adobe-air

  • Adobe、AIR for Androidを発表。真価は今後発表されるアプリケーション待ち

    Adobe、AIR for Androidを発表。真価は今後発表されるアプリケーション待ち

    Android MarketにAIR for Androidのランタイムが登録された。これにより開発者はAdobeの開発プラットフォームを使ってモバイル用AIRアプリケーションを制作することができるようになる。動作環境はAndroid 2.2(Froyo)を搭載した携帯端末だ。尚、言うまでもないことと思うが、デスクトップ版のAIRアプリケーションをそのまま動作するわけではない。 AdobeのエバンジェリストであるRyan Stewartが言うように、モバイルデバイス用にビルドする必要がある。 続きを読む

  • Adobe、Flash Player 10.1 とAIR 2.0 リリース―マルチタッチ、ローカル・マイクなどをサポート

    Adobe、Flash Player 10.1 とAIR 2.0 リリース―マルチタッチ、ローカル・マイクなどをサポート

    Adobe Systemsは1週間ほど前に700人のレイオフ(全世界の社員の9%にあたる)を発表したところだが、今回は長らく待望されていた新製品をリリースした。Flash Player 10.1とAIR 2.0だ。 いずれも当面はベータ版の扱いになるが、Adobe Labsからすべての主要プラットフォーム(Windows、 Mac、 Linux、x86ベースのネットブック)が同時に発表された。 アップデート: 失礼。記事をちょっと早まって発表してしまったようだ。現在こちらのリンクからダウンロードできる:Flash Player 、AIR。 残念だが、携帯プラッ… 続きを読む

  • Adobe AIR、順調に離陸―インストール1億回以上を記録

    Adobe AIR、順調に離陸―インストール1億回以上を記録

    Adobeは同社のクロスプラットフォームのRIA(リッチ・インターネット・アプリケーション)のランタイム、Adobe AIRのインストール成功回数が1億回を記録したと発表した。またAdobeはFlashプレイヤーの最新版(v10)が、リリース後、わずか2ヶ月で世界中のコンピュータの半数にインストールされたとしている。 発表の舞台となったのは、AIRの公式リリース後、1年を経ずに日本で開催されたイベント、Adobe MAX Japanだ。 Millward Brown社の調査によると、AdobeのFlashプレイヤー10は世界のコンピュータの55%… 続きを読む

  • Flashは今やプラットホームだ/AIRはアップグレード/CatalystがGumboに入る

    Flashは今やプラットホームだ/AIRはアップグレード/CatalystがGumboに入る

    プラットホームの名前としてはFlexよりもFlashがいいと悟ったAdobeは、Flash関連のあらゆるもの(Flash Player, Adobe AIR, Flex開発ツール, Flashメディアサーバなど)をFlash Platformと呼んでいる。ぼくは前からそう呼んでいるので、連中は今ごろやっと、ぼくのレベルに達したわけだ。欣快至極。 マーケティングの基調の変化だけでなく、Adobeは同社のMAXデベロッパ大会で重要な発表をいくつかするようだ。以下は、その概要: 続きを読む

  • TokBoxのAIRによる全プラットフォーム向け簡易動画チャット用アプリケーション

    TokBoxのAIRによる全プラットフォーム向け簡易動画チャット用アプリケーション

    ソフトウェアのインストール不要で動画チャット機能を提供する印象的なスタートアップであるTokBoxは本日(米国時間7/14)、ウェブサービスを利用して簡単にセットアップできる新たなAIRアプリケーションの提供を開始した。AdobeのAIRを利用しているので、Windows、Mac、およびLinuxのいずれでも利用することができる。 アプリケーションのインタフェースは単純で、Skypeを利用したことのある人ならとまどいなく利用することができるはずだ。このアプリケーションから動画チャット発信、インスタントメッセージ、および動画メールといった… 続きを読む

  • Snackr:ちょっといいRSSリーダー

    Snackr:ちょっといいRSSリーダー

    この週末はあまりニュースがなかったので、ちょっとした「ジャーナリズム」サービスとして、みなさんにSnackrを紹介しよう。これはAdobe AIRベースのRSSリーダーで、自分のフィードリストまたは、予め用意されたOPMLファイルの記事を引っぱってきて、デスクトップ上にティッカー(テロップ風)で表示する。OS XとWindowsで動く。 私自身はNewsFire派なのだが、邪魔にならないRSSティッカーをここしばらく探していたところなので、Snackrを見つけられたのはよかった。悲しいのがこのアイコンで、RSSフィードアイコンがかじられたデ… 続きを読む

  • Coghead 2.0―Adobe Flexベース、Amazonがホスティング

    Coghead 2.0―Adobe Flexベース、Amazonがホスティング

    Cogheadはウェブ・ベースでDIYのエンタープライズ・アプリケーション開発サービスを提供しているが、今日(米国時間1/14)、これをアップデートして、バージョン2.0を発表した。新しいUI(下のスクリーンショット)はAdobe Flexベースで、新しい機能が50も追加され、パフォーマンスは旧バージョンの3倍速くなっているという。これはもちろん非常に大掛かりなアップデートだ。「Coghead 2.0」と呼んで大騒ぎしたがるのもムリはない。オーサリング環境も新しくなり、ドラグ&ドロップできるウィジェットなどに加えて、OpenIDもサポート… 続きを読む

  • Adobe Apollo、ベータをローンチ―新名称は「AIR」に

    Adobe Apollo、ベータをローンチ―新名称は「AIR」に

    Adobeは今晩(米国時間6/10)、Apolloプラットフォームのベータ版を公開、正式発表へまた一歩を進めた。(これまでのApolloはデベロパー向けプレビュー版)。なお今回名称がAIR=Adobe Integrated Runtimeと変更された。Adobeではこの製品をAdobe AIRと呼んでいる (ということはこの名称の中にAdobeが2回出てくるわけでが、誰も気にしないだろう)。 新バージョンはHTMLとAjaxを全面的にサポートしている。ということはApolloベースのアプリケーションを開発するのにFlashを使う必要が一切ない… 続きを読む