Alphabet / アルファベット(企業)

Alphabetは、2015年にGoogleおよびグループ企業の持株会社として設立された企業。

  • Alphabet傘下のLoonがケニアで気球によるインターネットの提供を開始

    Alphabet傘下のLoonがケニアで気球によるインターネットの提供を開始

    AlphabetのLoon(ルーン)がケニアで正式にインターネットサービスの提供を開始した。Loonの高度飛行気球を活用した大規模な商業展開は今回が初めてとなる。気球は地球の成層圏を漂う通信サービス基地局として機能する。 続きを読む

  • Alphabetの第1四半期売上は予想を上回るも、3月に広告収入が大きく鈍化

    Alphabetの第1四半期売上は予想を上回るも、3月に広告収入が大きく鈍化

    Alphabetの決算報告の中身は、一種の警告のようだ。CFOのRuth Porat(ルース・ポラット)氏は、四半期後半の落ち込みについて「第1四半期の最初の2カ月は好調だったが、3月は広告収入がかなり鈍化した」と述べている。 続きを読む

  • 成層圏上の気球からインターネット接続を提供するLoon、初めての商用化をケニアで

    成層圏上の気球からインターネット接続を提供するLoon、初めての商用化をケニアで

    Loonはこのほど、その気球の初めての商用バージョンを、2週間前にケニア政府から得られた承認により、ケニアの人びとのインターネット接続のためにローンチした。 続きを読む

  • Alphabet傘下のVerilyが新型コロナ検査ツールキットを公開

    Alphabet傘下のVerilyが新型コロナ検査ツールキットを公開

    Alphabet傘下の医療科学会社であるVerilyの新型コロナウイルス検査プログラムは、当初トランプ大統領の誤解を招く発言で水を差されたが、このほどVerilyはカリフォルニア州におけるコミュニティーベースの新型コロナウイルス検査プロジェクトを設立、ドライブスルー検査場を展開した。 続きを読む

  • Alphabet傘下のVerilyがカリフォルニアで新型コロナスクリーニングサイトのパイロット開始

    Alphabet傘下のVerilyがカリフォルニアで新型コロナスクリーニングサイトのパイロット開始

    Alphabet傘下のヘルステクノロジー企業Verilyが新型コロナウイルスのスクリーニングサイトを立ち上げた。サイトは3月16日朝から運用が開始されており、現在のところ、サイト利用者と医療分野の研究機関をつなぐポータルとして機能している。 続きを読む

  • 自動運転のWaymoが初の外部資金調達で約2430億円を確保

    自動運転のWaymoが初の外部資金調達で約2430億円を確保

    以前はGoogleの自動運転車プロジェクトで、現在はAlphabet傘下となっているWaymo(ウェイモ)は3月2日にSilver Lake、カナダ年金制度投資委員会、Mubadala Investment Companyがリードするラウンドで約2430億円を調達したと発表した。 続きを読む

  • AlphabetのLoonとソフトバンクのHAPSMobileによる成層圏ネットワーク構想に世界的大企業が続々参加

    AlphabetのLoonとソフトバンクのHAPSMobileによる成層圏ネットワーク構想に世界的大企業が続々参加

    Alphabetの高高度気球企業Loonと、SoftBankの子会社で成層圏にグライダーを飛ばすHAPSMobileが率いる、全業界的企業連合が、高高度の送受信メカニズムを利用するネットワーク接続のスタンダードと関連技術を開発していく。HAPS Allianceとよっバレるこの企業連合にはAirbusの防衛および宇宙部門やBharti Airtel、China Telecom、Deutsche Telekom、Ericsson、Intelsat、Nokia、SoftBank、Telefonicaなどが参加している。 続きを読む

  • 気球ネットワーク開発のグーグル系Loonとの無人航空機開発のソフトバンク系HAPSMobileが空飛ぶ基地局を実現

    気球ネットワーク開発のグーグル系Loonとの無人航空機開発のソフトバンク系HAPSMobileが空飛ぶ基地局を実現

    高高度だから、いちばん高い地上基地局と比べても、それがカバーする圏域は大きい。今日本全体をカバーするために何万本もの地上基地局が使われているが、この方法なら40機のソーラー航空機で足りる。 続きを読む

  • Alphabetの2019年純利益は広告が好調で1.2兆円

    Alphabetの2019年純利益は広告が好調で1.2兆円

    Alphabet(アルファベット)は2月3日、2019年第4四半期と2019年通年決算を発表した。2018年に393億ドル(約4兆3000億円)だった売上高は2019年に461億ドル(約5兆10億円)へと成長。純利益も2018年の89億ドル(約9670億円)から2019年は107億ドル(約1兆1600億円)に増えた。 続きを読む

  • Amazonが四半期決算発表でついに1兆ドルクラブ入り、Alphabetは外れる

    Amazonが四半期決算発表でついに1兆ドルクラブ入り、Alphabetは外れる

    1月31日の四半期決算ラッシュを受けて、Amazonの株価は2月1日の朝、寄り付きから上げ始め、時価総額がついに1兆ドルを超えた。 続きを読む