Amazon / アマゾン(企業)

Amazonは、アメリカのテクノロジー企業、並びに同社が運営するECサイトの名称。

  • アマゾンの最新Echo Buds 2は恥知らずなアップルの模造品

    アマゾンの最新Echo Buds 2は恥知らずなアップルの模造品

    これはただの怠慢だ。これがAmazonの最新ハードウェア製品で、デザインを一新したAlexaのワイヤレスイヤフォンだ。TechCrunchはこの発表を取り上げ、スペックと機能を紹介した。もちろん動作も問題ないだろうが、そのケースのデザインはAppleのAirPod Proをそっくり真似ている。 続きを読む

  • アマゾンのAlexaイヤフォンの新モデルEcho Buds2はさらに小型化、ワイヤレス充電対応

    アマゾンのAlexaイヤフォンの新モデルEcho Buds2はさらに小型化、ワイヤレス充電対応

    Amazonが最初のEcho Budsを発売してから、約1年半になる。TechCrunchは製品をレビューしたが、その評価はそれなりだった。Echo Budsは若干安かったものの、この分野では厳しい競争に晒されており、正直なところ、Alexaを頭部に装着するというアイデアは、私にとってあまりエキサイティングなものではなかった。 続きを読む

  • アマゾンの労組結成賛否を問う従業員投票結果を受け米労組会長が「再選挙の可能性が高い」と語る

    アマゾンの労組結成賛否を問う従業員投票結果を受け米労組会長が「再選挙の可能性が高い」と語る

    Amazonのアラバマ州ベッセマー倉庫で行われた労働組合結成の賛否を問う従業員投票で、米国時間4月9日に明らかになった開票結果がどうであれ、AmazonとRWDSU(小売・卸売・百貨店労組)の戦いに終わりがないことだけは確かだった。圧倒的にAmazon有利となった開票結果を受け、組合はすぐにその結果に異議を唱えた。 続きを読む

  • アマゾンが労働組合結成をめぐる投票で勝利確定、RWDSUは結果に異議

    アマゾンが労働組合結成をめぐる投票で勝利確定、RWDSUは結果に異議

    Amazonのアラバマ州ベッセマー倉庫における労働組合結成に向けた取り組みは、開票2日目に大差で敗北したことがわかった。3215票のうち半数以上が会社を支持する結果となったのだ。この投票が可決された場合、労働組合の役割を果たすことになっていた小売・卸売・百貨店連合(RWDSU)は、この結果にいち早く異議を唱えた。 続きを読む

  • アマゾンの倉庫労働者による組合員投票は圧倒的に会社有利

    アマゾンの倉庫労働者による組合員投票は圧倒的に会社有利

    アラバマ州ベッセマーにあるAmazonの倉庫労働者のための組合投票が終わってから1週間あまりが経過した。その間は、台風の目のように何事も静かだった。しかし米国時間4月8日、本格的に開票が始まったことで状況は変わった。 続きを読む

  • 【コラム】頻繁に耳にする「巨大テック解体論」はまちがっている

    【コラム】頻繁に耳にする「巨大テック解体論」はまちがっている

    疑わしいデータ処理手続き、恣意的なコンテンツ管理ポリシー、明白な反競争的慣行が長年にわたり続いてきたのだ。ここで少し立ち止まってビッグテック業界との関係を考え直すのは当然のことだろう。残念なことに、ビッグテックの解体を求める声をはじめとする、大方の注目を集めている意見のほとんどは、健全な経済学的思考というより、報復的な妄想から生まれている。 続きを読む

  • 「Amazonではない」小売業者の即日配達を可能にするSwyftが19.2億円を調達

    「Amazonではない」小売業者の即日配達を可能にするSwyftが19.2億円を調達

    AmazonやWalmartのような大手サービスのおかげで、私たちは翌日発送や即日発送に慣れてしまった。しかし、パンデミックはもっと小さな店や会社から買うことの価値をを再認識させている。つい最近シリーズAで1750万ドル(約19億2000万円)を調達したSwyftは、どんな規模の小売店でも即日発送できるようにする会社だ。 続きを読む

  • アマゾンのスマートディスプレイ「Echo Show 10」がZoomとAmazon Chimeをサポート

    アマゾンのスマートディスプレイ「Echo Show 10」がZoomとAmazon Chimeをサポート

    米アマゾンの首振りスマートディスプレイ「Echo Show 10」で、会議アプリのZoomが利用できるようになりました。 続きを読む

  • 全米労働関係委員会がアマゾンを批判した元社員の解雇を「違法な報復行為」と認定

    全米労働関係委員会がアマゾンを批判した元社員の解雇を「違法な報復行為」と認定

    Amazonは2020年、エミリー・カニンガム氏とマレン・コスタ氏を解雇した。この2人は、環境や労働の問題について公然とAmazonを批判してきた、最も率直な社員だった。全米労働関係委員会(NLRB)は先週、2人の解雇が違法な報復行為であるとの判断を下した。 続きを読む

  • アマゾンがトイレに行く時間もなく「ペットボトルに排尿」を否定したツイートについて謝罪と釈明

    アマゾンがトイレに行く時間もなく「ペットボトルに排尿」を否定したツイートについて謝罪と釈明

    Amazon NewsのTwitterアカウントは、バーニー・サンダース上院議員とエリザベス・ウォーレン上院議員に加えて、マーク・ポーカン下院議員とも対決することになった。このウィスコンシン州選出の民主党議員は、Amazonの顧客部門でCEOを務めるデイブ・クラーク氏のコメントに反応して、Amazonの従業員がトイレに行く時間もなく、仕方なくボトルに小便をしているという、過去に報道された話を引用した。 続きを読む