ambient streams

  • リアルタイム検索の向こう側:アンビエント・ストリームの夜明け

    リアルタイム検索の向こう側:アンビエント・ストリームの夜明け

    このゲスト記事はEdo Segal (@edosegal)による。 それは1993年、私が大学をやめる決断をした時だった。立派な芸術大学でグラフィックデザインを専攻していたが、私は2番目の会社を始めることに決めた。これで、大学での研究が終りになることを考え、最後のプロジェクトに取りかかった。私は短編小説を書き、デザインと製作をして出版することにした。300部を刷り、友人や、例えば作家のウィリアム・ギブソンのように私をインスパイアしてくれた人たちに配った。 時は流れて2009年11月、第2回Realtime CrunchUpのパネル出演から戻った… 続きを読む