AI病理学

  • がんを専門とする計算病理学スタートアップのPaigeがシリーズB投資で75億円を調達

    がんを専門とする計算病理学スタートアップのPaigeがシリーズB投資で75億円を調達

    メモリアル・スローン・キャッターリングがんセンターから独立し2018年に創設されたスタートアップのPaigeは、AIを使ってがん病理学の理解を深め、高度ながん研究と治療に貢献している。Paigeは米国時間7月13日に、その成長過程の一里塚となるシリーズBラウンドでGoldman SachsとHealthcare Venture Partnersから約21億円を調達し、約75億円でクローズした。 続きを読む

  • 前立腺がん、皮膚がん、乳がんを「ほぼ完全な正確さ」で検出するAI画像検査システム

    前立腺がん、皮膚がん、乳がんを「ほぼ完全な正確さ」で検出するAI画像検査システム

    メモリアル・スローン・ケタリング癌センター(MSK)とメディカルテックとコンピューター病理学のスタートアップ、Paigeの研究者らは、査読付き医学誌Nature Medicineで新しい論文を発表した。 続きを読む