Adobe

  • Premiere Rush CCはパソコンでもモバイルでもビデオ編集可能――AdobeからYouTuber向けツール登場

    Premiere Rush CCはパソコンでもモバイルでもビデオ編集可能――AdobeからYouTuber向けツール登場

    今年初頭、Adobeはマルチプラットフォームのビデオ編集プロダクトのプレビュー版をProject Rushとして発表した。今日(米国時間10/15)開幕したAdobe MaxカンファレンスではProjectが外れ、Premiere Rush CCとしてCreative Cloudの一員となったことが発表された。 続きを読む

  • Adobe、AR構築ツールとiPadアプリを発表――MAXカンファレンス開幕

    Adobe、AR構築ツールとiPadアプリを発表――MAXカンファレンス開幕

    今日(米国時間10/15)、ロサンゼルスで開幕したAdobe MaxカンファレンスではCreative Cloud(CC)ベースの新しいツールがいくつも発表された。中でも注目されたのはAR体験を構築するProject AeroとiPad上でラスターとベクター双方の作画ができるProject Geminiだ。 続きを読む

  • Adobe、Photoshop CCのiPad版を発表

    Adobe、Photoshop CCのiPad版を発表

    Adobeが同社の Creative Cloudアプリを近代化して、あらゆるプラットフォームに持ち込もうとしていることは周知の事実だ。本日(米国時間10/15))同社は、ロサンゼルスで行われたMaxカンファレンスで、Photoshop CCのiPad版を正式にアナウンスした。 続きを読む

  • GoogleやFacebookも使っているデザインツールFramer Xの魅力は開発工程の上流下流への柔軟な対応

    GoogleやFacebookも使っているデザインツールFramer Xの魅力は開発工程の上流下流への柔軟な対応

    デザインツールはどの企業にとっても、ますます重要になっている。今日はそのレースに、新人が入ってきた。 新人とは言ったが、Framer Xは三年前にできたFramerの改造バージョンであり、ファウンダーのKoen BokとJorn van Dijkはさらにその前の2011年に、デザインソフトのSofaをFacebookに売っている。 続きを読む

  • Adobe Photoshopの‘コンテンツに応じた塗りつぶし’が性能アップ、おかしな失敗が減少

    Adobe Photoshopの‘コンテンツに応じた塗りつぶし’が性能アップ、おかしな失敗が減少

    Adobe Photoshopの“コンテンツに応じた塗りつぶし”(content-aware fill)が登場したときは、誰もが感激した。退屈な名前だけど、すばらしく便利な機能で、画像のセレクトした範囲内にAIが選んだ画像の破片をリプレースして、そのまわりと同じ本物らしく見せかける。しかしAIは万能ではないから、ときどき、おかしな、笑えるような結果になった。でも今度の新しいツールでは、AIの失敗がほどんどなくなるそうだ。 続きを読む

  • 顧客エクスペリエンス事業を強化するAdobe

    顧客エクスペリエンス事業を強化するAdobe

    マーケティング担当者たちは、顧客をよりよく理解し、カスタマイズされたインタラクションを提供し、最終的に売上を増やすために、長年にわたりオンラインショッピング体験を最適化してきた。人工知能がそれを加速すると期待されてきたが、今日(米国時間9月10日)Adobeは、Adobe TargetとAdobe Experience Managerの強化を発表し、少なくとも部分的にその約束を実現しようとしている。 Adobeはここしばらく、その企業向けビジネスの強化に注力してきた、彼らは100億ドルの企業になるための道を順調に進んではいるものの、企業側から… 続きを読む

  • Adobeのマーケティングツールはメールを送るベストのタイミングをAIが教えてくれる

    Adobeのマーケティングツールはメールを送るベストのタイミングをAIが教えてくれる

    Adobeの機械学習ツールAdobe Senseiが、マーケティングのためのメールを送る最良のタイミングを教えてくれるようになる。Adobe自身のの研究開発部門Adobe Researchから生まれたこの新しい技術は、近い将来に実用化されるようだ。 マーケターは、AdobeのメールマーケティングツールAdobe Campaignに、キャンペーンの開始日と終了日を教えると、Senseiが、メールが相手の受信箱に到着すべき最良の日時を見つける。 続きを読む

  • Adobe、iPad版Photoshopを開発か

    Adobe、iPad版Photoshopを開発か

    現在AdobeのアプリはApp Storeに30種類以上ある。しかし、ひとつ欠けているものがある。Bloombergによると、同社はiPad用にフルバージョンのPhotoShopを開発しているらしい。うなずける理由はたくさんある。 続きを読む

  • AdobeのProject Rushは誰でもプロ並みの作品を作れるオールインワンのビデオエディターだ

    AdobeのProject Rushは誰でもプロ並みの作品を作れるオールインワンのビデオエディターだ

    Adobeが今日(米国時間6/19)、新しいビデオエディターProject Rushのローンチを発表した。それは、同社の一連のプロ用ツール、Premiere Pro, After Effects, Auditionなどの主要な機能を全部集めて、もっと使いやすくしたツールだ。でも、喜ぶのはまだ早い。リリースは今年の後半で、おそらく10月に行われる同社のMaxカンファレンスにおいてだろう。 続きを読む

  • AdobeのCTOはAIへの取り組みを率先して押し進めている

    AdobeのCTOはAIへの取り組みを率先して押し進めている

    現在まともな会社なら、人工知能(AI)に対して、全く何の取り組みもしていないということは考えられない。こうした組織は、この先どう展開して行くかは完全には理解していないとしても、AIがゲームチェンジャーになることを理解している。 3月に開催されたAdobe Summitで、私はAdobeのエグゼクティブVPでありCTOであるAbhay Parasn​​isに話を聞くことができた。話題は多岐にわたり、次の10年のために構築するクラウドプラットフォームや、そこでAIがどれほど大きな役割を果たすかなどについての話を聞くことができた。 続きを読む

  • AdobeがボイスインターフェースのSayspringを買収

    AdobeがボイスインターフェースのSayspringを買収

    本日(米国時間4/17)Adobeは、 Sayspringを買収したことを発表した。SayspringはAmazon AlexaとGoogle Assistant向けアプリのボイスインターフェースのプロトタイピンクと開発を支援するスタートアップだ。Sayspring のチームは明日Adobeに合流し、両者の技術の統合を開始するとAdobeは言った。 続きを読む

  • Adobe Photoshop CC、ワンクリック選択をサポート――Sensei AIが対象を認識

    Adobe Photoshop CC、ワンクリック選択をサポート――Sensei AIが対象を認識

    今日(米国時間1/23)、AdobeはPhotoshop CCをアップデートした。これにはWindowsユーザーのためにダイヤルタイプの入力装置、Microsoft Dialのサポートや高精細度モニターのサポート拡充などいくつもの新機能が含まれているが、中でも注目はSelect Subjectツールだ。これはAdobeの人工知能プラットフォーム、 Senseiを利用してワンクリックで所望の対象を認識し切り抜くというものだ。 続きを読む

  • Adobe、Photoshop CCにワンクリック対象選択を導入へ――Sensei AIを利用して自動認識

    Adobe、Photoshop CCにワンクリック対象選択を導入へ――Sensei AIを利用して自動認識

    長年の練習のかいがあってか、非常に手際よく人物をマスクできるPhotoshopのユーザーは多い。とはいえ、人物の輪郭を切り抜くのはフォトショ作業の中でいちばん手のかかるやっかいな部分であることに変わりはない。しかしクリック1回で対象を切り抜ける魔法の杖が近々登場する。 続きを読む

  • 感謝祭のネット通販は28.7億ドル、前年比18.3%アップ――年末商戦はオンラインが主戦場に

    感謝祭のネット通販は28.7億ドル、前年比18.3%アップ――年末商戦はオンラインが主戦場に

    以前は家族が静かにサンクスギビングデー(感謝祭)を祝った翌日のブラックフライデーが年末セールの開始を告げる日と考えられてきた。しかしここ数年のネット通販の普及で状況は大きく変化した。統計から見ると、年末セールはサンクスギビングデーその日から始まることになったようだ。Adobe Digital Insightsによると、アメリカでのサンクスギビングのオンライン販売の売上は新記録の28.7億ドル、対前年比で18.3%のアップになったと推計している 続きを読む

  • AdobeのProject Lincolnはユーザーにデザインの自由度を与えるデータ視覚化ツール

    AdobeのProject Lincolnはユーザーにデザインの自由度を与えるデータ視覚化ツール

    Adobeは毎年のMAXカンファレンスで、製品化がまだ決まってないようなプロダクトのおもしろいプロトタイプを二つほど見せる。今年もその例外ではなく、今日(米国時間10/19)は同社研究開発部門の11のプロジェクトが紹介された。その中のProject Lincolnは、データの視覚化をやったことのある人なら誰もが大歓迎しそうなツールだ。 続きを読む

  • Adobeは人間の創造性と知性を強化するために人工知能を使う

    Adobeは人間の創造性と知性を強化するために人工知能を使う

    約1年前、AdobeはSenseiという名前のAIプラットフォームを発表した。他の企業とは異なり、Adobeは一般的な人工知能プラットフォームの構築には興味がないことを明言している。その代わりに、顧客の創造性を高めることに焦点を当てたプラットフォームを構築したいと考えているのだ。今週開催されているMaxカンファレンスで、Adobeはこれが何を意味するのかについてより多くの洞察を提供し、同時にSenseiをその主要ツールに統合するやり方についての、沢山のプロトタイプを示した。 「私たちは業界の他の企業が開発しているような汎用AIプラットフ… 続きを読む

  • Adobe、新しいクラウド型Lightroom CCを発表――モバイル写真激増に対応、UIを大きくシンプル化

    Adobe、新しいクラウド型Lightroom CCを発表――モバイル写真激増に対応、UIを大きくシンプル化

    AdobeのフラグシップといえばPhotoshopを思い浮かべるが、写真家やジャーナリストのユーザーがいちばん多いアプリケーションはLightroomだろう。このツールはRAWファイルを現像するだけでなく、露光、ホワイトバランス、色彩など写真のあらゆる要素を補正・編集する機能を備えている。今日(米国時間10/18)、AdobeはMAXカンファレンスでまったく新しいバージョンのLightroom CCを発表した。現行のLightroomユーザーにはかなりショッキングな変更となる。 新しいLightroomでは使い方が大きく簡素化された。また… 続きを読む

  • Adobe、写真編集アプリのProject Nimbusを誤ってリーク

    Adobe、写真編集アプリのProject Nimbusを誤ってリーク

    Project Nimbusは秘密ではない。AdobeはすでにMAXカンファレンスでこのアプリをプレビューしている。しかし、MacGenerationはこの未公開アプリをダウンロードしてプレイできてしまった。AdobeはMacGenerationに対して、これは一部のCreative Cloud定期購読ユーザーに誤って短期間公開されたものだと説明した。その後アプリは削除された。 続きを読む

  • Adobe、2020年末でFlashのサポートを終了と発表

    Adobe、2020年末でFlashのサポートを終了と発表

    今日(米国時間7/25)、Adobeはその昔インターネットの世界で普遍的だったFlashのサポートを終了する計画を発表した。多くの人々がFlashプラグインでYouTubeのジャスティン・ビーバーのビデオを初めて見たり、KongregateのDolphin Olympics 2をプレイしたりしたはずだ。 しかしAdobeは2020年の年末をもってFlashのアップデート及び配布を終了する。 続きを読む

  • Lightroom for Androidがデザインを完全に改装、‘iOSファースト’の姿勢は崩れず

    Lightroom for Androidがデザインを完全に改装、‘iOSファースト’の姿勢は崩れず

    Adobeが同社の写真管理/編集アプリLightroomのiOS/Android両バージョンを今日(米国時間7/18)アップデートした。iOSバージョン(iPhone, iPad用)は、ブラシ(絵筆)の選択や、ディテイルタブが増え、iPadバージョンはインタフェイスがアップデートされた。でも今回の目玉は、Androidアプリがデザインを一新したことだ。 続きを読む