American Express(企業)

クレジットカードとトラベラーズチェックの発行元である米国の企業。略称はAmex(アメックス)。

  • インド中央銀行がデータ保存規則違反でアメックスに対し新規顧客の追加を制限

    インド中央銀行がデータ保存規則違反でアメックスに対し新規顧客の追加を制限

    インド中央銀行は、同国におけるデータ保存規則の違反を理由に、American ExpressとDiners Clubが新規顧客を増やすことを2021年5月から制限するとインド時間4月23日に発表した。 続きを読む

  • パンデミックにも負けずスモールビジネスは前向きな精神を貫く、アメックスの調査報告

    パンデミックにも負けずスモールビジネスは前向きな精神を貫く、アメックスの調査報告

    企業も消費者も、みんなが前代未聞のこの現状を受け入れ、回復力を保とう奮闘している。回復には時間がかかるだろうが、最新の調査では適切な資源と準備さえあれば、いまも未来も、あらゆる障害を乗り越えられるという前向きな姿勢を貫く起業家精神の強靱さと、スモールビジネス経営者の根性が証明された。 続きを読む

  • 米アメックスがソフトバンク出資の中小企業向けオンライン融資Kabbageを買収

    米アメックスがソフトバンク出資の中小企業向けオンライン融資Kabbageを買収

    機械学習アルゴリズムを使用するプラットフォームにより中小企業への融資を審査・実行するKabbageをAmerican Expressが買収すると両社は8月17日に発表した。 続きを読む

  • コカ・コーラ系自販機がNFC Type A/Bに対応、VISAやMastercardでキャッシュレス決済

    コカ・コーラ系自販機がNFC Type A/Bに対応、VISAやMastercardでキャッシュレス決済

    ビザ・ワールドワイド・ジャパン、Mastercard、JCB、アメリカンエキスプレスのカードブランド4社は4月13日、日本コカ・コーラが国内に設置している約17万台の「マルチマネー対応自動販売機」で、各ブランドのクレジットカードによるタッチ決済(コンタクト レス決済)サービスへの対応を発表した。 続きを読む

  • セブン‐イレブンが6月からNFC Type A/B非接触決済に対応へ

    セブン‐イレブンが6月からNFC Type A/B非接触決済に対応へ

    セブン‐イレブン・ジャパンは2月18日、6月から全国のセブン‐イレブン2万964店(2020年1月時点)でType A/Bよるクレジット、デビット、プリペイドの各種カードの非接触決済サービスを開始予定であることを発表した。 続きを読む

  • アメックスがResyのレストラン予約をモバイルアプリで提供

    アメックスがResyのレストラン予約をモバイルアプリで提供

    今年初め、American Express(アメリカン・エキスプレス)は米国ニューヨーク拠点のレストラン予約プラットフォームであるResyの買収を発表した。 続きを読む

  • 9月16日からのキャッシュレス生活は基本d払いで時々OrigamiとPayPay、JCB-QUICPayも

    9月16日からのキャッシュレス生活は基本d払いで時々OrigamiとPayPay、JCB-QUICPayも

    9月第3週(9月15日〜21日)は基本的にはd払いをメインのキャッシュレス決済として考えればいいが、Origami Payやメルペイのキャンペーンも始まったのでここで整理しておく。 続きを読む

  • 9月のキャッシュレス決済まとめ、とりあえずPayPayとJCB-QUICPayを併用

    9月のキャッシュレス決済まとめ、とりあえずPayPayとJCB-QUICPayを併用

    9月2日以降に新キャンペーンが始まる可能性があるが、現時点で9月に利用すべきキャッシュレス決済をまとめておく。 続きを読む

  • American Expressが日本のレストラン予約サービスPocket Conciergeを買収

    American Expressが日本のレストラン予約サービスPocket Conciergeを買収

    2013年にローンチしたこのサービスは、ミシュラン星付きや数か月の予約待ちとなるような特別のレストランのみを対象とする。 続きを読む

  • アメリカン・エキスプレスがTripAdvisorと提携、旅行レビュー投稿者に特典

    アメリカン・エキスプレスがTripAdvisorと提携、旅行レビュー投稿者に特典

    American Expressは、様々な消費者テクノロジー企業と組み、カードメンバーがアカウントを統合できるようにすることによって新たな消費方法を提供してきた。例えば、この金融サービスの巨人は、今年新たにTwitterと提携し、メンバーがハッシュタグを使って買い物できるようにした。今日(米国時間10/8)AmExは、オンライントラベル分野での存在をさらに拡大すべく、旅行レビューおよび予約サイト大手のTripAdvisorとの協力を発表した。 続きを読む

  • Twitter.comのリニューアルで魅力的な仕掛けを施せるようになった企業向けプロフィールページ

    Twitter.comのリニューアルで魅力的な仕掛けを施せるようになった企業向けプロフィールページ

    日本国内でもTwitter.comの新インタフェースが普及してきたようなので、改めて少々前の記事(米国公開12/8)を紹介しておこう。Twiterは米国時間の12月8日、Twitter.comの大規模リニューアルを発表した。日本語版独自記事でも紹介しているように、「繋がり」を見やすくし、また興味をもっていることに関する「発見」機能を強化した。Twitterの機能をより多くの人に理解してもらい、より効率的に使ってもらおうとする狙いだ。 ところで今回のリニューアルにともなって、企業ページについても大きな変更が加えられた。まだリニューアルが反… 続きを読む

  • 地域商業者の持続的マーケティング戦略としての日替わりお買い得企画

    地域商業者の持続的マーケティング戦略としての日替わりお買い得企画

    地域の商業者にとっていちばん重要なのは、回収ループ(redemption loop)を閉じることだ。このループは、消費者がそのお店の広告や安売り案内を見たときに始まり、消費者が実際に購入と支払いをして、その購入の源泉となった広告や安売り案内をお店が同定できたときに閉じる。どんなお客が何を見て来ていくら使ったか、という情報は、今後の広告や売り出しの改善に欠かせない。 GrouponやLivingSocialのような日替わりお買い得サイトの多くは、この回収ループをできるかぎり長く延ばすことによって、大きな価値を作り出している*。たとえば誰かが… 続きを読む

  • アメリカン・エクスプレスもTwitterがお気に入り。スモールビジネス界のツイートをまとめて提供するサービスを開始

    アメリカン・エクスプレスもTwitterがお気に入り。スモールビジネス界のツイートをまとめて提供するサービスを開始

    Twitterのビジネスユースには何か可能性があるはずだ。Twitter自身、構築しようとしているビジネスモデルの一部としてビジネスユースの可能性を探っているところだ。そのような状況の中、他社もこの可能性を活用しようという試みを始めている。この分野に新たに参入してきたのがアメリカン・エクスプレスだ。スモールビジネスに特化してTwitterのストリームを流すPulseというサービスを、米国時間11月24日にリリースした。 Pulseは、アメリカン・エクスプレスのオープンフォーラムサイトで提供されるもので、TwitterのAPIを利用してス… 続きを読む

  • 企業の評判ランキングでGoogleがアメリカで1位、世界でも2位。Tech Crunchでも調査してみよう

    企業の評判ランキングでGoogleがアメリカで1位、世界でも2位。Tech Crunchでも調査してみよう

    あなたが信用もしくは賞賛する企業は? ( surveys) Googleとトヨタのどちらを信頼するか。答えは住んでいる場所によって変わるかもしれない。世界中の60,000人を対象に、Reputation Instituteが毎年行う企業の評判ランキングでGoogleがアメリカ国内でのランキング1位となり、世界ランキングでもトヨタに次いで2位となった。世界ランキングではIKEAが3位、Johnson & Johnsonが5位、ウォルトディズニーが12位になっている。Appleは上位25社にも入っていない(下にランキング表を掲載した)。 同じ… 続きを読む