Airbnb

  • 人気C向けアプリはいかにして初期ユーザー1000人を獲得したのか?

    人気C向けアプリはいかにして初期ユーザー1000人を獲得したのか?

    C向けサービスがいかにして最初の1000人を獲得するかしっかりまとまってる記事は意外とありませんでした。レニーさんの記事は、実際に創業者のヒアリングを行い、過去インタビューを遡り、Twitterで質問したりした事実に基づく濃密なレポートです。 続きを読む

  • Airbnbが従業員1900人の解雇を発表、新型コロナで売上大幅減予想の中

    Airbnbが従業員1900人の解雇を発表、新型コロナで売上大幅減予想の中

    旅行者と宿泊先をマッチングする企業として知られるAirbnbは2020年5月5日午後、従業員の4分の1を解雇すると発表した。TechCrunchが確認したメモの中で、同社は売上の減少とコスト削減の必要性を挙げた。 続きを読む

  • Airbnbが契約社員をレイオフ、夏のインターンシップもキャンセルへ

    Airbnbが契約社員をレイオフ、夏のインターンシップもキャンセルへ

    Airbnbは派遣社員との契約を早期に終了し、夏のインターンシップを延期したとProtocolが報じている。Airbnbの契約社員は、物件検査員やホームコンサルタントなどを務めている。 続きを読む

  • Airbnbが新型コロナ対応で1080億円の協調融資を確保

    Airbnbが新型コロナ対応で1080億円の協調融資を確保

    Airbnb(エアビーアンドビー)は機関投資家からの協調融資で10億ドル(約1080億円)を確保したと発表した。 続きを読む

  • Airbnbが新たに調達した資金で長期滞在の機能を強化

    Airbnbが新たに調達した資金で長期滞在の機能を強化

    Airbnbは、ビジネスの成長部門に投資しようと、ランディングページに手を加え、長期滞在にフォーカスした新機能を導入する。 続きを読む

  • Airbnbが新型コロナ禍の中、未公開株式投資会社から1000億円超を調達

    Airbnbが新型コロナ禍の中、未公開株式投資会社から1000億円超を調達

    Airbnbは米国時間4月6日、未公開株式投資会社であるSilver LakeとSixth Street Partnersから、融資および株式で10億ドル(約1090億円)調達したと発表した。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、同社のオンライン宿泊マーケットプレイスが急激に落ち込む中でのことだ。 続きを読む

  • Airbnbが新型コロナで予約をキャンセルされたホストのために270億円の救援金を準備

    Airbnbが新型コロナで予約をキャンセルされたホストのために270億円の救援金を準備

    Airbnbは、COVID-19の影響を受けたホストへの2億5000万ドル(約272億円)の支援を発表した。3月14日から5月31日までチェックインを予約していたゲストがキャンセルした場合、Airbnbが通常のポリシーにより受け取るはずだった金額の25%をホストに支払う。Airbnbによるとこのポリシーは、その期間のすべてのキャンセルに対して遡及的に適用される。 続きを読む

  • Airbnbが新型コロナ対策でキャンセル料なしの対象を拡大するポリシーを発表

    Airbnbが新型コロナ対策でキャンセル料なしの対象を拡大するポリシーを発表

    世界的に新型コロナウイルス感染が拡大している現状への対応として、Airbnbは特定のエリアの予約に限定してキャンセル料を課さないとしている情状酌量ポリシーのアップデートを発表した。Airbnb経由で中国本土、韓国、イタリア、米国の宿を予約していた客は手数料なしでキャンセルできる。 続きを読む

  • LinkedIn創業者は著書「BLITZSCALING」で猛スピードこそ生き残りへの道と主張

    LinkedIn創業者は著書「BLITZSCALING」で猛スピードこそ生き残りへの道と主張

    LinkedInの共同ファウンダー、Greyrock Partnersのパートナーとしてシリコンバレーを代表する投資家でもあるリード・ホフマン氏はTechCrunch読者にも名前をよく知られた人物だろう。 続きを読む

  • ハイテク業界の醜悪な真実を明らかにしたTechCrunchの2019年調査レポートトップ10

    ハイテク業界の醜悪な真実を明らかにしたTechCrunchの2019年調査レポートトップ10

    2019年のTechCrunchによる調査レポートでも、Facebookがティーンエージャーをスパイしていたこと、Twitterアカウントがテロリストに乗っ取られたこと、そして児童性的虐待の画像がBingとGiphyで発見されたことなどが、とりわけ醜悪な真実になる。安全性の欠陥や力の濫用が及ぼす影響が、ますます大きくなる中で、ハイテク業界にはこれまで以上に多くの監視の目を必要だ。 続きを読む