アクセシビリティ(用語)

アクセシビリティに関連する記事一覧

  • Googleアシスタントが視線操作のデバイスにも対応

    Googleアシスタントが視線操作のデバイスにも対応

    日常的にデバイスとのやりとりを視線追跡に頼っている人は強力なツールを手に入れることになった。Googleアシスタントだ。視線を音声ベースのインターフェイスに置き換えることで、アシスタントの複数の統合とコミュニケーションツールがTobii Dynavoxデバイスの機能を向上させる。 続きを読む

  • アクセシビリティにおける次世代のブレイクスルーは文字通り「あなたの頭の中」にある

    アクセシビリティにおける次世代のブレイクスルーは文字通り「あなたの頭の中」にある

    視覚障がい者にとってのテクノロジーの未来を予想することは、おそらくあなたが考えるよりも簡単だ。2003年に私はAmerican Foundation for the Blindが出している「Journal of Visual Impairment & Blindness」に「あなたの手の中で」というタイトルの記事を書いた。iPhoneが登場する4年前だが、支援技術の中心はデスクトップPCからスマートフォンへ移行すると私は自信をもって予想することができた。 続きを読む

  • 視覚障がい者が自動運転タクシーを呼ぶ際の困難をWaymoはどう解決か、12月のSight Tech Globalで探ろう

    視覚障がい者が自動運転タクシーを呼ぶ際の困難をWaymoはどう解決か、12月のSight Tech Globalで探ろう

    想像してほしい。視覚に障がいがあって車の運転ができないとしたら、あなたの生活はどう変わるだろうか。 続きを読む

  • 12月開催のSight Tech Globalでスクリーンリーダー「JAWS」アーキテクトが講演

    12月開催のSight Tech Globalでスクリーンリーダー「JAWS」アーキテクトが講演

    視覚障がい者にとって、驚くほど高度なコントロールと読み上げおよび点字の出力精度を備えたJAWSは、Windows PCを操作する自由の代名詞だ。 続きを読む

  • 12月開催のSight Tech Globalでメガネに取り付ける視覚障がい者支援デバイスのOrCam開発者が講演

    12月開催のSight Tech Globalでメガネに取り付ける視覚障がい者支援デバイスのOrCam開発者が講演

    バーチャルイベントのSight Tech Globalで、OrCamの共同創業者で共同CEOのアムノン・シャシュア教授が講演をする。2020年12月2~3日にバーチャルで開催されるこのイベントは、AI関連テクノロジーが障がい者支援技術やアクセシビリティに今後どのような影響を与えるかをテーマとする。 続きを読む

  • 12月開催のSight Tech Globalでマイクロソフトの研究者が視覚障がいに対する「パーソナル」なAIのあり方を語る

    12月開催のSight Tech Globalでマイクロソフトの研究者が視覚障がいに対する「パーソナル」なAIのあり方を語る

    Microsoftの主任研究員であるセシリー・モリソン博士が視覚障がい者にとってAIがどう役立つかを研究しているのは、強い個人的な思いによるものだ。 続きを読む

  • 視覚障がい者のためのAI視覚をテーマとするSight Tech Globalカンファレンス開催

    視覚障がい者のためのAI視覚をテーマとするSight Tech Globalカンファレンス開催

    2020年12月2日と3日に開催されるこのバーチャルイベントには世界中からこの分野の最新のテクノロジーが結集し、専門家がAI視覚的によるアクセシビリティーを助けるテクノロジーの驚くべき進展が今後世界をどのように支えていくか討論する。 続きを読む

  • 自身も視覚障がいを持つ開発者がMicrosoft Seeing AIによるアクセシビリティ改善について語る

    自身も視覚障がいを持つ開発者がMicrosoft Seeing AIによるアクセシビリティ改善について語る

    マイクロソフトのCEOを務めるサティア・ナデラ氏は2016年のBUILDカンファレンスでエンジニアのシャキブ・シェイク氏を紹介し、彼の情熱と思いやりが「世界を変えるだろう」と述べた。 続きを読む

  • 米国障害者法は施行30周年を迎えるが、テック業界のアクセシビリティ対応はまだ始まったばかり

    米国障害者法は施行30周年を迎えるが、テック業界のアクセシビリティ対応はまだ始まったばかり

    Americans with Disabilities Act of 1990(1990年障害のあるアメリカ人法)が制定されて以来、数十年にわたり、建物、企業、法律は、さまざまな障害を持つ人たちに合わせて、徐々に変化を遂げてきた。今週で施行30周年を迎える同法がテック業界に与えてきた影響は極めて大きいが、やるべきことはまだ山積みだ。 続きを読む

  • 障がい者が開発段階から参加して使いやすい製品デザインを目指すFableプラットフォームとは?

    障がい者が開発段階から参加して使いやすい製品デザインを目指すFableプラットフォームとは?

    アクセシビリティは、開発の最初の段階から考慮すべきものだと、テック企業も気づき始めている。しかし、それのために必要なリソースを持つ企業は極めて少ない。Fableは、障害者も使いやすいインクルーシブな製品のデザインが楽に行えるよう、個々の障害者の要求に応じた開発やテストの支援を目指している。 続きを読む