Amie-Street

  • 最愛のAmie StreetがAmazonに入籍, 幸せな花嫁ではなさそうだ

    最愛のAmie StreetがAmazonに入籍, 幸せな花嫁ではなさそうだ

    Amie Streetは、かつて、はまったスタートアップだ。一目惚れ、というやつ。出会いは2006年、音楽サイトのすばらしいニューモデルだ、と書いた。アーチストが曲をアップロードすると、それは最初は無料。ダウンロードが増えるたびに、1セント、5セントと値段が上がっていく。上限は1ドルだ。 曲の値段が曲の評価になる。つまり、高い曲はたくさんの人に共有されているわけだ。 だんだんアーチストの数も増えて、ダウンロード数が1000万回を超えたころ、同社はAmazonなどからベンチャーキャピタルを調達した。 そして今日(米国時間9/8)同社は、Amie… 続きを読む

  • Sony、楽曲のオークション販売モデルのAmie Streetに大手レーベルとして初参加

    Sony、楽曲のオークション販売モデルのAmie Streetに大手レーベルとして初参加

    Amie Street について、私は依然から合理的な楽曲販売モデルだと考えてきた。ユーザーのダウンロード需要の量に応じて一種のオークション方式で価格を変えていくというアイディアである(最高額でも98セント)。私は2006年に最初の記事を書いた。当時、ファウンダーたちはまだBrown大学の寮に住んでいた。2007年になるとAmazonが投資を行い、会社らしくなった。 Amie Streetはインディーレーベルに対しては大きな成功を収め、150万曲を掲載するまでに成長したたが、大手レコード・レーベルには無視されてきた。しかし今日(米国時間9/2… 続きを読む

  • Amie Street、全面リニューアルでプロフェッショナルなルック&フィールに

    Amie Street、全面リニューアルでプロフェッショナルなルック&フィールに

    Amie Streetは曲の人気に応じて価格が決まるというユニークなシステムでオンライン楽曲販売をしているが、このほどサイトのデザインを一新し、新しい音楽プレイヤーや強化された推薦機能なども加えてリニューアルされた。われわれは2006年に最初にこのサイトを発見して以来のファンだ。 インディー音楽シーンを中心にAmie Streetの人気が高まってきたにもかかわらず、このサイトのデザインは長らく、アマチュア風というかしょぼいものだった。機能的ではあっても、見た目に魅力的とはいいかねた。新しいサイトはずっとプロフェッショナルなルック&フ… 続きを読む

  • Y Combinatorの「Popcuts」は良い音楽の発見にお金を払う

    Y Combinatorの「Popcuts」は良い音楽の発見にお金を払う

    Webの上には‘新し物好き’がいっぱいいて、インディー系の音楽シーンを毎日毎晩ウォッチしている。次に流行りそうなものを、自分が世界で最初に見つけたいのだ。こういうトレンドセッターたちがお互いに情報を交換し合うコミュニティはたくさんあるが、でも彼らの努力と感性は物質的には報われない(わずかな優越感だけが生き甲斐)。Y Combinatorが出資しているPopcutsというミュージックストアサイトは、あとで流行った曲を最初に買った人に商品券をあげるという方式で、彼らに物質的な報酬を与えようとしている。Popcutsは… 続きを読む

  • Amie Street : Walkmenの先行発売アルバムを買って募金活動に協力しよう

    Amie Street : Walkmenの先行発売アルバムを買って募金活動に協力しよう

    歌手の人気度で価格を決めるインディーズ系のミュージックストアのAmie StreetがWalkmenのニューアルバム「You & Me」を発売予定日の3週間前に発売した。アルバムの価格は$5、売り上げは全て同サイトが行っている”Download To Make a Difference”キャンペーンの一部としてスローン・ケタリング記念癌センターに寄付される事になっている。アルバムはこちらからダウンロード可能。 今回の先行発売は、The Orchardと Amie Streetのあいだで最近結ばれた 合意にもとずくものだ。 Th… 続きを読む

  • Amie Street、高級コールガールのおかげで大ウケ

    Amie Street、高級コールガールのおかげで大ウケ

    娼婦といえば街の悪徳、闇社会を連想するもので、通常、スタートアップ企業が進んで関係を持ちたいと思うような存在ではない。が、インディー系オンライン音楽販売のAmie Streetは、コールガールが大好きなばかりか、感謝の祈りを捧げたい気分だろう。 3月にEliot Spitzerニューヨーク州知事が高級コールガールを買っていたというスキャンダルが世界中に知れ渡った。知事のお気に入りはAshley Alexandra Dupreだった。そのDupre嬢は商売の合間に歌手になりたいと夢みており、デビューの手段として選んだのがAmie Streetだった… 続きを読む

  • スピッツァー知事の買春スキャンダルでSkypeビデオがメインストリームの脚光を浴びる

    スピッツァー知事の買春スキャンダルでSkypeビデオがメインストリームの脚光を浴びる

    エリオット・スピッツァー(Eliot Spitzer)が売春婦(おっと、「高級コールガール」)がお好みだった件は世界的なトップニュースになってしまったが、この騒ぎの副産物としてSkypeビデオが脚光を浴びることになった。 全国ネットのテレビとしては初の試みだが、月曜日、CNNはSkypeのビデオ・チャットをライブ・インタビューに活用した。 Reutersによると、CNNは Spitzerとハーバード・ロースクールで同級生だったJeffrey Toobin氏に対するインタビューをSkype経由でマウイ島から中継した。 Reutersの記事によると、… 続きを読む

  • Strayform、新しいインディー音楽モデルを試みる

    Strayform、新しいインディー音楽モデルを試みる

    Strayformはテキサスのスタートアップで、 SellaBandや最近資金調達を行なったAmie Streetのように、まだレコード・レーベルと契約していないアーティストの楽曲のプロモーションと販売を手がける。 SellaBandと同様アーティストは、サイトに登録して楽曲のサンプルをアップロードし、最終的に作りたい作品の企画を提案する。ファンはサンプルを聞き(DRMなし)、企画が気に入ったら好きな金額を寄付することを約束する。企画提案はそれぞれに異なる。たとえば、あるアーティストは、いちばん多額の寄付を約束したファンの名前を楽曲の中で使… 続きを読む

  • Amie StreetがシリーズAのラウンドを完了―Amazon.comがリード

    Amie StreetがシリーズAのラウンドを完了―Amazon.comがリード

    ソーシャル音楽マーケットのAmie StreetがシリーズAの資金調達ラウンドを完了した。リードしたのはAmazon.comで、新しいパートナーが加わり、サイトデザインもリニューアルされた。Amazonの投資額や条件は明らかにされていない。 われわれはAmie Streetのビジネスモデルの大ファンだ。この投資でAmazonもそうであることがわかった。Amie Streetでは楽曲は定額で販売されるのではなく、その曲への需要によって変化する。アーティストは曲(DRMなしで)をアップロードする。ユーザーは当初、無料でダウンロードできるが、ダウン… 続きを読む

  • 1周年を記念してAmie StreetがTechCrunch読者に楽曲無料プレゼント

    1周年を記念してAmie StreetがTechCrunch読者に楽曲無料プレゼント

    われわれが気に入っている新楽曲配信サービスのひとつAmie Street(SellABandもお気に入りなので)が本日(米国時間7/3)1周年を迎えた。Amie Streetのことは昨年ローンチ2週間後にこちらで初紹介している。 Amie Streetのビジネスモデルは死ぬほどシンプルだ。- サイトでダウンロードしてもらいたい楽曲のあるアーティストはこれをアップロードし、ユーザーが楽曲をダウンロードする。スターティングプライスは無料。 人気が出て曲のダウンロードが増えると、1曲$0.99まで値が上がる。30セントぐらいまでいけば、それは人気のある… 続きを読む

  • Barenaked Ladies、新アルバルは無料でDRMなし―ただ今提供開始

    Barenaked Ladies、新アルバルは無料でDRMなし―ただ今提供開始

    私は昨年の7月に音楽ダウンロードサービスのAmie Streetがローンチして以来紹介を続けてきた。Amie Streetのモデルは音楽業界の仕組みを根底から覆す可能性を秘めている。このシステムでは、バンドやレコードレーベルはDRMがかかっていないMP3フォーマットの楽曲をダウンロード用にサイトにアップする。どの曲も料金は当初無料から始まり、ユーザーによるダウンロード数が増えるに従って料金が上がっていくが、最高でも98セントだ。料金が高い曲は、定義からして、人気のある曲ということになる。私の経験では50セントを超えるような料金の曲の質はみ… 続きを読む

  • Amie Street、データマイニングとアーティストのプロモーションを開始

    Amie Street、データマイニングとアーティストのプロモーションを開始

    Amie Streetは私の今のお気に入りスタートアップのひとつ。(私の考える)完全な音楽モデルを具現化しているから、というのも理由のひとつ。DRMフリーのMP3をマーケット主導の価格で販売している。 この会社のビジネスモデルはこれ以上ないほどにシンプルだ。アーティストは、ダウンロード用の音楽をサイトにアップロードする。ユーザーが曲をダウンロードする価格は初めは無料。ダウンロード数が増えて人気がでると、最高$0.99まで上がっていく。曲の値段が$0.30くらいになると、これは流行っているとわかる。アーティストは、売上げが$5を越えてからの… 続きを読む

  • 2007年版: これなくしては生きていけないWeb 2.0企業15社

    2007年版: これなくしては生きていけないWeb 2.0企業15社

    1年前「これなくしては生きていけないWeb 2.0企業」という記事で、私の生活に真のインパクトを与えたサービスを作ったスタートアップ13社を選んだ。大好きで、毎日使っていたサービスだ。何百ものスタートアップを記事にした中から、本当のインパクトを私の生活に与えた一握りを選ぶのは楽しいもの。本当に楽しかったので今年もこのリストを更新することにした。残ったのは7社。6社が外れて新しいサービスに席を譲り、別途2つを加えてリストをキリ良く15社にした。 これが私が毎日使う、なくてはならないサービスをアルファベット順に並べた最新リストだ。 続きを読む

  • Amie Streetの新楽曲販売モデルは最高だ

    Amie Streetの新楽曲販売モデルは最高だ

    最近の音楽業界では、大手レーベルがDRMフリーの音楽販売に向け順調に進んでいることを示唆するニュースが続いている。この前進/進化は避けられないものだし、その後はゼロに近いところまで価格が下がり、いずれはサービスもレベル(簡単&高速なダウンロード、ミュージックビデオやアルバムのアートワークを込みにする、など)に応じ販売するようなかたちに収まるが、それ以外は特筆すべきことは起こらない、というのが私の考えだ。その辺の詳しい話については今週中にまた改めて投稿しようと思っている。 今日はAmie Streetという名前の新規スタートアップにたまたま… 続きを読む