飛行機 / 旅客機(用語)

飛行機や旅客機に関する記事一覧

  • 初心者でもタッチスクリーンをスワイプして飛行機を操縦できるようにするSkyryseが約228億円調達

    初心者でもタッチスクリーンをスワイプして飛行機を操縦できるようにするSkyryseが約228億円調達

    創業5年目のスタートアップであるSkyryseは、2億ドル(約228億円)のシリーズB資金を調達し、飛行自動化技術スタックであるFlightOSの開発を進めている。FlightOSは、経験豊富なパイロットが新しいタイプの航空機を操作するのに役立つだけでなく、まったくの初心者でもすぐに飛行のコツを学ぶことができると同社は述べている。 続きを読む

  • 前人未到の自動操縦貨物飛行機運行を目指してReliable Roboticsが114億円を調達

    前人未到の自動操縦貨物飛行機運行を目指してReliable Roboticsが114億円を調達

    世界のある地域から別の地域へ貨物を空輸する場合、普通は2カ所でパイロットが必要となる。離陸と着陸の部分だ。Reliable Roboticsは、この「飛行機にはパイロットが必要だ」という厄介な問題を解決することを目指している。 続きを読む

  • Googleフライトが航空便それぞれの炭素排出量の推計値を計算

    Googleフライトが航空便それぞれの炭素排出量の推計値を計算

    米国時間10月6日、Googleがに、フライトの環境への影響を示す新機能を立ち上げた。検索結果で出るほとんどすべてのフライトの炭素排出量の推計が見られるようになる。その推計値は価格の隣にあり、フライトが続く間表示される。 続きを読む

  • NASAが航空機用電動推進技術の開発で民間2社に助成金2812億円

    NASAが航空機用電動推進技術の開発で民間2社に助成金2812億円

    NASA(米航空宇宙局)は米国企業2社を選び、航空機の電動推進技術の開発を推進する。この技術を2035年までに米国航空戦隊に導入することが目標だ。選ばれたGE Aviation(ジーイー・アビエーション)とMagnix(マグニクス)の2社は、今後5年間にわたって任務を遂行する。その中には地上および飛行試験デモンストレーション、NASAで電動推進系に焦点を合わせる他のプロジェクトとの協業、データ分析、およびフライトテスト設備などが含まれている。 続きを読む

  • 持続可能な低炭素ジェット燃料開発のAlder Fuelsに航空大手UnitedとHoneywellが出資

    持続可能な低炭素ジェット燃料開発のAlder Fuelsに航空大手UnitedとHoneywellが出資

    航空産業は脱炭素化が難しいことで悪名を馳せている。これは部分的には航空機が石油ベースの燃料を使って飛んでいるからだ。Alder Fuelsはそうした状況を変えたいと思っている。 続きを読む

  • Wrightが大型機の動力源になる2メガワット電動旅客機用モーターの試験を開始

    Wrightが大型機の動力源になる2メガワット電動旅客機用モーターの試験を開始

    自動車業界と同様に、航空業界も電動化を目指している。だが、バッテリー駆動のパワーユニットで空を飛ぶことは、地上を走るよりも難しい。Wrightは、小型機以上の規模で電動化を実現しようとしている。 続きを読む

  • Dawn Aerospaceが準軌道スペースプレーンのテスト飛行を5回完了

    Dawn Aerospaceが準軌道スペースプレーンのテスト飛行を5回完了

    ロケット打ち上げの分野が急速に混み合ってきている一方で、準軌道宇宙飛行機を開発する企業はそうでもない。つまり、Dawn Aerospaceのようなスタートアップが成長する余地は大きいという意味だ。 続きを読む

  • Craft Aerospaceの新型旅客輸送用VTOL航空機が持つ可能性

    Craft Aerospaceの新型旅客輸送用VTOL航空機が持つ可能性

    空の移動手段と言えば現在でもエアタクシーが挙げられるかもしれないが、航空旅行業界を進化させる方法は1つではない。350万ドル(約3億8330万円)の資金を調達したCraft Aerospaceは、まったく新しい垂直離着陸航空機で空の移動を実現することを目指しており、同社では都市間の移動をよりシンプル、高速、安価、かつ環境に優しくできると考えている。 続きを読む

  • スウェーデンの電動航空機スタートアップHeart Aerospaceが200機を受注

    スウェーデンの電動航空機スタートアップHeart Aerospaceが200機を受注

    最大100機の追加購入オプションを含むこの取引は、3500万ドル(約38億円)のシリーズA資金調達ラウンドとともに発表された。本ラウンドはビル・ゲイツ氏のBreakthrough Energy Ventures、ユナイテッド航空のベンチャー部門、およびMesaが主導し、シード投資家のEQT VenturesとLowercarbon Capitalも参加した。 続きを読む

  • 55機のキングエア航空機に自律飛行機能をステルスモードを脱したMerlin Labsが搭載

    55機のキングエア航空機に自律飛行機能をステルスモードを脱したMerlin Labsが搭載

    Merlin Labsの創業者であるマット・ジョージ氏は、バーモント州で飛行機の操縦を学んでいた時、バーリントン空港に入ってきたJetBlueの航空機とあと少しで事故になる危機一髪の体験をした。それは「不安な体験」だったと、同氏はTechCrunchに語った。しかし、この体験は彼の心にずっと残ったという。 続きを読む