広告

  • Facebookのストーリーズ機能が1億5000万DAUを突破ーー広告の試験運用をスタート

    Facebookのストーリーズ機能が1億5000万DAUを突破ーー広告の試験運用をスタート

    ローンチから14か月が経ち、FacebookはSnapchat Storiesに酷似した同社のストーリーズ機能のDAU(デイリーアクティブユーザー数)がようやく1億5000万人に達したと発表した。そしてストーリーズから収益を生み出すための次のステップとして、同社はアメリカ・メキシコ・ブラジルの3か国で、現地時間の5月17日からストーリーズへの広告掲載をスタートさせた。 ストーリーズ広告は5〜15秒程度の動画で、ユーザーはスキップすることもできる。クリックスルーやコールトゥアクションは今のところ備わっていないが、Facebookは向こう数か… 続きを読む

  • アドフラウド対策ツール提供のPhybbitが6500万円を調達、検出を自動化し担当者の負担を削減

    アドフラウド対策ツール提供のPhybbitが6500万円を調達、検出を自動化し担当者の負担を削減

    クリックやインストールを不正な方法で作り出し、広告収益を得るアドフラウド。人工的ないしbotを使って広告費を搾取するこの手法は「広告詐欺」などとも呼ばれ、広告主や広告配信事業者を悩ませている。 そのアドフラウド検出における業務を自動化・可視化することで、アドフラウド対策の敷居を下げる「SpiderAF」。同サービスを提供するPhybbitは4月17日、大和企業投資、フリービットインベストメント、川田尚吾氏、佐伯嘉信氏を引受先とする第三者割当増資資により6500万円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • 検索直前の「アクションデータ」を武器にデジタル広告を革新、A1 Media Groupが4億円を調達

    検索直前の「アクションデータ」を武器にデジタル広告を革新、A1 Media Groupが4億円を調達

    インターネット広告関連の事業を複数展開するA1 Media Group。同社は3月29日、Global Catalyst Partners Japan、SBIインベストメント、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムなどを引受先とした第三者割当増資により、総額4億円を調達したことを明らかにした。 調達した資金をもとに、さらなる事業拡大に向けて開発・営業体制の強化を図る方針。合わせて今回のラウンドに参加するVCや事業会社とは、今後データ連携や広告商品の共同開発、海外市場での協業などを行っていく予定だという。 続きを読む

  • “商品サンプリング”の概念を変えるリアル版アドテク「aircatalog」、提供元が資金調達

    “商品サンプリング”の概念を変えるリアル版アドテク「aircatalog」、提供元が資金調達

    街を歩いていると、女性に化粧品の試供品のようなものを配っている人の姿を見かけることがある。残念ながら僕自身はターゲット層ではないのか、無愛想に見えるのかティッシュくらいしか受け取ったことがないのだけれど。いわゆる「商品サンプリング」とよばれるものだ。 このサンプリングという仕組みには、まだまだ改善できる余地が残されている。今回紹介する「aircatalog(エアカタログ)」は、テクノロジーを活用することでサンプリングが抱える課題の解決を目指すサービスだ。 同サービスを提供するキャトルは2月28日、ハックベンチャーズ、名古屋テレビ・ベンチャ… 続きを読む

  • 会話でニーズを“あっためる”、チャットボット広告のZEALSが4.2億円調達

    会話でニーズを“あっためる”、チャットボット広告のZEALSが4.2億円調達

    チャットボットを利用した会話広告サービスを展開するZEALSは1月29日、JAFCOとフリークアウト・ホールディングスを引受先とした第三者割当増資を実施した。調達金額は4億2000万円だ。 続きを読む

  • Google、ユーザーを尾け回す広告のミュート機能強化――「リマインダー広告」の表示停止が可能に

    Google、ユーザーを尾け回す広告のミュート機能強化――「リマインダー広告」の表示停止が可能に

    どのサイトに行っても執念深くユーザーを尾行してくる広告に出くわしたことがあると思う。どこかのサイトでたまたま何かの広告をクリックするとその広告が他のサイトにも現れる。いやどこのサイトに行ってもつけ回してくるのだ。Googleはユーザーがこういう広告を黙らせる手段を強化した。一見すると奇妙な動きに思えるかもしれない。つまりGoogleの本業は広告ビジネスだ。ユーザーがあるプロダクトに関心を示したらその広告が繰り返しユーザーの目に触れるようにするのは広告の効果を高める上で有利であり、結局のところGoogleの売上を伸ばすのではないか? 続きを読む

  • 主要サイトの多くが、密かにアンチ広告ブロッカー対策を講じている

    主要サイトの多くが、密かにアンチ広告ブロッカー対策を講じている

    広告ブロッカーが、ウェブ上の広告ベースのビジネスモデルに、不利な影響を与えていることは秘密ではない。これは、広告主たちの様々な反応を引き起こしている。比較的丁寧な利用者へのホワイトリストへの追加依頼(TechCrunchが行っているもの)から、ブロックを避けるための広告の動的再配備に至るまでのものだ。新しい調査によると、Web上の上位1万サイトのうち、3分の1近くが広告ブロッキング対策を講じている。その多くは対抗策を静かに実行し、とても洗練されている。 アンチア広告ブロッキング技術の伸びを受けて、アイオワ大学とUCリバーサイド校の研究者… 続きを読む

  • Facebook、広告ターゲティングで有色人種を除外する機能を一時停止へ

    Facebook、広告ターゲティングで有色人種を除外する機能を一時停止へ

    Facebookは、広告主がターゲッティングの対象から「多文化的つながり」に関心のあるグループを除外できる運用方法とポリシーに関して非難の的になっている。このほど、非営利報道機関、ProPublicaの捜査と連邦議会黒人幹部会(CBC)からの圧力を受け、Facebookは同社の広告ポリシーを精査することを約束した。COO Sheryl Sandbergが、CBC議長のCedric Richmondに宛てたレターに書いた。 続きを読む

  • Appleの今年の感謝祭CMは雪のプラハで踊るペア――AirPodsをフィーチャー

    Appleの今年の感謝祭CMは雪のプラハで踊るペア――AirPodsをフィーチャー

    毎年Appleはアメリカでサンクスギビングデーにあわせて新しいCMを発表してきた。他のAppleのCMと比べると、この時期のCMは特定のプロダクトや機能を宣伝するというより、「時候のご挨拶」といった雰囲気が強い。 続きを読む

  • LinkedIn、動画投稿機能を一般公開――将来的にはライブ動画、動画広告も導入か

    LinkedIn、動画投稿機能を一般公開――将来的にはライブ動画、動画広告も導入か

    ソーシャルネットワークの世界では動画の重要性がますます高まっている。FacebookやTwitterをはじめとする各サービスが、トラフィックの獲得やエンゲージメント率の向上、さらにはテレビ業界の高額な広告料を狙って動画機能の拡充に努めている。Snapchatにいたっては開発時点から動画をサービスの中心に据えてきた。 Microsoft傘下のLinkedInもようやくその仲間に加わろうとしている。本日(現地時間8月22日)同社は、iOS・Androidアプリ経由で動画をアップロードできる機能を全ユーザーに対して公開すると発表した。 続きを読む

  • Facebook、「うっかりクリック」は広告として課金しない方針を発表

    Facebook、「うっかりクリック」は広告として課金しない方針を発表

    FacebookはAudience Networkでユーザーが「うっかりクリックした広告」に対し広告料金を課金しないこととした。 続きを読む

  • 書評「MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣」――ARPU、テイクレートが重要なわけ

    書評「MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣」――ARPU、テイクレートが重要なわけ

    すでにシバタナオキ(柴田尚樹)氏の新刊、MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣を読まれた読者も多いと思う。まだ読んでない(積んである方を含む)向きのために簡単に紹介してみたい。 柴田尚樹氏はシリコンバレーのモバイル・アプリ検索最適化ツールのスタートアップ、SearchManの共同ファウンダーで、その経営が本業だ(TechCrunch Japan寄稿記事) 柴田氏はしばらく前から決算資料をベースにテクノロジー系企業のビジネスを解説する記事をnote上に発表していた。 この連載が増補、加筆されて日経BPから出版されることになった。シリアスな… 続きを読む

  • Facebook、Messengerでディスプレイ広告を世界で実験中

    Facebook、Messengerでディスプレイ広告を世界で実験中

    今やモバイルの中心はメッセージ・サービスだ。そこでFacebookはメッセージでもできるだけ多くの広告を表示したい。Facebook Messengerにディスプレイ広告を表示する試みはオーストラリアとタイで「有望な結果をもたらした」という。 FacebookではMessgerにおけるディスプレイ広告のベータ・テストを世界に拡大する。広告主はMessengerにスペースを買うことができるようになる。今月末から、一部のユーザーのMessengerアプリのホーム画面に広告が表示されるのを見ることになる。 続きを読む

  • Google、ポップアンダー、ポップオーバー広告を禁止

    Google、ポップアンダー、ポップオーバー広告を禁止

    今日(米国時間7/11)、Googleは広告ポリシーの変更について解説を加えた。いかなるサイトに対してであれGoogle広告をポップアンダー広告として用いることは禁止だという。 閲覧中のウィンドウに隠れてそれと気づかれないよう広告ウィンドウが自動的に立ち上がるポップアンダー広告は無礼かつ不快であるだけでなく、内容も往々にしてスパム的だ。ユーザーが閲覧中のウィンドウを最小化するまでポップアンダーが表示されていることに気づかないことも多い。 続きを読む

  • VR
    Google、VR広告プロジェクトのAdvrを発表――社内インキュベーターArea 120から誕生

    Google、VR広告プロジェクトのAdvrを発表――社内インキュベーターArea 120から誕生

    Goolgは本日(現地時間6/28)、社内インキュベーターArea 120の専用サイトをローンチし、あまり公に語られることのなかった同プログラムの情報を正式に公開した。それと同時に、これまでのArea 120のプロジェクトとは一味違う、VR広告に関する試みが始まった。Advrと呼ばれるこのプロジェクトでは、3D(もしくはVR)空間で動画を再生する、キューブ型の広告の実験が行われている。 Area 120は、将来的にスタンドアローンのプロダクトや既存プロダクトの追加機能になり得る新しいアイディアを試す場をつくるため、そして起業家精神あふれる人材… 続きを読む

  • “アフリカ版BuzzFeed”、OMG Digitalがシードラウンドで110万ドル調達

    “アフリカ版BuzzFeed”、OMG Digitalがシードラウンドで110万ドル調達

    ガーナ発のメディアスタートアップで「アフリカ版BuzzFeed」とも呼ばれているOMG Digitalが、シードラウンドで110万ドルを調達したと本日発表した。メインのサイトであるOMG Voiceは、既にガーナ以外にもナイジェリアとケニアに進出しており、今回調達した資金はさらなる市場拡大に使われる予定だ。 OMG Voiceは、Jesse Arhin Ghansah、Prince Boakye Boampong、Dominic Mensahの3人によって2016年2月にローンチされ、現在の月間ユニークユーザー数は450万人にのぼる。25人のチームに成… 続きを読む

  • Googleは広告の個人化のためにGmailの受信トレイをスキャンすることをやめる

    Googleは広告の個人化のためにGmailの受信トレイをスキャンすることをやめる

    Googleからオドロキの発表だ。同社は今年後半に、Gmailの無料ユーザーの受信トレイを広告の個人化のためにスキャンすることをやめる。 G Suiteを有料会員として使っている企業ユーザーに対しては前からやっていない。 続きを読む

  • Facebookグループに新機能――アナリティクスや予約投稿、加入申請者のフィルタリングなど

    Facebookグループに新機能――アナリティクスや予約投稿、加入申請者のフィルタリングなど

    マーク・ザッカーバーグが6000ワード弱の人道主義宣言に記した通り、Facebookが「コミュニティを構築する」上でグループ機能は欠かせないものだ。そして、ザッカーバーグの約束通り、本日(現地時間6/22)シカゴで行われたCommunities Summitにて、Facebookはグループ管理人向けの新たな機能を発表した。なお、同イベントにはFacebookでトップを争うグループの管理人300人が集った。今回発表された機能の中には、アナリティックスツールや加入申請者のフィルタリングツール、強制退会済みユーザーに関連した情報を削除する機能… 続きを読む

  • Instagram、スポンサード投稿を明示するフォーマットをテスト

    Instagram、スポンサード投稿を明示するフォーマットをテスト

    Instagramではユーザーがスポンサード投稿を明確に識別できるようにする 標準的なフォーマットを作成してテスト中だ。 スポンサード投稿は、広告主が直接Instagramからスペースを買い取って表示する広告とは異なる。スポンサード投稿はいわゆるインフルエンサー・マーケティングの一つだ。スポンサード投稿では、企業はセレブその他オンラインで大きな影響力のある人物に料金を支払ってブランドやプロダクトをプロモートしてもらう。 続きを読む

  • メアリー・ミーカー、『インターネット・トレンド2017』 を発表――ハイライトとスライドを掲載

    メアリー・ミーカー、『インターネット・トレンド2017』 を発表――ハイライトとスライドを掲載

    インターネットで何が起きているのか、そのトレンドをつかむにはこれが一番スピーディーな方法だ。Kleiner Perkinsのパートナー、メアリー・ミーカー(Mary Meeker)が今年もInternet Trendsを発表した。テクノロジーの世界の「大統領一般教書」と思えばよい。待望のスライドには資金調達の状況、インターネットの普及、有力なインターフェイス、次の大きな波などあらゆる重要事項が簡潔にまとめられている。 続きを読む