accessibility

  • 自動運転技術を車いす利用者向けにチューニングしたシャトルカー

    自動運転技術を車いす利用者向けにチューニングしたシャトルカー

    このような低速の電気自動車に関しては、アメリカなど多くの国でまだその設計や安全性機能に関して明確な指針や規制がない。そこで同社が考えたのが、障がい者向けの設計に関して最初からコミュニティと協働することだ。 続きを読む

  • 車いすのユーザーが近づくと自動的にドアが開くBluetooth Low Energyボタン

    車いすのユーザーが近づくと自動的にドアが開くBluetooth Low Energyボタン

    同社が作ったデバイスをボタンの上にかぶせると、車いすの人が近づけばドアが自動で開き、開いた状態を維持する。 続きを読む

  • 写真に写ってるものを音声で聞けるマイクロソフトのSeeing AIアプリ

    写真に写ってるものを音声で聞けるマイクロソフトのSeeing AIアプリ

    Seeing AIは、目の不自由な人が視覚データをオーディオに変換できるアプリだが、今回便利な機能がひとつ増えた。 続きを読む

  • Googleが音声でスマートフォンを操作できるAndroidアプリをローンチ、障害者でなくても便利

    Googleが音声でスマートフォンを操作できるAndroidアプリをローンチ、障害者でなくても便利

    Googleが今日(米国時間10/2)、体の不自由な人がスマートフォンを使えるためのAndroidアプリを発表した。Voice Accessという名前のそのアプリは、手を使わずにアプリを使ったり、テキストを書いたり編集したり、そしてもちろん、Google Assistantに話しかけたりできる。 続きを読む

  • VR技術が老眼を救う

    VR技術が老眼を救う

    目の前1インチのところに仮想現実世界を描いて見せるVR技術が、現実世界のスマート眼鏡を生み出すことになるかもしれない。開発中のデバイスは「Autofocals」という名前で、これを使えば視力の低下によりもたらされる問題を解決することができるよ。深度センサーおよび視線追跡機能を利用して、自力で焦点調節をできない人が、正しく物を見ることをサポートする。スタンフォードの研究者たちが手がけるもので、現在のところはプロトタイプ段階だ。 続きを読む

  • Echo Showの画面をタップ、Alexaがテキスト表示で応答するなど、アクセシビリティ機能が充実

    Echo Showの画面をタップ、Alexaがテキスト表示で応答するなど、アクセシビリティ機能が充実

    Amazonが今朝(米国時間7/23)、Echo系列のアクセシビリティを強化するための新しい機能をいくつか発表した。そのリストの最上位にあるTap to Alexa(Amazon Tapと混同しないように)は、音声を使わずにEcho Showと対話できる。 続きを読む

  • このスマート「足首」は悪路にも順応する

    このスマート「足首」は悪路にも順応する

    人工装具は日々改善され、パーソナル化されているが、便利であるとはいえ本物には遠く及ばない。しかしこの新しい人工足首は、他と比べて本物に近い。ユーザーの歩き方や地面の状態に合わせて自ら動く。 続きを読む

  • マイクロソフトのXbox Adaptive Controllerは「インクルーシブデザイン」の刺激的なお手本

    マイクロソフトのXbox Adaptive Controllerは「インクルーシブデザイン」の刺激的なお手本

    障害をもつゲーマーは、さまざまな理由で特有の課題に直面している。アクセシビリティー対応のゲーム機周辺装置の少なさもそのひとつだ。Microsoft は、Xbox Adaptive Controller(XAC)でこの問題の解決に向けて大きな一歩を踏み出した。このデバイスは通常のゲームパッドが選択肢にないゲーマーのニーズに答えるべく開発された。 続きを読む

  • Microsoft、Windows 10のアクセシビリティー機能を大幅に強化

    Microsoft、Windows 10のアクセシビリティー機能を大幅に強化

    Microsoftは、Windows 10に視覚障害者向けの新機能を数多く追加する計画を今日(米国時間3/19)のブログ記事で発表した。Windows 10の次期バージョンに追加される機能の中で特に目立つのが「簡単操作」設定パネルの変更だ。 続きを読む

  • Googleマップ、 乗り換え案内に車椅子対応オプションを追加

    Googleマップ、 乗り換え案内に車椅子対応オプションを追加

    Google マップは目的地までの道順のデータはかなり充実しているが、身体障害のある人たちにとっては事態は簡単ではない。駅によっては、車椅子にやさしくなかったり、エレベーターが壊れていたりする。最新のアップデートで追加されたオプションでは、車椅子の利用に配慮した経路を選ぶことだできる —— ただし、まだ始まったばかりの段階だ。 続きを読む

  • Airbnb、障害者の使いやすい施設を検索可能に

    Airbnb、障害者の使いやすい施設を検索可能に

    Airbnb は、障害のある人たちが利用しやすい宿泊施設を見つけるためのシステム変更を行った。Airbnbは21種類のアクセシビリティー・フィルターを追加して、段差のない部屋、車椅子が通れる廊下、エレベーター、車椅子で利用できるロールインシャワーなどのある施設を検索できるようにした。 続きを読む

  • 視覚障害者のテクノロジー利用を拡大する

    視覚障害者のテクノロジー利用を拡大する

    テクノロジーは、世界2億8500万人の視覚あるいは視力障害者にとって生活の中心をなす ―― ただし、使い方を知っていれば。視覚・視力障害者の支援団体、LightHouse for the Blind and Visually Impairedのアクセステクノロジー担当ディレクター、Erin Lauridseに話を聞いた。 続きを読む

  • Uber、今度は車いす対応車両の不足で訴えられる

    Uber、今度は車いす対応車両の不足で訴えられる

    The Brooklyn Center for Independence for the Disabledを始めとする障害者権利支援団体は、Uberの車いす対応車両が不十分でニューヨーク市人権法に違反しているとして訴訟を起こした。Reutersが報じた。 続きを読む

  • BlindPADのタブレットは突起の集合で情報を触覚的に表現し伝える、目の不自由な人だけでなく一般的な用途も

    BlindPADのタブレットは突起の集合で情報を触覚的に表現し伝える、目の不自由な人だけでなく一般的な用途も

    指先の操作だけで大量の情報にアクセスできるようになったことは、本当に素晴らしいけれども、でも文字通り自分の指先でしか情報にアクセスできない人たちはどう思っているだろう?。ここにご紹介する新しい画期的なタブレットは、磁力を利用して突起〔点字の‘点’に相当〕を並べ替え、地図などの画像情報も触覚に翻訳できる強力なツールになるかもしれない。 続きを読む

  • Mac用のデスクトップクライアントがOS Xのセキュリティを侵しているという批判にDropboxが答える

    Mac用のデスクトップクライアントがOS Xのセキュリティを侵しているという批判にDropboxが答える

    Dropboxが、同社のクラウドストレージサービスの、Apple MacOS用のデスクトップクライアントの実装をめぐる懸念に答え、またその統合化機能や、OSにリクエストしているパーミッションに関しては、もっとユーザーとコミュニケーションすべきだった、と反省を述べた。 Dropboxでデスクトップクライアントを担当するチームのBen Newhouseが、こう述べる: “DropboxのOSとの統合について、もっとよく伝えるべきだったことは明らかだ。パーミッションは一回求めているが、何をどうしているのかを説明しなかった。それは、直さな… 続きを読む

  • マラケシュ条約、著作権を制限して視覚障害者の書籍利用を容易に

    マラケシュ条約、著作権を制限して視覚障害者の書籍利用を容易に

    視覚障害者にとって、見えることを前提にした書籍や出版物を読むことはそもそも困難だが、コンテンツがアクセス可能な形式で提供されなければ完全に不可能だ。幸いなことに、問題を緩和するための国際的な合意が、今日大きな節目を迎え、年内には発効される運びとなった。 続きを読む

  • Amazon、視覚障害者向けアクセシビリティー機能のVoiceViewを、Kindle Paperwhiteにも提供

    Amazon、視覚障害者向けアクセシビリティー機能のVoiceViewを、Kindle Paperwhiteにも提供

    Amazonは、VoiceView機能をFireタブレットに続き、専用Eリーダーにも提供する。このアクセシビリティー機能は、視覚障害者に向けられたもので、まずPaperwhiteに導入され、端末とセットで出荷される。 続きを読む

  • Facebook Alt Text

    Facebookの視覚障害者用画像説明ツールがまずiOSでローンチ、独自のオブジェクト認識技術を使用

    Facebookが、視覚障害者に同サイト上の画像が“わかる”ためのツールAutomatic Alternative Text(ALTテキスト自動生成)をローンチした。画面上に何が表示されているのか知りたい人のためにATTは、オブジェクト認識技術を使って、Facebook上の写真の説明文を生成する。このツールは、Facebookのアクセシビリティチームが数か月かけて作った。 Facebookの初めての視覚障害者の技術者であるMatt Kingが、昨年10月に次のように語った: 続きを読む

  • Appleの自閉症を扱った短編映画は、アクセシビリティー機能の重要性を証明する

    Appleの自閉症を扱った短編映画は、アクセシビリティー機能の重要性を証明する

    Appleは週末にかけて2本のビデオを公開した。主役はDillan Barmacheという自閉症で言葉を発しない16歳の少年だ。それは力強い映画であり、アクセシビリティー機能や、自閉症の人々のための専用アプリ等の特長に焦点を当てている。 続きを読む

  • Facebook、視覚障害者が画像を「見る」方法を開発中

    Facebook、視覚障害者が画像を「見る」方法を開発中

    Facebookは世界15億の人々をつないでいるが、視覚障害のある人たちにとって、つながるための巨大プラットフォームをアクセスすることは難しい。Jeff Wieland率いるFacebookのアクセシビリティーチームは、そのために立ち上がった。アクセシビリティーチームの目的はただ一つ、障害者がFacebookでシームレスな体験を得られるようにすることで、最終的には、世界をつなぐというミッションを達成する。 続きを読む