、まもなく日本のスタートアップ企業への投資を開始する。パートナーの1人はディー・エヌ・エーの投資部門で1年半にわたってスタートアップ投資をしてきた元起業家でキャピタリストのジェームズ・リネイ(James Riney)氏。もう1人についてはまだ詳しくは書けないのだけど、日米スタートアップに詳しく、金融とテクノロジーのバックグラウンドを持つ日本人だ。ともに東… 続きを読む

  • 未来のヒット製品があるかも! 500 Startupsデモデーから本誌お気に入り4つを紹介

    未来のヒット製品があるかも! 500 Startupsデモデーから本誌お気に入り4つを紹介

    今年もこの時期がやってきた ― われわれは今マウンテンビュー市のスタートアップアクセラレーター500 Startupsのデモデー会場にいる。 今日(米国時間5/12)30の会社が、自分たちの製品とビジネスモデルを投資家と報道陣に売り込み、売上、対象市場、成長について魅力的なデータを見せた。中でも、いくつかの会社の口上がわれわれの琴線に触れた。 続きを読む

  • ビデオの複数のパートを埋め込めるVideogram技術のCinemacraftが$3.9Mを調達

    ビデオの複数のパートを埋め込めるVideogram技術のCinemacraftが$3.9Mを調達

    【抄訳】 ページへのビデオ埋め込みを従来とは違う方法で提供する東京のCinemacraftが、海外市場進出と製品開発により力を入れるために、シリーズAで390万ドルを調達した。前からの同社の投資家500 Startupsがこのラウンドを仕切り、これにやはりこれまでの投資家NTT DoCoMo VenturesとSamsung Ventures、およびTurner Broadcasting’s Media Campが参加した。セレブのモデルTyra Banksの投資企業Fierce Capitalが、新たな投資家として加わった。同社は2013年… 続きを読む

  • Androidアプリをデスクトップ(Windows, Mac)で動かすAndy OSに500 Mobile Collectivが初の投資

    Androidアプリをデスクトップ(Windows, Mac)で動かすAndy OSに500 Mobile Collectivが初の投資

    500 Startupsのモバイル専門の小型ファンド500 Mobile Collectiveが、その最初の投資先として、モバイルアプリをデスクトップに持ち込むAndy OSを選んだ。このAndroidベースのオペレーティングシステムにより、モバイルアプリをWindowsやMac、それにクラウドで動かすことができる。 続きを読む

  • ブロックチェーンを利用する多様なアプリケーションのためのインフラやAPIを提供するBlockCypherが多方面からシード資金を獲得

    ブロックチェーンを利用する多様なアプリケーションのためのインフラやAPIを提供するBlockCypherが多方面からシード資金を獲得

    Bitcoinの公開台帳、ブロックチェーンの利用を、どんなアプリケーションにも容易に導入できるためのサービスを提供するBlockCypherが、初めての資金調達として310万ドルを獲得した。 そのタイミングはたまたま、昨年来Bitcoinの価格が急落を続けてきた時期と一致する。そのため、市場の人気はいまいちだった。 続きを読む