米国自由人権協会 / ACLU(組織)

American Civil Liberties Union。アメリカ自由人権協会 / ACLUに関する記事一覧

  • 【コラム】警察犬ロボのパトロールが嫌ならCCOPS法の検討を

    【コラム】警察犬ロボのパトロールが嫌ならCCOPS法の検討を

    Boston Dynamicsのロボット「犬」やその類似製品は、ハワイ、マサチューセッツ、ニューヨークの警察署ですでに採用されている。ベールに包まれた実験とあって、これらの強力な監視装置を使用する利点やコストについて警察からの回答はほとんどない。 続きを読む

  • 私は言論の自由の擁護者だがその意味がわからなくなった、技術と言論の自由に待ち構えているものとは?

    私は言論の自由の擁護者だがその意味がわからなくなった、技術と言論の自由に待ち構えているものとは?

    米国の大統領はおそらく世界最強だといわれている。その彼がTwitterに投稿できない。そしてFacebookにも。それだけでなく、先週私たちが目撃したように、その他の多くのソーシャルネットワークに対してもだ(まあ彼はまだ核ミサイルの発射コードを手にしているので、それはそれで熟考すべき興味深い力だが)。 続きを読む

  • スティングレイでの携帯通信傍受で人権団体ACLUが米当局を提訴

    スティングレイでの携帯通信傍受で人権団体ACLUが米当局を提訴

    米国における最大の人権団体の1つが、物議を醸している携帯電話監視テクノロジーについて、国土安全保障省下の2機関を提訴した。公文書請求の一環で請求した同テクノロジーについての書類を2機関が提出しなかったと主張している。 続きを読む

  • Amazonの顔認識ソフトウェアを人権団体がプライバシー侵害で懸念、AMZNは歯牙にもかけず

    Amazonの顔認識ソフトウェアを人権団体がプライバシー侵害で懸念、AMZNは歯牙にもかけず

    Amazonは、Rekognitionを隠していたわけではない。2016年の晩(おそ)くに、この巨大ソフトウェア企業は、その顔検出ソフトウェアをAWSの比較的穏やかな記事で紹介し、その技術をすでに、オレゴン州ワシントン郡の保安官事務所が被疑者同定のために採用している、と発表した。 続きを読む

  • ニューヨーク市が行政が利用する各種システムのアルゴリズムを監視する組織を作る

    ニューヨーク市が行政が利用する各種システムのアルゴリズムを監視する組織を作る

    New York市が近く、行政の各部局が使用しているアルゴリズムの公正さを監視するタスクフォースを設ける。自動化システムのエキスパートと、それらのシステムのユーザーや受益者(ときには受‘害’者)代表から成るそのチームは、市が使っているアルゴリズムを精査して、説明責任を強化し偏向を避けるための推奨を行う。 続きを読む

  • トランプ政権、国境での無令状捜査で訴えられる

    トランプ政権、国境での無令状捜査で訴えられる

    国境の壁を巡る戦いが議会で激化する中、もう一つ国境にまつわる戦いが熱を帯びている。水曜日(米国時間9/13)、電子フロンティア財団(EFF)とアメリカ自由人権協会(ACLU)は、国境での無令状捜索で国土安全保障省(DHS)を訴えた。この Alasaad 対 Duke裁判で、上記2団体は米国国境でパソコンやスマートフォンを令状なしで捜査された11名の代理を務める。国土安全保障省のElaine Duke長官代理は、首席補佐官としてホワイトハウスの中核に入ったジョン・ケリー国務長官の後を引き継いだ。 続きを読む

  • 政府のハッキングからスマホを守るには、このアプリを使え

    政府のハッキングからスマホを守るには、このアプリを使え

    ハッカーがスマートフォンから情報を盗むのがいかに簡単かを知らなかったあなたへ、今こそ知るべきだ。 The Interceptが先週報じた記事よると、米国安全保障局(NSA)および相当する英国諜報機関であるGCHQは、オランダ企業Gemaltoが製造したSIMカードをハックして大量のデータを盗んだ疑いがある。これによって両機関は世界中の携帯電話通信をアクセスできた可能性があり、これはわれわれが自らの手でスマートフォンを守る必要があるという警鐘を鳴らすものだ。 続きを読む