5G(用語)

5Gに関連する記事一覧

  • Google Pixel 4a 5GとPixel 5はグーグル初の5G対応スマホとして今秋に、日本では6万500円から

    Google Pixel 4a 5GとPixel 5はグーグル初の5G対応スマホとして今秋に、日本では6万500円から

    驚きだ。Googleの廉価版Pixelデバイスの最新版は、次世代技術を採用する最初の2機種のうちの1機種にもなるという。 続きを読む

  • キャンピングカーと車中泊スペースシェアなど「バンライフ」のCarstayが約5000万円を調達

    キャンピングカーと車中泊スペースシェアなど「バンライフ」のCarstayが約5000万円を調達

    キャンピングカーと車中泊スペースのシェアサービスなど「VANLIFE」(バンライフ)プラットフォーム事業を展開するCarstay(カーステイ)は8月3日、初の第三者割当増資として約5000万円の資金調達を発表した。引受人はサイバーエージェント・キャピタル、ライフタイムベンチャーズ、平井誠人氏、田端信太郎氏を含む個人投資家。これにより、金融機関からの借入を含めCarstayの資金調達の総額は1.3億円となった。 続きを読む

  • 米国農村部の5G化を目指す研究プロジェクトでアイオワとネブラスカがテスト地域に決定

    米国農村部の5G化を目指す研究プロジェクトでアイオワとネブラスカがテスト地域に決定

    誰もが、なるべく広い帯域を求めている。しかし研究プロジェクトが、実際に社会のインフラになるまでには大量のテストを経なければならない。「5G」と呼ばれているものも、そうでないものも含めて、現在、数多くの新しい技術が、現実世界での実用化を目指して展開されている。 続きを読む

  • 英政府が2027年までファーウェイ5G製品の排除を決定

    英政府が2027年までファーウェイ5G製品の排除を決定

    英政府は予想されていた通り、中国政府とつながっている「ハイリスク」の5Gベンダーを排除することを決めた。この方針転換には、米国がこのほどHuaweiに対しより厳しい制裁を科したことが影響している。 続きを読む

  • 英通信大手トップが早急なファーウェイ排除が通信障害を招く可能性を警告

    英通信大手トップが早急なファーウェイ排除が通信障害を招く可能性を警告

    英国通信企業BTの最高責任者は、既存のモバイルインフラからのファーウェイ製品の急速な排除を求める政府の動きはモバイル通信障害を引き起こし、セキュリティリスクを生み出しかねないと警告した。 続きを読む

  • モトローラが約4.2万円の格安5Gスマホを欧州向けに発表、米国向けには約5.4万円以下の端末を今秋投入

    モトローラが約4.2万円の格安5Gスマホを欧州向けに発表、米国向けには約5.4万円以下の端末を今秋投入

    Qualcommは2019年に「Snapdragon 765」を発表し、低価格な5Gスマートフォン時代の到来を約束した。そしてMotorolaも、このチップを積極的に採用する。同社は高価な端末(結果はまちまちである)を売りにしているが、低価格のデバイスが当面の収入源になることはほぼ間違いない。 続きを読む

  • FCCがファーウェイとZTEを「安全保障上の脅威」に指定した背景

    FCCがファーウェイとZTEを「安全保障上の脅威」に指定した背景

    米国のFCC(連邦通信委員会)は中国のテレコム企業であるHuawei(ファーウェイ)を「国家安全保障上の脅威」に指定した。こ 続きを読む

  • ソフトウェアは今後10年間で私たちの世界の形を変える

    ソフトウェアは今後10年間で私たちの世界の形を変える

    私がビジネスパートナーとのZoomミーティングを締めくくろうとしていたとき、息子が彼のオンライン化学クラスでクラスメートと冗談を言っているのが聞こえてきた。 続きを読む

  • クアルコムの新しいロボット開発プラットフォームは5G対応

    クアルコムの新しいロボット開発プラットフォームは5G対応

    米国時間6月17日の午前に、Qualcomm(クアルコム)は、そのロボット開発プラットフォームの最新バージョンを発表した。 続きを読む

  • 米商務省がファーウェイ禁止ルールを一部変更、5Gの規格開発を優先

    米商務省がファーウェイ禁止ルールを一部変更、5Gの規格開発を優先

    米国商務省は米国時間6月15日、同省の徹底的なファーウェイ排除政策の変更を発表した。提案の支持者によると、この政策変更は四面楚歌状態にあるハードウェアメーカーに対する政府の姿勢を緩めるものではなく、5Gの標準化を主要な開発元であるファーウェイとともに推進するためだという。 続きを読む