Amazon / アマゾン(企業)

Amazonは、アメリカのテクノロジー企業、並びに同社が運営するECサイトの名称。

  • アマゾンのプライムビデオに最大100人で利用できる共同視聴機能「ウォッチパーティー」が登場

    アマゾンのプライムビデオに最大100人で利用できる共同視聴機能「ウォッチパーティー」が登場

    Amazon Prime Video(アマゾン・プライムビデオ)は、米国のプライムメンバー向けに共同視聴機能を提供することを米国時間6月29日に発表した。「Watch Party(ウォッチパーティー)」機能は、プライムメンバーなら追加料金なしで利用可能で、同じ時間にホストのアカウントに同期して再生されるビデオを参加者が一緒に見ることができる。 続きを読む

  • AWSのAIによるコードレビューとパフォーマンスツールのCodeGuruが一般公開へ

    AWSのAIによるコードレビューとパフォーマンスツールのCodeGuruが一般公開へ

    AWSは米国時間6月29日に、コードレビューツールであるCodeGuruの一般公開を発表した。2019年12月に開催されたAWS re:Inventでプレビューをローンチした。このツールセットは、機械学習を利用してバグを見つけ、また最適化のアドバイスを行う。 続きを読む

  • ドイツのアマゾン倉庫作業員が新型コロナをめぐってストライキを実施

    ドイツのアマゾン倉庫作業員が新型コロナをめぐってストライキを実施

    ドイツのAmazonの倉庫労働者は今週、従業員の間で新型コロナウイルス(COVID-19)の感染を起こしている状況に抗議するため、48時間のストライキを実施する。ストライキは米国時間6月29日月曜日に6カ所の倉庫で始まり、火曜日の終わりまで続く予定だ。 続きを読む

  • 最新のモバイルアプリには変革が必要だ

    最新のモバイルアプリには変革が必要だ

    1週間の振り返りニュースへようこそ。先週、私はApple(アップル)のApp Storeに対する論争について取り上げたが、今週はアプリが将来は基本的にどのように見えるかについて、アップルのWWDCの発表が投げかけた材料をもとに再び議論したい。 続きを読む

  • アマゾンが配車サービス向け自動運転のスタートアップZooxを買収

    アマゾンが配車サービス向け自動運転のスタートアップZooxを買収

    Amazonは、米国時間6月26日に2014年創業の自動運転スタートアップZooxを買収することを発表した。Zooxはこれまで約10億ドル(約1070億円)を調達し、配車サービス向けのフルスタックソリューションを提供するために、車両を含む自動運転技術を開発することを目指してきた企業だ。 続きを読む

  • アマゾンがシアトルのスタジアムを「気候の誓いアリーナ」に改名、環境への無関心さ非難を受けて

    アマゾンがシアトルのスタジアムを「気候の誓いアリーナ」に改名、環境への無関心さ非難を受けて

    おそらく最も邪悪なテック企業の筆頭格であるAmazonは、業界を統合する利益追求マシンとしてのイメージを回復させるに、長い道のりが必要だ。そのための大胆な取り組みとして、アマゾンは米国時間6月25日にシアトルで現在再開発中の老朽化したスタジアム「KeyArena」の権利を購入すると発表した。 続きを読む

  • AWSのノーコードツール「Amazon Honeycode」はなぜ生まれたのか?

    AWSのノーコードツール「Amazon Honeycode」はなぜ生まれたのか?

    米国時間6月24日、AWSはAmazon Honeycode(アマゾン・ハニーコード)を リリースした。 続きを読む

  • アマゾンは倉庫で働く従業員の社会的距離確保にARを利用している

    アマゾンは倉庫で働く従業員の社会的距離確保にARを利用している

    米国時間6月15日朝、同社は倉庫の労働者たちがWHOの指定する6フィート(約182cm)のソーシャルディスタンスを維持するための「Distance Assistant」というシステムを披露した。 続きを読む

  • マイクロソフトは警察には顔認証技術を売らないと公言

    マイクロソフトは警察には顔認証技術を売らないと公言

    Microsoftは、IBMとAmazonとの協議を通じて、少なくともより厳しい規制が設けられるまでは、顔認証技術を警察が利用することに反対する立場を固めた。 続きを読む

  • アマゾンが顔認識技術を地方警察には1年間提供しないと表明、FBIへの提供についてはノーコメント

    アマゾンが顔認識技術を地方警察には1年間提供しないと表明、FBIへの提供についてはノーコメント

    Amazon(アマゾン)はその意外なブログ記事で、同社の顔認識技術を向こう1年間警察に提供しないと発表したが、それがFBIなど国レベルの法執行機関にも適用されるのかについては口をつぐんでいる。 続きを読む