akimbo

  • Akimbo、$56Mもろともデッドプールに入水

    Akimbo、$56Mもろともデッドプールに入水

    オンライン動画プロバイダ「Akimbo」が暖簾を下げた。ついぞ企業アイデンティティーも確立せぬままの撤退である。$4M(400万ドル)の調達ラウンド完了からまだ3ヶ月も経ってないことを思うと、驚きの展開である。 Akimboは2002年、ハードウェアベースのVODカンパニーとして生まれた。ハードドライブ実装のセットトップボックスを使って、ユーザーは200ものコンテンツ提携先から各種番組がダウンロードできる。2005年10月には会社の方向転換を図り、「Akimbo for Media Center」を発表。これでハードウェア抜きに互換マシンのプ… 続きを読む

  • Akimbo、再度リニューアル、新たに資金も調達

    Akimbo、再度リニューアル、新たに資金も調達

    オンラインビデオサイトのAkimboが再度リニューアルしてホワイトレーベル〔相手先ブランドのOEM〕ビデオサービスに生まれかわった。さらに新たに資金も調達している。 Akimboの新しいホワイトレーベル・ビデオサービスには広告掲載システムや広告ベース、トラフィックベース、有料購読ベース、ダウンロード売り切り、ダウンロードDVD焼きこみ、時間従量制、ギフトカード、料金アカウントなど各種のビジネス・モデルがサポートされている。 資金調達ラウンドの投資家はDraper Fisher Jurvetson、Kleiner Perkins Caufield、… 続きを読む

  • EchoStarがSling Media買収、その狙いとは?

    EchoStarがSling Media買収、その狙いとは?

    EchoStarが$380M(3億8000万ドル)を投じてSling Mediaを買収したことで巷では「テレビ端末の会社はスタンドアローンの独立経営で存続できるのか?」という疑問が再び持ち上がっている。スタートアップの分野から参入を図る企業に対し歴史はとても冷たい。 Akimboは誰か使ってるだろうか? TiVoもTiVoなりに浮き沈みが激しい(専ら沈んでばかりだが)。テククノロジー大手もテレビとコンピュータの融合には取り組んでおり、Apple TVもそうなら、マイクロソフトも何年も前からやっているが消費者にはあんまり広く受け入れていない。… 続きを読む