ad

  • Facebookはいかにしてフェイクニュースと戦うべきか:フェイクニュースの発信者から利益を得る方法

    Facebookはいかにしてフェイクニュースと戦うべきか:フェイクニュースの発信者から利益を得る方法

    Facebookを始めとするプラットフォームでは、今でもSNSに投稿される虚偽的な内容の怪しい「ニュース」の蔓延と戦っている。 続きを読む

  • Appleの新CMは、iPadがパソコンに取って代わるところを見せる

    Appleの新CMは、iPadがパソコンに取って代わるところを見せる

    AppleはiPad Proの新しいCMを公開した。少女とローズゴールドのiPad Proが登場しiOS 11が動いている。Appleの主張は実に明快だ —— iPadは未来のパソコンである。若者が「パソコン」の意味を知らない時代が来るとまでAppleは考えている。 続きを読む

  • 今度のAppleのiPhone 7 Plusポートレートモードのコマーシャルは大量の髪の毛をチャリティに寄付

    Appleの今日(米国時間5/15)からのコマーシャルは、最後に“practically magic”(まるでマジック)というキャッチフレーズがある。それはまたまたポートレートモードの宣伝で、ニューオリンズの床屋さんが舞台だ。 続きを読む

  • Supership、SSP事業「Ad Generation」でスマホネイティブ広告を強化

    Supership、SSP事業「Ad Generation」でスマホネイティブ広告を強化

    2014年10月にKDDIが中心となって立ち上げたモバイルインターネットの新ポータル構想「Syn.」。このSyn.のプロジェクトに参画するKDDI傘下のスケールアウト、nanapi、ビットセラーが合併して立ち上がったのがSupershipだ。 同社ではこれまで3社で展開してきた事業に加えて、新事業の立ち上げを進めている。Syn.のアライアンス拡大も着々と進めているが、サイト上にあるプレスリリースを見ると広告ビジネスの会社の印象が強い。中でも旧・スケールアウトが展開するSSP「Ad Generation」が好調なのだそう。月間広告リクエスト… 続きを読む

  • App Store「人気検索」のキーワードは金で買える——表示を操作する広告商品の存在

    App Store「人気検索」のキーワードは金で買える——表示を操作する広告商品の存在

    6月末、TechCrunchではスマートフォンのアプリストアのランキングを操作する、おこづかいアプリを使った「ブースト」という行為の実態について紹介した。前後して複数媒体でブーストについて報じたが、このタイミングで多くのおこづかいアプリはアプリストアから削除されたようだ。 だが今あらためてアプリストアを見てみれば——以前ほどの数はないものの——新しいおこづかいアプリが登場しているし、ブーストに利用されるリワード広告も健在だ。上場する広告代理店らを筆頭に、引き続き広告を販売している(もちろん… 続きを読む

  • 広告詐欺対策製品を開発するMomentum、SMBCやみずほなどから資金調達

    広告詐欺対策製品を開発するMomentum、SMBCやみずほなどから資金調達

    クラッキングなどサイバー犯罪が攻撃者と対策者のいたちごっこになっているなんて話はよく聞くが、アドテクノロジーの進化につれて、不正に広告を出稿させる「アドフラウド(広告詐欺)」という行為が増えていることはご存じだろうか? そんなアドフラウド対策で広告のパフォーマンスを向上させるサービスを展開するのがMomentumだ。同社は5月29日、SMBC ベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、VOYAGE VENTURES、GMOベンチャー通信スタートアップ支援を引受先とした第三者割当増資による資金調達を実施した。調達額は約7000万円。GMOベンチ… 続きを読む

  • Baiduが日本向けの検索をひっそりと終了、ただしSimejiや広告事業などは継続

    Baiduが日本向けの検索をひっそりと終了、ただしSimejiや広告事業などは継続

    すでに複数のメディアで報じられているとおり百度が日本での検索エンジンの提供を終了した。ネット上ではほとんど話題になっていなかったような気もするが、確認したところ3月の時点でサービスを終了しているとのこと。現在「www.baidu.jp」にアクセスすると、百度のコーポレートページが表示される。 ただし、百度自体が日本を撤退する訳ではない。昨年物議を醸した日本語IMEの「Simeji」は、3月にiOS向けの有料アプリ「Simeji Pro」を提供。4月にはAndroid向けに月額240円のプレミアム機能の提供を開始したばかり。 続きを読む

  • アイスタイルとエキサイト、インキュベイトの3社、女性特化のスマホ動画広告事業に向け新会社

    アイスタイルとエキサイト、インキュベイトの3社、女性特化のスマホ動画広告事業に向け新会社

    僕は今B Dash Venturesが主催する招待制イベント「B Dash Camp」に参加しているのだが、初日の4月9日に最も盛り上がったセッションは動画に関するモノだった。最近では動画コミュニティのMixChannelや動画広告のFIVEの話を聞いたばかりだ。「スマートデバイス向け動画が来る」なんてのは数年前から言われていたが、やっと本格化してきたと感じる。 そんな中、アイスタイル、エキサイト、インキュベイトファンドの3社が4月10日、スマートデバイス向け動画広告の新会社「OPEN8(オープンエイト)」を設立したと発表した。代表取締役には、… 続きを読む

  • 「女子中高生の2人に1人が使っている」動画共有サービスMixChannelがマネタイズ開始

    「女子中高生の2人に1人が使っている」動画共有サービスMixChannelがマネタイズ開始

    先日ご紹介したスマートフォンアプリ向けの動画広告プラットフォーム「FIVE」。ユーザーの操作で動画広告を表示・非表示できる作りはすごかったのだけれども、今回紹介するのはその記事で少しだけ触れたDonutsの10秒動画共有サービス「MixChannel」での動画広告の話だ。Dountsでは、「MixChannel プレミアム動画広告 powered by FIVE」の名称でMixChannel上で動画広告を展開。マネタイズを本格化させる。 続きを読む

  • 元グーグル社員が立ち上げたFIVE、グリーVとDonutsから資金調達——スマホ向け動画広告の“再発明”を目指す

    元グーグル社員が立ち上げたFIVE、グリーVとDonutsから資金調達——スマホ向け動画広告の“再発明”を目指す

    ニュース系アプリをはじめとして、スマートフォンでも見かけるようになってきた動画広告だが、FIVEは「短尺」「ユーザーネイティブ」「パフォーマンス」の3つのキーワードで新しいアプローチをするだという。同社は3月30日、グリーベンチャーズおよびDonutsを引受先とする第三者割当増資を実施したことを明らかにした。調達額や出資比率は非公開。 同社が手がけるのはスマートフォン向け動画広告 「FIVE VIDEO NETWORK 」。どんなモノか紹介するよりも、まず動画をご覧頂くほうが分かりやすいだろう。 続きを読む

  • アドテクのFringe81がアイスタイルやドコモから4.2億円調達—元楽天の尾原氏も参画

    アドテクのFringe81がアイスタイルやドコモから4.2億円調達—元楽天の尾原氏も参画

    Fringe81は2月20日、アイスタイルキャピタル、NTTドコモ・ベンチャーズ、グリー、電通デジタル・ホールディングス、TBSイノベーション・パートナーズ合同会社を割当先とした総額4億2千万円の第三者割当増資を実施すると明らかにした。 同社は今回の資金調達をもとに、人材の採用や育成、研究開発を進めるという。引き受け先にはコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)や事業会社も含まれるが、今後は事業・業務上の関係をより深化させるとしている。 続きを読む

  • Appleの‘The Song’コマーシャルのメイキングビデオは新旧技術の等置を謳う

    Appleの年の瀬コマーシャル“The Song”には、多くの人が感動したようだ。まあそういうCMを作るのが一年のこの時期の慣例だけど、でもあれが語っている製品に関するお話は、Appleの今の製品系列の多くに通ずるクリエイティブな労作だ。同社が今日発表したあのコマーシャルの‘メイキング’ビデオは、Appleの最先端技術と、非常に初期の、骨董品のような録音機を結びつけることによって、あの感動の作品が作られたことを物語っている。 続きを読む

  • Appleは「元型」を売る方法を見極めつつある

    Appleは「元型」を売る方法を見極めつつある

    iPhone 5が発売された頃から、私はAppleを「アーキタイプ」[元型]製造元だと考えるようになった。本質的でない装飾を取り去ることによって、彼らは自社製品を純粋なエッセンスにまで煮詰めた。 続きを読む

  • Apple Pay初のテレビCMは、ワールドシリーズでMasterCardから

    Apple Pay初のテレビCMは、ワールドシリーズでMasterCardから

    Appleの新支払いシステムが始まり、Apple Payはすでにこれまでのどのモバイル支払いサービスよりも、大きな注目を浴びている。そして昨日の2014年ワールドシリーズ開幕戦の中継では、支払いパートナーであるMasterCardによる新しいテレビCMが流れた。 続きを読む

  • 位置情報ベースのモバイル広告を展開するAdNearが1900万ドルを調達——国内からはグローバル・ブレインが出資

    位置情報ベースのモバイル広告を展開するAdNearが1900万ドルを調達——国内からはグローバル・ブレインが出資

    グローバル・ブレインは10月15日、同社が運営するグローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合を通じて、シンガポールおよびインド・バンガロールに拠点を置くAdNear Pte. Ltd.への出資を実施したと発表した。Adnearはスマートフォンの位置情報をベースとしたモバイル広告配信プラットフォームを提供している。 続きを読む

  • 時代は変わった―Microsoft、Nokiaの新CMビデオで「反逆者」イメージを打ち出す

    Microsoftが「反逆者」とは驚きだ。しかし最近のNokiaデバイスをプロモーション・ビデオを見ると、それがMicrosoftの打ち出したいイメージのようだ(MSは最近Nokiaの携帯電話事業の買収を完了したところだ)。 このCMビデオのモチーフは、疑いもなく、AppleのThink Differentというキャッチフレーズを思いおこさせる。時代は変わり、少なくともモバイル事業においてはMicrosoftとAppleの役割は逆転している。 続きを読む

  • 不満だらけの十代も、テックで優しくなれる。ホリデーシーズンにはそんな甘い夢をAppleと

    ティーンエイジャーの頃、年末年始のホリデーシーズンに、実家に帰省するのが大嫌いだったという記憶をもつ人は多いのではないだろうか。少なくともぼくはそうだった。不機嫌な顔をして友だちと田舎のつまらなさについてメッセージのやり取りをしたり、あるいはゲームに興じていたりしたものだ。最初はそういう不満だらけの十代少年の話なのかと思った。実はそうではなく、不満を感じてるように見える少年も、得意の「テック」を使って家族と愛で結ばれるという内容だ。 続きを読む

  • Facebook、初のグラフ検索広告をテスト中。ただしターゲティングに検索ワードは使用せず

    Facebook、初のグラフ検索広告をテスト中。ただしターゲティングに検索ワードは使用せず

    投資家たちは、いずれFacebookが利益性の高い要求充足型検索広告を販売することを期待しているが、出だしは慎重そのものだ。今日(米国時間4/16)Facebookは、初のグラフ検索広告の小規模なテストを始めたが、ターゲティングに使うのはユーザーの検索クエリではない。代わりにFacebookは、通常のターゲティングと再ターゲティングの方式を利用する。サイドバー広告と同じようにページの末尾に表示され、それも検索結果が1ページを超える場合のみだ。 続きを読む

  • リーマン予想「2012年オンライン広告費は今年より$20B多い。ネット動画広告が躍進」

    リーマン予想「2012年オンライン広告費は今年より$20B多い。ネット動画広告が躍進」

    リーマン・ブラザーズがまとめた8月のインターネット統計『Lehman Brothers Internet Data Book for August』を今朝なにげにパラパラ(デジタルで)めくってたら、米国内インターネットのオンライン広告費(オンライン動画広告含む)の合計が目に留まった。 動画広告は成長が最も目覚しい分野だ。アナリストDoug Anmuthは、オンライン動画広告費は今年は$1.1B(11億ドル)に達し(63%増)、続く2年間はその倍以上の$2.4B(24億ドル)になると見ている。 さらに米オンライン広告費全体では今年の年間売上高$26.1B… 続きを読む