Abound Solar

  • オバマ大統領が太陽光発電に$2B(20億ドル)の投資を決定

    オバマ大統領が太陽光発電に$2B(20億ドル)の投資を決定

    土曜日(米国時間7/3)に行われた「今週の大統領演説」でオバマ大統領は、エネルギー省が2つのソーラーエネルギー企業、Abengoa SolarとAbound Solar Manufacturingに、約20億ドルを融資すると発表した。融資は太陽エネルギープラントの建設に使われる。 この資金でAbengoaがアリゾナに建設するソーラープラントは、7万世帯に電力を供給できる。完成予定は2013年で、世界最大級の太陽光発電所の一つとなるだろう。発電量の一部を蓄電するが、合衆国でこの種のプラントは初めてである。 4億ドルを受け取るAboundは、コロラ… 続きを読む