AI

  • 無料で使えるAI搭載ドラレコアプリ「スマートくん」公開、AI事業のニューラルポケットが開発

    無料で使えるAI搭載ドラレコアプリ「スマートくん」公開、AI事業のニューラルポケットが開発

    画像や映像を解析するAI技術の研究開発と事業化に取り組むニューラルポケットは12月5日、自社開発のAIを組み込んだドライブレコーダーアプリ「スマートくん」のiOS版を公開した。 続きを読む

  • AIによる食事内容追跡のFoodvisorが約5億円を調達

    AIによる食事内容追跡のFoodvisorが約5億円を調達

    フランスベースのスタートアップのFoodvisorは、アプリの200万ダウンロードを達成した後、資金調達ラウンドで450万ドル(約4億9000万円)を獲得した。Agrinnovationがラウンドをリードしており、またさまざまなビジネスエンジェルも参加している。 続きを読む

  • Microsoft AzureがFarmBeatsのプレビュー版を公開し農業テックに参入

    Microsoft AzureがFarmBeatsのプレビュー版を公開し農業テックに参入

    マイクロソフトがAzure FarmBeatsのパブリックプレビュー版を公開した。FarmBeatsは、センサー、衛星、ドローン、気象観測などさまざまなデータから農家に知見を提供しようとするサービスだ。 続きを読む

  • 希少疾患の治療法をAIで探るHealxが約61億円を調達

    希少疾患の治療法をAIで探るHealxが約61億円を調達

    AIを使って希少疾患の新しい治療法を探るスタートアップ、ヒーレックスがシリーズB投資で5600万ドル(約61億円)を調達した。 続きを読む

  • MITが米商務省のブラックリストに載った中国のAI企業SenseTimeとの関係を見直す

    MITが米商務省のブラックリストに載った中国のAI企業SenseTimeとの関係を見直す

    マサチューセッツ工科大学は今、エンティティリストに載せられた8つの中国企業のひとつであるSenseTimeとの関係を見直している。 続きを読む

  • IoT
    マイクロソフトのナデラCEOが「コンピューティングの未来はエッジにある」と講演

    マイクロソフトのナデラCEOが「コンピューティングの未来はエッジにある」と講演

    ナデラ氏は「コンピューティングはまずローカルで実行され、抽出されたデータがAIや機械学習のような強力な能力を必要とする処理のためにクラウドに送られる」からだとその意味を説明した。 続きを読む

  • ムスリム少数民族に対する人権侵犯に加担した8つの中国企業が米商務省の禁止リストに載る

    ムスリム少数民族に対する人権侵犯に加担した8つの中国企業が米商務省の禁止リストに載る

    中国のテクノロジー企業8社が、ウイグル族など中国の少数民族に対する人権侵犯に加担しているとして、合衆国政府のエンティティリストに載せられた。 続きを読む

  • その道約20年のベテラン医師が「内視鏡AI」で医療の発展目指す、AIメディカルサービスが約46億円を調達

    その道約20年のベテラン医師が「内視鏡AI」で医療の発展目指す、AIメディカルサービスが約46億円を調達

    内視鏡AIの研究開発に取り組むAIメディカルサービスは10月4日、グロービス・キャピタル・パートナーズなど複数の投資家より約46億円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • 機械学習と画像認識のAIで歯科医療を改善するVideaHealthが約5.6億円調達

    機械学習と画像認識のAIで歯科医療を改善するVideaHealthが約5.6億円調達

    若きスタートアップ、VideaHealthのCEO Florian Hillen氏が歯科医療の問題に取り組んだのは約3年前だった。 続きを読む

  • 現実さながらのフェイク映像を簡単に作れる「Xpression」が2.3億円調達、次世代CG技術の開発加速へ

    現実さながらのフェイク映像を簡単に作れる「Xpression」が2.3億円調達、次世代CG技術の開発加速へ

    ディープラーニングを用いた映像生成技術を開発するEmbodyMeは9月12日、複数の投資家を引受先とする第三者割当増資とNEDOの助成金により総額で約2.3億円を調達したことを明らかにした。 続きを読む