Amazon Web Services

  • AWSがパリに新リージョンを開設、フランスのデータプライバシー法への準拠が容易に

    AWSがパリに新リージョンを開設、フランスのデータプライバシー法への準拠が容易に

    Amazon Web ServicesがEUの顧客のために、フランスのパリに新しいリージョンを立ち上げた。これはドイツ(フランクフルト)、アイルランド、イギリス(ロンドン)に次ぐヨーロッパ第四のリージョンだ。パリ・リージョンのアドバンテージは、フランスのテクノロジー企業にとってデータプライバシーの規制に準拠しやすいことだ。 続きを読む

  • AWSのAppSyncでアプリケーションのオフライン利用が可能に

    AWSのAppSyncでアプリケーションのオフライン利用が可能に

    【抄訳】 Webホスティングサービスの王者の勝利を誇示するような大集会が、今年もラスベガスで行われている。そのAmazon Web Servicesのデベロッパーカンファレンスre:Inventでは今日(米国時間11/28)、このサービスがホストしているアプリケーションをオフラインでも使える新しい機能、AppSyncが発表された。 続きを読む

  • AWSのLambdaファンクションをエッジロケーションで実行できるためのツールLambda@Edge

    AWSのLambdaファンクションをエッジロケーションで実行できるためのツールLambda@Edge

    今日(米国時間12/1)Amazonは、Lambda@Edgeと呼ばれるツールを公開した。デベロッパーはこのツールにより、Lambdaファンクションをコンテンツデリバリネットワーク(CDN)上のエッジロケーションで実行でき、プロセスの作成に要する時間を短縮できる。 Lambda@Edgeを使ってデベロッパーは処理をエッジロケーションで実行でき、元のソースに戻る必要がない。これらのファンクションはHTTPリクエストを検査でき、それらに対するアクションを行う。アプリケーションの一部に関し、情報の物理的な旅程を短くすることによって、AWS La… 続きを読む

  • AWSがストレージの料金を値下げ、コールドストレージはデータ取り出しに新たなオプションを提供

    AWSがストレージの料金を値下げ、コールドストレージはデータ取り出しに新たなオプションを提供

    Amazon Web Services(AWS)が今日(米国時間11/22)、一部のストレージサービスの大幅値下げを発表した。また、コールドストレージサービスGlacierを利用するデベロッパーのために、新しい機能をいくつかローンチした。 続きを読む

  • AWSの新サービスKinesis AnalyticsはリアルタイムストリーミングデータをSQLで分析できる

    AWSの新サービスKinesis AnalyticsはリアルタイムストリーミングデータをSQLで分析できる

    AmazonのクラウドコンピューティングプラットホームAWSが今日(米国時間8/11)、リアルタイムのストリーミングデータをSQLのクェリで容易に分析できるツール、Kinesis Analyticsを立ち上げた。Kinesis Analyticsは、AWSのリアルタイムストリーミングデータプラットホームKinesisを利用するユーザー向けだ。デベロッパーは、Kinesisを使ってストリーミングデータを取り込み、それを自分たちのアプリケーションで使用する。 Kinesis Analyticsを使えば、入ってくるデータを継続的なSQLクェリでフィ… 続きを読む

  • AWSのElastic File Systemが正式運用に(一部地域のみ)

    AWSのElastic File Systemが正式運用に(一部地域のみ)

    一年以上前、AmazonのAWSクラウドコンピューティング部門は、Amazon Elastic File System (EFS)をベータ公開すると発表した。 続きを読む

  • AWSが日/週/月ベースの予約制インスタンスを割引料金でローンチ

    AWSが日/週/月ベースの予約制インスタンスを割引料金でローンチ

    AmazonのクラウドコンピューティングプラットホームAWSが今日(米国時間1/13)、新しい料金制を導入し、それを使うと、一日に一定の時間だけ、とか、毎月一定の日だけとかに自分のクラウドアプリケーションを動かす必要のあるユーザが、AWSのサービスをより使いやすい料金で利用できる。 続きを読む

  • AWSは韓国に次いでイギリスにも新たにリージョンを設ける意向、今後はインドにも

    AWSは韓国に次いでイギリスにも新たにリージョンを設ける意向、今後はインドにも

    Amazon Web Services(AWS)このところ、サービス供用地域の拡大にますます熱心だ。AmazonのCTO Werner Vogelsは今日(米国時間11/6)、2016年の終わりないし2017年の初めにイギリスリージョン(UK region)を立ち上げる、と発表した。 それはEUでは3つ目のリージョンで、最初はかなり長年、ダブリンのデータセンターが、ヨーロッパのデベロッパがAWSを使って同地域内にアプリケーションをホストするための、唯一の選択肢だった。そして昨年AWSは、ドイツのフランクフルトを拠点とするリージョンを初めて立ち上げ… 続きを読む

  • APIの作成と管理が楽になるツールAmazon API GatewayをAWSが提供開始

    APIの作成と管理が楽になるツールAmazon API GatewayをAWSが提供開始

    Amazon Web Services(AWS)が今日(米国時間7/9)、APIの作成と管理を容易にするためのツールAmazon API Gatewayを発表した。 今日では多くの企業が、API(application programming interface)を介して、他のアプリケーションのバックエンド機能を利用している。しかしAPIの作成と管理、セキュリティの確保、正しい動作の維持などAPI関連の業務はAPI提供企業にとって大きな負担になる。Amazonは、これらの業務をクラウドからのサービス、いわばAPI as a Serviceとして提供するこ… 続きを読む

  • Amazon Web ServicesはデータウェアハウスサービスRedshiftの基盤としてデータ移行プラットホームAmiatoを買収していた

    Amazon Web ServicesはデータウェアハウスサービスRedshiftの基盤としてデータ移行プラットホームAmiatoを買収していた

    Amazon Web Services(AWS)は、2012年にローンチしたRedshiftにより、サービスのリーチをデータウェアハウジングやビッグデータ分析の分野にも広げてきた。CTOのWerner Vogelsによると、それはAWSの中でも今いちばん急成長のプロダクトだ。このRedshiftには、AWS生え抜きの技術者たちだけでなく、買収によって獲得した人材も開発に関わっていたことが、このほど明らかになった。 続きを読む

  • Amazon、EC2用ファイルストレージサービス”EFS”を発表

    Amazon、EC2用ファイルストレージサービス”EFS”を発表

    本日(米国時間4/9)サンフランシスコで行われたAWS Summitで、Amazonは新しいストレージサービス、Amazon Elastic File System (EFS)を発表した。AWSで複数のEC2バーチャルマシンを横断した共通ファイルシステムを、NFSv4標準プロトコルを通じて提供する。この新サービスのプレビュー版は、「近い将来」公開される。 続きを読む

  • Google、オープンソースのクラウド横断ベンチマークツールを公開

    Google、オープンソースのクラウド横断ベンチマークツールを公開

    Googleは今日(米国時間2/11)、オープンソースのクラウド用ベンチマークツール、PerfKitを公開した。Googleの言葉を借りれば、これは「クラウドサービスを測定、比較の標準となるベンチマークを定義するための取り組み」だ。現在PerfKitツールは、Google自身のCompute Engine、AmazonのAWSおよびMicrosoft Azureの各クラウドサービスをサポートしている。Googleいわく、このプロジェクトのために30人以上の研究者、企業、ユーザーと協力し、その中にはARM、Canonical、Ciso、In… 続きを読む

  • AWSの脆弱性に起因するセキュリティ問題を自動的に検出/報告するJumpCloud

    AWSの脆弱性に起因するセキュリティ問題を自動的に検出/報告するJumpCloud

    JumpCloudが今日(米国時間9/9)のTechCrunch Disrupt San Franciscoで、クラウドサーバ、中でもとくにAmazon Web Services(AWS)の深刻な脆弱性から身を守るための新しい方法をローンチした。 これまで非公開ベータだったこのサービスは、マシンデータを分析する新しい方法によって、ユーザのクラウド展開に関する通知やアラートを生成する。 続きを読む

  • AWSにRedisのサポートが加わる; スケーラブルなデータストアではMicrosoftも頑張っているが…

    AWSにRedisのサポートが加わる; スケーラブルなデータストアではMicrosoftも頑張っているが…

    Amazon Web ServicesにRedisのサポートが加わった。Redisはインメモリのキー-ヴァリューストアで、優れたキャッシング技術と複数のデータタイプのサポートでデベロッパに人気がある。このニュースはAWSのユーザにとっては重要だが、しかしAzureが昨日、独自のデータストアを発表したばかりだから新鮮さには欠ける。 続きを読む

  • AWSのサーバー問題で、Instagram、Vine、Airbnb、IFTTTらがダウン

    AWSのサーバー問題で、Instagram、Vine、Airbnb、IFTTTらがダウン

    休日の残った時間、みんなが何をしていたのかをInstagramやVineで見て過ごそうとしてた人たちは、おそらく苦労したことだろう。どちらのサービスも1時間以上停止していた。おそらく、Amazon Web Servicesの問題のために。 続きを読む

  • AWSがアプリのリクエストがロードバランサを通っても元のクライアント情報が失われないサービスを開始

    AWSがアプリのリクエストがロードバランサを通っても元のクライアント情報が失われないサービスを開始

    Amazon Web Services(AWS)に、ユーザにアプリケーションのトラフィック(ビジター数)が分かるためのサービスが加わった。ただしアプリケーションがAWSのElastic Load Balancer(ELB)を通っていて、IPアドレスが分かる場合のみだが。 それはAWSに、いわゆる”Proxy Protocol Version 1“のサポートが加わったということだ。 続きを読む

  • オープンシステムの旗手Googleがクラウドサービスのロックインは当面必要と言い訳

    オープンシステムの旗手Googleがクラウドサービスのロックインは当面必要と言い訳

    Googleの技術者の一人が、Google+の彼のページで、ロックインのまったくないクラウドプラットホームはありえない、と結論していた。たしかにそれはそうだけど、でもそんなことをわざわざ言うのには理由がある。クラウドのユーザたちのあいだで議論になっているこのロックインというホットな話題に関しては、Googleも他社もあまり変わらない、とGoogleは言いたいのだ。 続きを読む

  • AmazonがEC2の専用インスタンスを最大80%値下げ

    AmazonがEC2の専用インスタンスを最大80%値下げ

    Amazonが今日(米国時間7/10)、クラウドコンピューティングプラットホームEC2の専用インスタンスを最大で80%値下げする、と発表した。たとえば、EC2の通常の料金にプラスして課金されるリージョン専用料金は、1時間あたり10ドルから2ドルに値下げされる。これは、クラウドサービスの薄利多売を常とするAmazonとしても、相当大幅な値下げだ。Amazonによると今日の値下げは、“コスト削減の方法を絶えず模索し、その節約効果を顧客に還元する弊社の伝統の”一環だそうだ。新価格の適用開始は7月1日にさかのぼり、すべ… 続きを読む

  • AWSにRed Hat Enterprise Linuxの無料利用枠, 関係データベースの利用料金値下げ

    AWSにRed Hat Enterprise Linuxの無料利用枠, 関係データベースの利用料金値下げ

    Amazon Web Services(AWS)にRed Hat Enterprise Linux(RHEL)の無料利用枠が加わった。その発表と同じ夜(米国時間6/10)、関係データベースサービスの料金値下げも発表された。 AWSによるRed Hat Enterprise Linuxの提供は2007年に始まった。またAWSの無料利用枠は2010年に設けられた。今回は両者の組み合わせにより、無料利用枠の利用有資格者は750時間、RHELを無料で使用できる。 続きを読む

  • Amazon Web Services(AWS)がNode.jsによるSDK/オブジェクトライブラリを提供

    Amazon Web Services(AWS)がNode.jsによるSDK/オブジェクトライブラリを提供

    Node.jsは今や、アプリケーションを開発するとき誰もが使っている。それはサーバサイドのJavaScriptだ。比較的おぼえやすいので、とても人気がある。今回はAmazon Web Services(AWS)が、Node.jsによるSDKをリリースし一般公開した。 あるブログ記事によると、AWSは12月のプレビューリリース以降、さらに機能を増強した。新しい機能は、バウンドパラメータ、ストリーム、EC2インスタンスのIAM roles、バージョンロッキング、プロキシなどだ。AWSによると、このSDKはAWSのサービス(Amazon S3, Ama… 続きを読む