農業(用語)

農業に関連する記事一覧

  • 肥料や農薬を葉の気孔から取り入れさせて99%の高効率で植物に吸収させるナノ粒子技術

    肥料や農薬を葉の気孔から取り入れさせて99%の高効率で植物に吸収させるナノ粒子技術

    植物の施肥や農薬の撒布は一般的に損失の大きい問題だ。今、工業生産や食品生産の農業で使用されている物質のわずか1%しか実際に植物に取り込まれていない。残りは土壌に流出している。 続きを読む

  • ケニアの農業ベンチャーApollo AgricultureがシリーズAで約6.5億円を調達

    ケニアの農業ベンチャーApollo AgricultureがシリーズAで約6.5億円を調達

    Apollo Agricultureは、ケニアの小規模農家たちの収益を最大化する支援をすることで、利益を生み出すことができると考えている。それこそが、Anthemisが主導するシリーズAの資金調達ラウンドで600万ドル(約6億5000万円)を調達した、ナイロビを拠点とするこのスタートアップのミッションなのだ。 続きを読む

  • プロ農家の栽培技術を動画で継承するAGRI SMILEが4000万円調達、JA蒲郡市で導入へ

    プロ農家の栽培技術を動画で継承するAGRI SMILEが4000万円調達、JA蒲郡市で導入へ

    プロ農家の栽培技術を動画などを用いて継承するプロダクトを手がけるAGRI SMILEは1月23日、複数の投資家より4000万円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • 農薬業界に革新を、日本発農薬スタートアップのアグロデザイン・スタジオが1億円を調達へ

    農薬業界に革新を、日本発農薬スタートアップのアグロデザイン・スタジオが1億円を調達へ

    日本発、農薬スタートアップのアグロデザイン・スタジオは1月16日、リアルテックファンドやインキュベイトファンドなどから資金調達を実施したことを明らかにした。 続きを読む

  • 最大荷重約200kg、小型航空機のようなPykanoドローンで大農場の農薬散布を自動化する

    最大荷重約200kg、小型航空機のようなPykanoドローンで大農場の農薬散布を自動化する

    積載量が小さい小型ドローンに代わり、3枚のプロペラを持ち、最大荷重約200kgである小型航空機のようなドローンで大農場への農薬散布を自動化するPyka。同社のEgretは、試験農場で何千マイルもフライトを行い、規制当局からの認可も取得している。 続きを読む

  • Microsoft AzureがFarmBeatsのプレビュー版を公開し農業テックに参入

    Microsoft AzureがFarmBeatsのプレビュー版を公開し農業テックに参入

    マイクロソフトがAzure FarmBeatsのパブリックプレビュー版を公開した。FarmBeatsは、センサー、衛星、ドローン、気象観測などさまざまなデータから農家に知見を提供しようとするサービスだ。 続きを読む

  • 小さな農家のための農産物マーケットプレイス運営のWeFarmが14億円を調達

    小さな農家のための農産物マーケットプレイス運営のWeFarmが14億円を調達

    米国時間10月29日、あらゆるコミュニティーの農家に焦点を当てた、そんなネットワークが成長を促進させる投資ラウンドを獲得した。 続きを読む

  • 農業を根本から考え直すCooks Ventureが約13億円を調達

    農業を根本から考え直すCooks Ventureが約13億円を調達

    「あなたは、あなたが食べているものが食べている存在です」と、Blue Apronの元COOで、現Cooks Ventureの共同創設者およびCEOのMatthew Wadiak氏は言う。 続きを読む

  • 土壌中のマイクロバイオームを分析して農家の生産性向上を目指すBiome Makersが4億円超を調達

    土壌中のマイクロバイオームを分析して農家の生産性向上を目指すBiome Makersが4億円超を調達

    農業は持続可能性の大きな問題に直面している。世界の人口は増え続けていて食糧の需要も増加しているが、それに伴い森林破壊や農薬、それに温室効果ガスの原因とされる一部の肥料の使用が増える危険性もある。 続きを読む

  • 植物の生育に必要な栄養素を効率よく散布する研究結果

    植物の生育に必要な栄養素を効率よく散布する研究結果

    カーネギーメロン大学は植物の根に重要な栄養素を供給する新しい方法を発見した。植物を育てる土壌にあらかじめ必要な成分が含まれている必要はない。 続きを読む