アフリカ(国・地域)

アフリカに関連する記事一覧

  • アフリカでの暗号資産の利用急増でLunoの顧客リーチは700万規模に

    アフリカでの暗号資産の利用急増でLunoの顧客リーチは700万規模に

    暗号資産(仮想通貨)は、価値の保存手段としてビットコインを受け入れ出した機関投資家の参入による強烈な刺激を受け、全体として力強い成長の年を迎えた。2020年に起きたビットコインの急騰も、2020年第3四半期には1億人を突破した世界中の暗号資産ユーザーが、国際的にそれを受け入れ始めたことで加速された。 続きを読む

  • Twitterのアフリカ初進出国はガーナ

    Twitterのアフリカ初進出国はガーナ

    TwitterのCEOであるジャック・ドーシー氏は米国時間4月12日のツイートで、同社がアフリカに進出することを発表した。同氏は「Twitterが大陸に登場します。ガーナ、そしてナナ・アクフォアド大統領、ありがとう」とツイートした。 続きを読む

  • ナイジェリアの証券取引委員会が投資プラットフォームの「未登録」外国証券取引を禁止へ

    ナイジェリアの証券取引委員会が投資プラットフォームの「未登録」外国証券取引を禁止へ

    ナイジェリアの資本市場規制機関であるSEC(証券取引委員会)が現地時間4月8日に公開した発表文によると、この国で外国証券を取り扱う投資プラットフォームは危機状態に陥るかもしれない。最近明らかになったSECの規制によると、これらのプラットフォームは国に登録されていない外国証券を取引しており、中止するよう警告を受けている。 続きを読む

  • アフリカの通信会社Airtel Africaがモバイルマネー事業拡大のためにMastercardから110.6億円調達

    アフリカの通信会社Airtel Africaがモバイルマネー事業拡大のためにMastercardから110.6億円調達

    アフリカの通信会社Airtel Africaは現地時間4月1日、新たな出資者として国際的決済プロバイダーのMastercard(マスターカード)を発表した。この契約でAirtel Africaは、同社のモバイルマネー事業のためにさらに1億ドル(約110億6000万円)を受け取る。 続きを読む

  • アフリカへの送金サービスを提供するAfriexがシード資金1.3億円を調達

    アフリカへの送金サービスを提供するAfriexがシード資金1.3億円を調達

    Afriexはトープ・アラビ氏とジョン・オビリエ氏が2019年に設立し、母国や離れ離れのアフリカ人たちに手数料無料の即時送金サービスを提供している。ユーザーはアプリで現金を入金し、 続きを読む

  • アフリカでAPIフィンテックを展開するStitchがステルスから脱して4.3億円を調達

    アフリカでAPIフィンテックを展開するStitchがステルスから脱して4.3億円を調達

    この数年、世界中でフィンテックインフラストラクチャー企業が多数出現している。アフリカでは、過去3年の間に、フィンテックインフラストラクチャーを提供するスタートアップがいくつか誕生している。南アフリカのフィンテックスタートアップStitchもその1つだ。 続きを読む

  • VCのAntlerはアフリカでどうやってアーリーステージのスタートアップを構築しているのか

    VCのAntlerはアフリカでどうやってアーリーステージのスタートアップを構築しているのか

    2017年に複数企業の経営者マグナス・グリムランド氏と世界中の経験豊富な企業家、投資家、企業ビルダーが立ち上げたAntlerは、これまでに7500万ドル(約79億5500万円)以上を調達し、世界の9つの主要都市にある起業家ハブの起業家たちを支援してきた。同社のアフリカ唯一の支店はナイロビにあり、女性によって運営されている。 続きを読む

  • 2020年におけるアフリカのスタートアップの資金調達状況

    2020年におけるアフリカのスタートアップの資金調達状況

    アフリカのベンチャーキャピタル業界は着実に成長を遂げており、近年、国内外の投資家からの資金流入がかつてないレベルに達している。その成長度を示す具体的な数字を挙げると、アフリカのスタートアップが2015年に調達した資金はわずか4億ドル(約420億円)だったが、2019年にアフリカ大陸に流入した資金は20億ドル(約2100億円)に達する(アフリカに傾注するファンドPartech Africa(パーテックアフリカ)の調べによる)。 続きを読む

  • アフリカや東欧で交通ネットワーク拡大に取り組むBoltが国際金融公社から約25.8億円調達

    アフリカや東欧で交通ネットワーク拡大に取り組むBoltが国際金融公社から約25.8億円調達

    Boltは、欧州とアフリカで、自動車やスクーター、自転車を使って人や食料品などを輸送するサービスの国際的なオンデマンドネットワークを構築している、Uberの競合企業の1つだ。このエストニアのタリンを拠点とするスタートアップは、新興市場における事業拡大を継続するために、世界銀行グループの一部門である国際金融公社(IFC)から、2000万ユーロ(約25億8000万円)の資金を調達したと、3月4日のブログ記事で発表した。 続きを読む

  • 新興国市場のファウンダーを資本、資源、人材と結びつけるケニアのPariti

    新興国市場のファウンダーを資本、資源、人材と結びつけるケニアのPariti

    Startup Genomeによると、北京、ロンドン、シリコンバレー、ストックホルムとテルアビブは、世界最高水準のスタートアップエコシステムだ。データ・調査会社の同社は、企業の業績、資産、市場活動範囲、連結性、人材、知識などを使ってランキングを作っている。中国とインドを除き、新興国市場のスタートアップは2020年のトップ40に入っていない。それらの地域が6つの要素全部で遅れを取っていることは周知の事実であり、上に挙げたエコシステムの基準に達するまでには数十年を要するかもしれない。 続きを読む