Android Market

  • Androidユーザーに朗報―iOSで3000万ユーザーを獲得している人気カメラ・アプリ、Instagramがついにやって来た

    Androidユーザーに朗報―iOSで3000万ユーザーを獲得している人気カメラ・アプリ、Instagramがついにやって来た

    グッド・モーニング! Androidユーザー諸氏にとってはことに素晴らしい朝になりそうだ。というのも、大人気の写真共有アプリ、InstagramがついにAndroidマーケットに登場したからだ。 説明などどうでもいいから早くダウンロードしたいというせっかちな読者はこちらへ。 ビギナー向け解説 ここではInstagramなるアプリをまったくご存知ない読者のために簡単な説明をしておこう。といってもこのアプリは非常にシンプルでUIが驚異的によくできているから心配はいらない。Instagramアプリを開き、下部中央のカメラアイコンをクリックし、写真… 続きを読む

  • Google、Androidマーケットをリニューアル、すべてのデジタルコンテンツをGoogle Playに統合

    Google、Androidマーケットをリニューアル、すべてのデジタルコンテンツをGoogle Playに統合

    GoogleのAndroidマーケットには昨年大幅な変更が加えられた。当初スタンドアローンのアプリ・ストアとしてスタートしたものが、すぐに電子書籍、音楽に加えてビデオも扱うようになった。そこでGoogleはAndroid マーケット という名称はユーザーに対して実際に提供するサービスに比べて意味が狭すぎると感じるようになった。 そこで今日(米国時間(3/6)、Googleは公式にAndroidマーケットの名称をお蔵入りにすることを決めた。今日からGoogleのデジタル・メディア・サービスはGoogle Playというブランドの下に一括される。… 続きを読む

  • 歩きながらメールチェックしてもドブに落ちないですむ―‘Transparent Screen’は画期的Androidアプリ

    歩きながらメールチェックしてもドブに落ちないですむ―‘Transparent Screen’は画期的Androidアプリ

    以前私はスマートフォンをのぞき込みながら道を歩いている人をみかけると眉をひそめたものだった。しかし必要に迫られて私にもそういう習慣がついてしまった。しかしTransparent Screen〔透明スクリーン〕という新しいアプリのおかげで、私はどうやら蓋の開いたマンホールやショッピング・モールの噴水に落ちなくてすみそうだ。 ここに掲げた写真はフォトショップで細工したものではない。このアプリを起動すると多かれ少なかれこういうふうに見える。「多かれ少なかれ」というのは、このアプリは起動後さまざまに透明性を設定できるからだ。自身の安全のためにも、… 続きを読む

  • Googleが“用心棒"と呼ばれる新しいセキュリティ機構(有害コードの自動検出)をAndroid Marketに実装

    Googleが“用心棒"と呼ばれる新しいセキュリティ機構(有害コードの自動検出)をAndroid Marketに実装

    Androidのマルウェアは、昨年中問題になっていた。もちろん、セキュリティソフトのベンダが発表する数字の多くは誇張されているが…サードパーティの有害アプリが含まれ小さなダウンロードの数は無視している…、でもそれらは、簡単に払い落とせる肩の埃のような、些細なものでもない。 Googleも、かねてからそのことは知っている。有害アプリのダウンロード数は2011年の前半と後半を比べると40%も減ったが、でも一つの有害アプリの被害件数が14000とか、30000とか、あるいは26万なんて事実がある以上、放置はできない。というわけでこのたびGoo… 続きを読む

  • Evernoteの写真編集共有アプリ、SkitchはAndroid Market登録3.5月で300万ダウンロード達成

    Evernoteの写真編集共有アプリ、SkitchはAndroid Market登録3.5月で300万ダウンロード達成

    今日はすぐれもののAndroidアプリを紹介しているが、EvernoteからもSkitchについて発表があった―Skitch for Androidが300万ダウンロードを記録したそうだ。 この無料の画像編集・共有アプリはローンチからわずか3ヶ月半しか経っていない。Evernoteによれば、平均して1.5秒に1回ダウンロードされた計算になるという。 SkitchのAndroidアプリには画像の回転機能が加えられた。これもすばらしい。 続きを読む

  • 100億ダウンロードを達成したAndroid Market。関連情報をまとめたインフォグラフィックも登場

    100億ダウンロードを達成したAndroid Market。関連情報をまとめたインフォグラフィックも登場

    Googleは10ビリオンダウンロード達成を記念して、素晴らしいアプリケーションの日替わり割引販売を行なっているところだ。ただ、当然あるべきものが欠けていた。と、いうのはインフォグラフィックだ。しかしそこはもちろんGoogle。AndroidマーケットやAndroid利用者の情報をうまくまとめこんだインフォグラフィックを発表してくれた。 続きを読む

  • Android Marketからのアプリケーション削除率は37%。iOS比で高率ながら、マーケットは急速に成長中

    Android Marketからのアプリケーション削除率は37%。iOS比で高率ながら、マーケットは急速に成長中

    リサーチファームのresearch2guidanceが、モバイル・アプリケーションストアのAndroid Marketを分析して、いろいろと興味深い事実に言及した無料のレポートを公開している。 このレポートによれば、先月末の時点でAndroid Marketに登録されていて利用可能となっていたアプリケーションの数は319,161本であったとのことだ。ちなみにAppleのApp Storeでは459,589本という状況だった(Appleは利用できるアプリケーションの本数を500,000本としている)。 分析によると、Android開発者の方が、i… 続きを読む

  • Android Marketがリニューアル―ビデオやeブックなどのコンテンツの販売も統合

    Android Marketがリニューアル―ビデオやeブックなどのコンテンツの販売も統合

    Androidユーザーに朗報だ。今日(米国時間7/12)、GoogleはAndroid 2.2以降の機種(ということはほとんどデバイスが含まれる)向けにAndroidMarketをリニューアルした。 UIが一新され、パフォーマンスも改善された上に、多数の新機能が追加されている。「売上トップ」や「最近話題のアプリ」などのリストが表示されアプリを探しやすくなった(Googleはこうした新機能をすでにGooglge I/Oで公開していたが、モバイル・クライアントから実際に利用出来るようになったのは今回が初めて)。 おっと、それからアメリカ国内のユー… 続きを読む

  • Google、 Android Marketウェブストアをオープン!〔日本語版も〕

    Google、 Android Marketウェブストアをオープン!〔日本語版も〕

    今日(米国時間2/2)、Googleはマウンテンビューの本社でAndroidの最新OS、Honeycomのお披露目イベントを開催した。OSのデモの後、Androidの技術ディレクター、Chris Yergaは、別のビッグニュースを発表した。Android Marketのウェブストアだ。そう、Android Marketがとうとうウェブにやって来た。すでにこちらで〔日本語版〕稼働中だ。 これまでAndroidアプリの検索とインストールはAndroid携帯上のMarketから行うしかなかった。Yergaは「ユーザーはブラウザだけでアプリが入手でき… 続きを読む

  • Android Marketに未成年者保護のレーティング導入へ―認定を受けないと「成人向け」と表示

    Android Marketに未成年者保護のレーティング導入へ―認定を受けないと「成人向け」と表示

    AppleのCEO、Steve JobsはAndroid Marketにはポルノがいっぱいだと指摘したがる。それが事実かどうかは疑いが残るものの、他のAndroid向けオンライン・マーケットにはそのとおりのものもある。イメージの悪化を恐れたのだろうか、Googleは向こう数週間のうちに、Android Marketのすべてのアプリに対するコンテンツ・レーティング・システムを導入すると発表した。 従来からAndroidにはコンテンツ・レーティングに関する規約があったが、デベロッパー向けのガイドラインであり、エンドユーザーには特に情報が公開された… 続きを読む

  • Androidマーケットの国際サポート、大きく改善

    Androidマーケットの国際サポート、大きく改善

    キャリヤごとの互換性問題以上にAndroidアプリのデベロッパーを苛立たせている不満といえば、Android Marketの国際展開が遅れていることだった。 これまで有料アプリを売ることができるのはわずか9ヶ国のデベロッパーに限られていた。それどころか多くの国ではユーザーがアプリを購入することさえできなかった。今日(米国時間9/30)、Googleはこの点で大きな改善を発表した。29ヶ国のデベロッパーが新たにアプリを販売することができるようになった(20ヶ国の追加だ)。また今後2週間以内にユーザーが有料アプリを購入できる国も14から32へ… 続きを読む

  • Distimoレポート:AppStoreのiPadアプリケーション中、10%がアプリケーション内販売(In-App Purchase)を実装済

    Distimoレポート:AppStoreのiPadアプリケーション中、10%がアプリケーション内販売(In-App Purchase)を実装済

    App Storeの分析情報を提供しているDistimoが、最新レポートの中で再度アプリケーション内販売に焦点をあてている。さまざまなモバイルアプリケーションを対象とした調査だが、とくに詳しく扱っているのがAppleのApp Storeについてだ。 Distimoのレポートによると、App Store内でのアプリケーション内販売実装比率はiPad(10%)がiPhone(2%)を大幅に上回っているとのことだ。 続きを読む

  • これまでに'提出'されたAndroidアプリケーションの数は10万とAndroLibが発表

    これまでに'提出'されたAndroidアプリケーションの数は10万とAndroLibが発表

    この前の記事とは反対に、Android MarketウォッチャーのAndroLibによると、Marketで入手可能なアプリケーションの数は10万ではない。Marketの一般公開以来、提出されたアプリケーションが10万に達したのだ。AndroLibの今朝(米国時間7/30)の発表によると、それは2009年6月にはわずかに5000だった。 AndroLibの目録は海外の市場もカバーしているから、すべてのアプリケーションやゲームが合衆国で入手可能なわけではない。しかもAndroLibはすべての市場を数えてはいないから、アプリケーションの数といっ… 続きを読む

  • "モアベターなAndroid Market", AndroLibが新装開店–ダウンロード件数は10億を突破

    "モアベターなAndroid Market", AndroLibが新装開店–ダウンロード件数は10億を突破

    AndroLibはAndroid用のアプリケーションを見つける場所として、公式サイトであるAndroid Marketよりもずっといい。ここが今日(米国時間7/14)、大幅な模様替えを行って、機能の増強を図った。まあWebデザインコンテストで優勝するほどではないが、とにかくぼくなんかから見て、非常に便利になった。 AndroLibは新装された情報ページで、このサイトが今提供しているAndroidアプリケーションの総数が約8万5千と報告している。これまでのダウンロード総数(全世界)は、およそ10億回に達する。 続きを読む

  • 多極化の中のモバイル開発の現状と世界のデベロッパたちの意識調査

    多極化の中のモバイル開発の現状と世界のデベロッパたちの意識調査

    モバイルアプリケーションの業界は、多極化(fragmentation, フラグメンテーション, 細分化)が激しいし、デジタル経済全体の中でも全世界的に規模が大きく、しかもたえず成長している分野だから、状況を正確に知るためには良質な調査報告があると助かる。そこでこの記事では、VisionMobilesが行った相当広範な研究調査(スポンサーはTelefónica Developer Communities)を紹介しよう。私がこれまで読んだ類似の調査報告の中では、ずば抜けて詳しくて深い。 Developer Economics 2010と題されたこの報告… 続きを読む

  • スマートフォンのアプリケーションは2013年に世界全体で$15B売れる(2009の10倍近い)

    スマートフォンのアプリケーションは2013年に世界全体で$15B売れる(2009の10倍近い)

    将来の市場規模を予測している調査報告書は、数字をそのまま鵜呑みにはできなくても、市場の現在と未来についてだいたいの傾向を示唆していることは多い。 というわけだが今日(米国時間3/5)のresearch2guidanceは、スマートフォンアプリケーションの世界規模が、2009年の$1.94B(19億4000万ドル)から2013年には$15.65B(156億5000万ドル)に増加すると推計している。 アプリケーションの大幅(おおはば)増はもちろん、スマートフォンユーザの急増によるものだ。ユーザ数についてこの調査は、昨年の約1億から2013年に… 続きを読む

  • Android Marketがいよいよ成熟, 月商1万ドル以上のアプリが100本を超えたようだ

    Android Marketがいよいよ成熟, 月商1万ドル以上のアプリが100本を超えたようだ

    iPhoneのApp Storeは2008年7月の立ち上げからわずか数か月で、ゴールドラッシュになった。社員は自分一人という‘企業’が2〜3か月で$25万ドル稼いだ、などのサクセスストーリーが珍しくなくなった。大金持ちになれる確率は、メディアがはやし立てるほどではなかったはずだが、それでも、急に大量のデベロッパたちがiPhoneアプリケーションを作り始めた。一方、Android Marketは、これまでずっと細々とした売上で、ほとんど忘れられた存在だった。 しかしそのAndroid Marketにも、やっと希望の光が見… 続きを読む

  • Ustream、iPhoneで大人気のビューワ・アプリをAndroid向けにリリース

    Ustream、iPhoneで大人気のビューワ・アプリをAndroid向けにリリース

    Ustreamはこのほどビューワアプリ、Ustream ViewerをAndroid Marketに公開した。ユーザーはAndroid携帯からUstreamのあらゆるビデオに無料でアクセスできるようになる。Wi-Fiでも3Gでも利用できる。 今回のビューワはUstreamにとって2本目のAndroidアプリだ。 最初のアプリは 続きを読む

  • AndroidとiPhone、アプリケーションの値段はほぼ同じ。但しゲームと辞書は(いまのところ)例外

    AndroidとiPhone、アプリケーションの値段はほぼ同じ。但しゲームと辞書は(いまのところ)例外

    携帯電話アプリケーションに支払う額は、使っている端末によるのか、それともアプリケーションの種類によるものだろうか。調査ファームのDistimoが、iPhone App StoreおよびAndroid Marketにおける7月の価格について調査を行った。同調査によればエンタテイメント、ナビゲーション、ツールなど広いくくりの中でトップ100のアプリケーションを見ると、両者ともほぼ似たような価格ということになるようだ。 但し、例外もある。Androidにてリファレンス関連のアプリケーションを見ると平均は9ドル近くとなっている。iPhoneの同じカテ… 続きを読む

  • AndroLib―とうとうAndroidアプリをまともにウェブから探せるようになった

    AndroLib―とうとうAndroidアプリをまともにウェブから探せるようになった

    AndroidアプリをAndroid携帯からではなくウェブから探したことがあるだろうか? Googleが運営する公式サイトのウェブ版、Android Marketの出来はお話にならないくらいひどい。そもそも検索機能がない(皮肉だ!)だけでなく、カテゴリーによる分類もなければ、コメントやランク付けといったユーザーフィードバックもない。しかも英語版だけだ。 これでは、はっきり言って使い物にならない。 私は残念ながらAndroid携帯を持っていないが、このプラットフォームには大いに興味があるから、公式サイトのダメさかげんには余計がっかりさせられる… 続きを読む