AirPower

  • 幻となったアップルの無線充電器AirPowerのスペックをほぼ満たすLiberty Wireless Charger

    幻となったアップルの無線充電器AirPowerのスペックをほぼ満たすLiberty Wireless Charger

    Apple(アップル)がAirPowerワイヤレス充電マットの開発をキャンセルしたのは、同社の数少ない派手な失敗の1つだった。だがこのキャンセルされた製品の背後にある、接続のために一々手を煩わす必要のない、複数デバイスを充電可能なワイヤレスパッド、というコンセプトは魅力的なままだ。このたび、ワイヤレス充電アクセサリメーカーのZensが、Liberty Wireless Chargerという名前のデバイスを開発した。この製品はAirPowerができると主張していたもののすべてを提供しているわけではないが、現在のワイヤレス充電器からは大きく一… 続きを読む

  • アップルのAirPowerがNomadの新製品Base Station Proとして蘇る?

    アップルのAirPowerがNomadの新製品Base Station Proとして蘇る?

    アクセサリメーカーNomadは、アップルやその他のQi互換デバイスで使えるワイヤレスチャージャーの新製品、Nomad Base Station Pro発売する予定だ。表面に置いた3台までのデバイスをまとめて充電できる。 続きを読む

  • MophieのAirPower物マネ品をAppleが公認

    MophieのAirPower物マネ品をAppleが公認

    iPhoneとApple Watch、AirPodsの同時充電を目指して開発が進められ、結局は開発中止になったApple(アップル)のAirPower。その模造品は市場にあふれている。 続きを読む

  • 開発中止になったAirPower、99ドルの類似品なら今すぐ手に入る

    開発中止になったAirPower、99ドルの類似品なら今すぐ手に入る

    AppleのAirPowerと、よく似たコピー商品AirUnleashedとの間には、いつくか決定的な違いがある。最も顕著な違いは、2つのうち1つだけが実際に購入可能であることだ。 続きを読む

  • AirPodsを発売した数日後にAirPowerをキャンセルしたアップル

    AirPodsを発売した数日後にAirPowerをキャンセルしたアップル

    ワイヤレス充電が可能な199ドル(日本では2万2800円)のAirPodsヘッドフォンを発売してからわずか9日後、やがて発売されるはずだったApple純正AirPower誘導充電マットとの互換性をウリにしていたのもむなしく、AppleはAirPowerを完全に破棄した。 続きを読む

  • アップルが野心的ワイヤレス充電マットAirPowerをキャンセル、品質が水準を満たせない

    アップルが野心的ワイヤレス充電マットAirPowerをキャンセル、品質が水準を満たせない

    AppleはAirPowerの開発をキャンセルした。ハードウェア・エンジニアリング担当上級副社長、Dan RiccioはTechCrunch宛メールで次のように説明している。 続きを読む

  • Appleがニュージーランドのワイヤレス充電専門企業を買収、この技術の‘自社化’にこだわる理由とは

    Appleがニュージーランドのワイヤレス充電専門企業を買収、この技術の‘自社化’にこだわる理由とは

    Appleの最新のM&AといえばニュージーランドのPowerbyProxiだが、同社はこれによって、今年iPhone 8とiPhone Xでデビューしたワイヤレス充電技術に、いよいよ本腰を入れようとしている。 創業10年のPowerbyProxiはオークランド大学で生まれ、ワイヤレス充電と電力転送製品にフォーカスしている。それにはワイヤレスのコントロールシステムやワイヤレスセンサー、ロボティクスなども含まれ、それにもちろんワイヤレスの電池充電というApple向きの分野もある。 続きを読む

  • Apple、ワイヤレス充電パッドAirPowerを来年発売

    Apple、ワイヤレス充電パッドAirPowerを来年発売

    AppleはAirPowerという名前の新しい充電パッドを開発中だ。今日発表されたiPhone 8またはiPhone XとApple Watch、さらにはAirPodsの新しい無線充電ケースも載せることができて、ケーブル無しで3つ同時に充電できる。ただし、手に入れるには2018年まで待たなくてはいけない ―― Appleは来年早くに発売すると言った。 続きを読む