airbus

  • 「ハードウェアのためのGitHub」のValispaceが人工呼吸器開発を支援

    「ハードウェアのためのGitHub」のValispaceが人工呼吸器開発を支援

    自社を「ハードウェアのためのGitHub」と称するValispaceが、オープンソースで人工呼吸器のソリューションを開発する取り組みと連携している。 続きを読む

  • エアバスVoomがUber Copter競合となるヘリコプターサービスを米国で年内に提供へ

    エアバスVoomがUber Copter競合となるヘリコプターサービスを米国で年内に提供へ

    米国のエアタクシーマーケットが加熱している。FastCompanyの報告によれば、航空業界大手のAirbus(エアバス)が2019年に米国で、オンデマンドのエアトラベルサービスを開始するようだ。 続きを読む

  • 主翼にも乗客を載せて燃費を20%向上するジェット機をKLMオランダ航空などが開発中

    主翼にも乗客を載せて燃費を20%向上するジェット機をKLMオランダ航空などが開発中

    その航空機は、外観がまず独特で、これまでの筒型の胴体スタイルを捨てて、1/4サイズにカットしたピザのような形、胴体が飛行機の主翼にまで延びたような形をしている。 続きを読む

  • Audi、Italdesign、Airbusの3社が自動運転飛行タクシーを設計し実動プロトタイプをテスト

    Audi、Italdesign、Airbusの3社が自動運転飛行タクシーを設計し実動プロトタイプをテスト

    ドイツの自動車メーカーAudi, ヨーロッパの航空機メーカーAirbus, そして自動車専門のイタリアのデザイン企業Italdesignの3社が、火曜日(米国時間11/27)に、彼らの未来のビジョンの縮尺バージョンをプレゼンした。 続きを読む

  • 空飛ぶタクシーのLilium、AudiとAirbusの元幹部を招聘

    空飛ぶタクシーのLilium、AudiとAirbusの元幹部を招聘

    未来的な空飛ぶタクシーサービスのための垂直離着陸機を開発するLiliumは、AirbusとAudiから大物の元幹部を招き入れ、テクノロジーを向上し市場にサービスを提供する準備を進めている。 続きを読む

  • Airbusは空飛ぶ電動タクシーを2018年に供用開始する、最初は人間が操縦

    Airbusは空飛ぶ電動タクシーを2018年に供用開始する、最初は人間が操縦

    Airbusは空飛ぶタクシーを来年実用化する、CityAirbusのチーフエンジニアMarius Bebeselが今週、それを確認した。今のところスケジュールは順調で、CityAirbusは、この乗り物の推進力となる電力系の地上テストに成功した。 続きを読む

  • エアバスが、モジュラー式空飛ぶ自動運転車のコンセプトを披露

    エアバスが、モジュラー式空飛ぶ自動運転車のコンセプトを披露

    Airbusは以前から無人飛行機のVahanaを話題にしてきたが、今年のジュネーブ・モーターショウではItaldesignとの協同で作ったコンセプトデザインを披露した。デモ車両はモジュラー構造で、地上でも空中でも移動できるように作られている。そしてAirbusはこれを拡大する都市交通渋滞の解決案の一つだと考えている。 続きを読む

  • Airbusは、無人飛行タクシーを本気で考えている

    Airbusは、無人飛行タクシーを本気で考えている

    Fordは自動運転車によるオンデマンドタクシーを2021年までにスタートさせたいようだが、それもAirbusに基準に照らせばスケールが小さい ― この航空機メーカーは、都市部の高まる交通渋滞問題を解決すべく、無人〈飛行〉タクシーを現実のものにしようとしている。 続きを読む

  • 肉眼で見えないドローンを見つけるDedroneがAirbusと組んで空港など広い領域でドローン発見に一役

    肉眼で見えないドローンを見つけるDedroneがAirbusと組んで空港など広い領域でドローン発見に一役

    飛んではいけない、あるいは飛んでいてほしくない空域を飛んでるドローンを、人間の肉眼以上の能力で検出するDedroneが、民間航空機のメーカーAirbusの電子部門とパートナーして、広い空間や遠い場所におけるドローン検出機能を提供することになった。 Dedroneの技術がAirbusの長距離レーダー技術と統合される。後者は地上のセンサーと、クラウド上のデータ分析/報告ソフトウェアにより、構成されている。 そのレーダーと(それからのデータ)により、Dedroneのドローン検出システムのレンジが、無障碍の空間では最大3キロメートルまで拡大される… 続きを読む