adwords

  • Facebook、ブラックフライデーとサイバーマンデーをの前に広告システムが「断続的」中断

    Facebook、ブラックフライデーとサイバーマンデーをの前に広告システムが「断続的」中断

    広告ネットワークの大規模なダウンの翌日、オンライン広告プラットフォーム最大手のFacebookは、広告主にとってもっとも重要なこの時期に今も広告システムの「断続的」問題を起こしている 続きを読む

  • Apple、App Storeをアップデートへ―審査を高速化、検索広告と開発者取り分85%プラン等を導入

    Apple、App Storeをアップデートへ―審査を高速化、検索広告と開発者取り分85%プラン等を導入

    恒例のWWDCカンファレンスの開催を控えて、AppleはApp Storeにおける一連のアップデートを発表した。Appleはこれらの変更がデベロッパー、消費者の双方に利益をもたらすと期待している。ワールドワイドマーケティング担当上級副社長で、昨年11月にApp Storeの担当になったフィル・シラーは、登録申請から公開までの時間短縮、Appleと開発者の取り分の見直し、アプリの発見などを改良したと述べた。アプリの発見についてはApp Storeに検索広告が導入されることになったのが注目される。 続きを読む

  • Google、AdWordsを大幅改訂

    Google、AdWordsを大幅改訂

    GoogleのAdWordsが大きく改訂される。検索の巨人は今日(米国時間5/24)、同社の広告ツールにいくつかの変更を施し、モバイルへの適合性を高める。 続きを読む

  • デベロッパが自分のアプリを簡単に宣伝できる簡易広告プロダクトをGoogleがローンチ、広告効果のレポートも提供

    デベロッパが自分のアプリを簡単に宣伝できる簡易広告プロダクトをGoogleがローンチ、広告効果のレポートも提供

    デベロッパが自分のアプリを簡単に宣伝できるための広告プロダクトUniversal App Campaignsを、Googleは今年5月のデベロッパカンファレンスI/Oで発表した。ほぼ半年経った今日からは、このサービスをGoogle Playのデベロッパコンソールで実際に利用できるようになった。同時にデベロッパは今後、Play Store上のアプリの順位や、プロモーションの効果を見ることができる。 続きを読む

  • Google AdWords、「キーワードの類似パターン」オプションを廃止

    Google AdWords、「キーワードの類似パターン」オプションを廃止

    Googleは、AdWords広告に小さいが重要な変更を9月に加えると、米国時間8/15に発表した。これまで広告主は、検索クエリと自社広告のマッチングの方法に2種類の選択肢を与えられていた。クエリが、AdWordsに設定したキーワードと〈完全〉に一致した場合にのみ広告を表示させるか、キーワードと非常によく似たクエリ、例えば複数形やスペルミス等とも一致させるかを選ぶことができた。 続きを読む

  • Googleの広告に消費者調査の結果が載るようになる–CTRの大幅向上を実証

    Googleの広告に消費者調査の結果が載るようになる–CTRの大幅向上を実証

    Googleの消費者調査サービスGoogle Consumer Surveysの結果が、今後は広告に反映されるようになる。この広告向けサービスは”consumer ratings annotations“(消費者格付け注記)と呼ばれ、通常のテキスト広告の下に出る(下図)。展開は数日後からだ。 続きを読む

  • Facebook、App Centerでアプリ検索機能をリリース―AdWords式検索広告導入の準備か

    Facebook、App Centerでアプリ検索機能をリリース―AdWords式検索広告導入の準備か

    FacebookはApp Centerに検索ボックスを追加した。これは次の興味深い動きを予想させる。Facebookはアプリのデベロッパー向けに特定のキーワードに関連づけられた広告を販売するシステム―検索連動広告を提供し始めるに違いない。Facebookサイト全般の検索ボックスで先行入力広告を導入しているが、App Centerでは単なる先行入力による候補の表示にとどまらず、Google検索のようなフル機能の検索結果ページを表示し、そこに完全なAdWordsタイプの検索連動広告を掲載することが考えられる。 これまでのFacebookの戦略は… 続きを読む

  • Google AdWordsでiOSアプリのダウンロード数をモニタできるようになった

    Google AdWordsでiOSアプリのダウンロード数をモニタできるようになった

    今日(米国時間10/24)、Googleは広告主、マーケティング専門家に対し、 AdWordsを利用してiOSアプリのコンバージョン率、つまりダウンロード数をモニタできるようになったと発表した。今年4月に、Googleは同様の機能をAndroidアプリに対して提供している。 AdWordsにiOSプラットフォームが追加されたことで、企業はAndroidとiPhone、iPad、iPod Touchアプリのダウンロード数をAdWords広告のコンバージョン数として受け取ることができる。簡単に言えば、ユーザーがAdWords広告をクリックしてモ… 続きを読む

  • Googleが中国の部品メーカーの目録サービスをベータテスト中

    Googleが中国の部品メーカーの目録サービスをベータテスト中

    Googleは実験することをやめたなんて、誰が言ったの? 鳴り物入りではなかったけどGoogleは今月初めに、企業と中国のメーカーを結びつけるための新サービス “Google Supplier Directory Beta“(Googleサプライヤー目録β)をロンチした。このサービスはAdWordsの一部で、中国の会社とその製品の詳細、輸出先、年商(RMB, 人民元)などを載せている。 今載っているのは10社だけで、検索機能もない(必要ない)。サイトのメインページには、社名、短い説明、年商、対象市場、社員数、住所、監査の有… 続きを読む

  • Google広告の1/3は今やマルチメディア/ソーシャル強化タイプ―新しい「オンライン折込チラシ広告」も準備中

    Google広告の1/3は今やマルチメディア/ソーシャル強化タイプ―新しい「オンライン折込チラシ広告」も準備中

    少し以前、Googleの検索連動広告といえば3行のテキストが表示されるだけだったのを覚えているだろうか? Googleがさきほど発表したブログ記事によると、最近では約3分の1の検索連動広告が「強化タイプ」の広告フォーマットを利用しているという。つまり、ビデオのプレビュー窓や価格、画像、商品紹介ページへのリンク、ユーザーの友だちの推薦、その他が表示されている。 Googleはブログ記事でこう表現している。 シンプルは3行のテキストで始まったわれわれの広告の3分の1は今やマルチメディア化され、位置情報に対応し、ソーシャル・グラフによって増幅さ… 続きを読む

  • Google AdWordsでもっとも高くつくキーワード20種とは?

    Google AdWordsでもっとも高くつくキーワード20種とは?

    Googleは、オンライン広告からどえりゃー大金を稼いでいる。たとえば過去12か月では、総売上333億ドルの97%が広告の売上だ。 検索エンジンに対する広告や、検索の結果をマーケティングの手段として使うときの、さまざまな面倒な作業を自動化してくれるサービスを提供している、ベンチャーキャピタルに支えられている企業WordStreamが行った調査により、GoogleのAdWordsを使ったときに、最も高いCPCをもたらすキーワードが分かった。 続きを読む

  • Apple、"Dell Streak"と"HP Slate"をターゲットにiPadの検索広告

    Apple、"Dell Streak"と"HP Slate"をターゲットにiPadの検索広告

    Appleのちょっとした不安を代弁するかのように、iPadの製造元は、Google AdWordsを買っているようで、そのターゲットはDell Streakの潜在購入者。Androidの動くマイクロタブレットなりネットパッドなり、もっと気の利いた呼び方があるかもしれないそんなデバイスである。 上のスクリーンショットは、私がGoogle.co.ukで”Dell Streak”を検索した時に取ったものだ(Rudefoxの情報に感謝)。これを見る限り、クパティーノはDell Streakを検索する人の注意を引くために、Goog… 続きを読む

  • Google、AdWordsrツールと広告代理店の「認定パートナー」プログラムをバージョンアップ

    Google、AdWordsrツールと広告代理店の「認定パートナー」プログラムをバージョンアップ

    今朝(米国時間4/26)、Googleは、大は通常の広告代理店から小は検索マーケティング・コンサルタントまで広告パートナーとの関係を見直したことを発表した。 Googleの国際広告代理店提携開発担当副社長のPenry Priceは今回の変更についてこことここに書いている。 今回の変更は簡単に言えば、広告主がGoogle AdWordsをより効果的に利用できるようにするための改良だ。そのために、「AdWords認定パートナー」となるための要件を厳しくすると同時に広告主が必要なパートナーを容易に見つけ出せるよう検索能力を強化している。 続きを読む

  • Google、「ウェブ中ユーザーをつけ回す」広告テクノロジーを実用化

    Google、「ウェブ中ユーザーをつけ回す」広告テクノロジーを実用化

    最近、広告主はウェブ広告にはそれ自身のライフサイクルがあることを発見している。ユーザーはある広告を見てすぐにクリックするとは限らない。テレビや雑誌の場合と同様、ユーザーは同じ広告を繰り返し見せられるうちにクリックする確率が高まっていくのだ。広告を見る回数が多ければ多いほど、クリックする確率も高まる。多くのユーザーにとっては迷惑な話だが、広告主が世界を見る理論はこのようなものだ。 Googleもこの理論を採用し、今日(米国時間3/25)、広告再マーケティング(ad remarketing)(訳注*)と名付けた新しい広告表示テクノロジーの全面… 続きを読む

  • Google、AdWordsのための市場調査結果を公開

    Google、AdWordsのための市場調査結果を公開

    NASDAQに上場した翌年である2005年の年間を通じて、Googleは、購買意志決定におけるインターネット検索および検索広告の重要性を、さまざまな分野にわたって分析するよう複数の調査会社に依頼した。この調査の一部が ― Googleの収益にとっての同事業の重要性が変わっていないことを考えると、恐らく今も継続していると思われる ― このほどGoogle AdWords商品ページに掲載された。検索の巨人がどんな調査を依頼し、消費者の直接調査等の方法で得られたデータを元に調査会社各社がどんな結論を導き出したのか、その一端でも観察できるのは興味深い。… 続きを読む

  • Google、AdSenseを他の広告ネットワークにも開放へ。ただし認定したところだけ

    Google、AdSenseを他の広告ネットワークにも開放へ。ただし認定したところだけ

    あたかも世界を席巻する広告ネットワークになるための行動であるかのように、Googleは今日(米国時間8/26)AdSense利用者に対して、近々AdSenseをオープン化して、サードパーティー広告ネットワークの広告も掲載されるようにする、という趣旨のメールを送った。ただし、オープンにするのはGoogleが認定するに値するサードパーティー広告ネットワークに対してのみ。 現在、自分のサイトにAdSenseを入れると、そこにはGoogleのAdWordsサービスで特定のキーワードに入札した広告主の出す広告が表示される。Googleの説明による… 続きを読む

  • グーグル、AdWordsを変更-“クオリティー”重視で収益強化

    グーグル、AdWordsを変更-“クオリティー”重視で収益強化

    不況ほど企業にボトムライン集中を迫るものはない。グーグルのようにボトムライン(利益)がまだ健全なペースで成長中の会社もそれは同じ。ここ最近、絞れるところからはどこでも広告収入を搾り出す努力を続けている同社が、今度は検索結果ページに広告を表示する方法を変えた。 ある広告を検索結果ページに出す時、他の広告との兼ね合いでどの辺りに広告を置くのが良いのか。-これを決める2大要素のひとつが“クオリティースコア(quality score)”である(あとひとつは、広告主が特定キーワードに支払う入札額)。グーグルは、このクオリテ… 続きを読む

  • Google、AdWordsのアルゴリズムを変更

    Google、AdWordsのアルゴリズムを変更

    多くの企業がサイトにユーザを呼び込むのに既にGoogle’s AdWordsを利用している。しかしGoogleはAdWordsの品質を高めるため、ここ数日中に新たな判定システムを導入する予定で、これによって現在のAdWords利用者が大いに影響を受ける可能性がある。 月曜日の発表でもっとも大事なのはAdWords Quality Scoreの計算方法に関するものだ。このスコアによって、特定キーワードに対して表示される広告表示順序が決定されている。Googleによると、現行のクリックスルー率に加えて、利用者による検索実行時にリアルタ… 続きを読む

  • アメリカ政府、外交政策をGoogle AdsenseでPR

    アメリカ政府、外交政策をGoogle AdsenseでPR

    Adwordsで自己宣伝をするのはトム・クルーズだけではないことが分かった。なんとアメリカ政府も外交政策をPRするためにAdwordsを買っていることが判明した。 問題の広告には(右のイメージ参照)、「平和と安全保障―諸国との関係の改善と協力を通じて安全保障を構築する」とある。リンクは「アメリカの話をしよう」というモットーを掲載したAmerica.govというサイトに向けられている。 このページにはシリアの原子炉、テロリスト、ブッシュ政権の外交政策などに関する記事が掲載されている。 この広告はアメリカ国内でも掲載されているのだろうか? それ… 続きを読む