Andy Rubin

  • Android OSの開発者が作ったEssentialのスマートフォンは今後どうなる?

    Android OSの開発者が作ったEssentialのスマートフォンは今後どうなる?

    Essential(エッセンシャル)のCEOであるAndy Rubin(アンディ・ルービン)氏は、この1年ほどかなり静かだった。 続きを読む

  • Googleの社員グループ、会社の性的不品行への対応に抗議のストライキを計画

    Googleの社員グループ、会社の性的不品行への対応に抗議のストライキを計画

    New York Timesの調査によって、Androidの開発者Andy RubinにGoogle社員との不倫や性的不品行があったにもかかわらず、会社が9000万ドルの退職金を与えたことが暴かれた。これを受け、検索巨人の社員200名がストライキを計画している。 BuzzFeed Newsが伝えた。 続きを読む

  • Googleは過去2年間で48名をセクハラで解雇

    Googleは過去2年間で48名をセクハラで解雇

    今朝The New York Timesは、性的不行跡が報じられたAndroidの作者Andy Rubinに対する、Googleからの処遇に関する爆弾記事を載せた。 その記事が出たあと、CEOのSundar Pichaiと人事担当VP Eileen Naughtonの署名入りメモがGoogleのスタッフに送られた。そのメモは、“高い地位にある者の不適切な行為に対する強硬な姿勢を、今後ますます厳しくしていく”、とし、その厳しい処分の内容を詳説している。 続きを読む

  • ディープリンクのマーケットリーダーBranchがシリーズDで$100Mあまりを調達、ユニコーンの仲間入り

    ディープリンクのマーケットリーダーBranchがシリーズDで$100Mあまりを調達、ユニコーンの仲間入り

    Androidオペレーティングシステムの作者Andy RubinのPlayground Venturesが支援するディープリンク制作のスタートアップBranchが、今度の資金調達ラウンドで評価額が10億ドルになり、ユニコーンクラブのメンバーになりそうだ。 続きを読む

  • Androidの父、アンディー・ルービン、ロボティクスについて語る――Boston Dynamicsは25年前の創立

    Androidの父、アンディー・ルービン、ロボティクスについて語る――Boston Dynamicsは25年前の創立

    先週末にカリフォルニア大学バークレー校で開催されたTechCrunch Sessions: Roboticsイベントに.Androidの共同開発者、アンディー・ルービンが登場してロボットについて語った。ルービンはGoogleでAndroid事業、続いてロボティクス事業の責任者を務めた後、現在はベンチャーキャピタルのPlayground GlobalのCEOだ。 続きを読む

  • アンディー・ルービン、Essentialを離れる――Google辞任は「不適切な女性関係」との情報も

    アンディー・ルービン、Essentialを離れる――Google辞任は「不適切な女性関係」との情報も

    アンディー・ルービンはファウンダー、CEOであるスマートフォン・メーカーのEssentialを離れるという。今朝、同社の広報担当はTechCrunchにアンディー・ルービンの休職を確認し、「個人的な事情によるもの」と説明した。広報担当の発表によればルービンは今月初めに取締役会で離任の意向を述べたという。.「取締役会は同意し、プレジデントのNiccolo de MasiがEssentialの日常業務を今まで同様指揮する」ということだ。 続きを読む

  • Essential Phoneが顧客への発送を開始

    Essential Phoneが顧客への発送を開始

    Essential Phoneがついに先週からメディアや批評家の手に到着しはじめ、そして今日(米国時間8/25)からは最初の顧客に発送している。EssentialはこのニュースをTwitterのアカウントから発表し、初期のお客にはメールで追跡情報を送るのでよろしく、と言っている。 続きを読む

  • A・ルービンのEssentialがスマートフォン発売へ――3億ドル調達、Amazon、Best Buyに近く登場

    A・ルービンのEssentialがスマートフォン発売へ――3億ドル調達、Amazon、Best Buyに近く登場

    Androidの生みの親の一人、アンディー・ルービンの新しいスマートフォン・メーカー、Essentialは3億ドルの資金調達ラウンドを公式に完了した。TechCrunchが6月に報じたとおりこれはEssentialとして最初の資金調達ラウンドだった。投資家にはTencent、AmazonのAlexa Fundなどが含まれる。今回Essentialは製品の販売計画についても新しい情報を公開した。これによれば、AmazonとBest Buyがアメリカにおける販売チャンネルとなる。 続きを読む

  • Androidの始祖Andy Rubinの新会社Essentialは3億ドルを調達か…本番生産の資金として

    Androidの始祖Andy Rubinの新会社Essentialは3億ドルを調達か…本番生産の資金として

    Andy Rubinの新しいハードウェアスタートアップEssentialはこれまで、意外と騒がれなかった。Googleを突然去ったAndroidの創始者をめぐっては、憶測だけが渦巻いていた。 しかし、資金もこれまた、問題ではなかったようだ。Bloombergの報道によると、この生まれたばかりのスマートフォンメーカーは、研究開発から本番生産への移行のために3億ドルを確保したらしい。 続きを読む

  • Androidの作者Andy RubinのスマートフォンEssential Phone(699ドル)はすばらしいルックスだ

    Androidの作者Andy RubinのスマートフォンEssential Phone(699ドル)はすばらしいルックスだ

    Androidの作者Andy Rubinの新しいプロジェクトをめぐっては、さまざまな憶測が飛び交っていたが、やっと、その答の一部が出たようだ。 Rubinの新会社Essentialが、その最初のスマートフォンとAmazon Echoのようなデバイス、そして“Ambient”と呼ばれる新しいオペレーティングシステムを披露した。この三つはネット上で公開されたが、今のところEssentialが提供しているのは画像とグラフィクスだけなので、最終的な評価はまだ先の話だ。 続きを読む

  • これがAndroid発明者Andy Rubinの始めた、ハードウェアインキュベーターPlaygroundだ

    これがAndroid発明者Andy Rubinの始めた、ハードウェアインキュベーターPlaygroundだ

    チタン製の3Dプリンタ、静電チャージテーブル、そして巨大な滑り台も。Playground Globalはその名に負けていない。ここで紹介するのは、Androidオペレーティングシステムの発明者であるAndy Rubinが創設した、ハードウェアスタートアップインキュベーターだ。 続きを読む

  • Andy Rubinの新しいスマートフォンをEric Schmidt(Alphabet会長Google元会長)が激賞、OSは当然Android

    Andy Rubinの新しいスマートフォンをEric Schmidt(Alphabet会長Google元会長)が激賞、OSは当然Android

    Android OSの始祖Andy Rubinが彼の新しい会社Essentialの最初の製品として出すスマートフォンは、そのOSがAndroidだ。今週初めのRubinのツイートの写真(上図)からもそう見えるが、今度はGoogleのEric Schmidtが、“Androidユーザーの驚異的にすばらしい新しい選択肢がもうすぐ出る”、という言葉でそれを確認した(下図)。 続きを読む

  • Androidを作ったAndy RubinはGoogleを辞めて何をしているか?ハードウェアインキュベータと老舗VCのパートナーだ

    Androidを作ったAndy RubinはGoogleを辞めて何をしているか?ハードウェアインキュベータと老舗VCのパートナーだ

    2014年の1月に、Androidの協同ファウンダAndy Rubinは、それまで9年在籍したGoogleを去った。 当時の噂では、彼はPlaygroundと名づけたハードウェア専門のインキュベータを作っている、と言われた。そして今朝(米国時間4/6)は、まさにそのインキュベータが480万ドルを調達したことが、公表された。 しかも、それだけではない。今の彼はRedpoint Venturesのパートナーでもあるのだ。 続きを読む

  • アンドロイドの父、アンディー・ルービンがGoogleを離れてハードウェア・インキュベーター創立へ

    アンドロイドの父、アンディー・ルービンがGoogleを離れてハードウェア・インキュベーター創立へ

    GoogleにAndroidをもたらしたアンディー・ルービンが同社を離れることになった。Wall Street Journalによれば,、ルービンは今後先進テクノロジー・ハードウェア製品を開発するスタートアップを育成するインキュベーターを設立するという。 GoogleもCEOのラリー・ペイジの予め用意された声明でこの情報を確認した。 ペイジは「アンディーの出発を心から祝いたい。アンディーはAndroidで真に驚くべきことを成し遂げた―10億人以上のハッピーなユーザーだ。ありがとう!」と述べた。 続きを読む

  • Androidの父、アンディー・ルービンが現在Googleでロボットを開発中と判明―生産と物流のイノベーションを狙う

    Androidの父、アンディー・ルービンが現在Googleでロボットを開発中と判明―生産と物流のイノベーションを狙う

    Andy Rubinは 去る3月、Android事業部の責任者の地位を去り、その地位は当時Chrome担当副社長だったSundar Pichaiが兼任することになった。その後Rubinが何をしているか謎だったが、New York Timesがスクープしたところによると、Googleの中でも非常に実験的な部門で、ロボットとその現実世界への応用に革命を起こす計画に取り組んでいるという。 この情報が今明らかにされたのは偶然ではあるまい。Amazonが「自動操縦ヘリで商品を配達」でサンクスギビングデイ明けのニュースのトップを独り占めしたことにGoogle… 続きを読む

  • Google、Androidの新チーフにSundar Pichaiを任命―Andy Rubinは次世代スーパー秘密研究所「X」の責任者に?

    Google、Androidの新チーフにSundar Pichaiを任命―Andy Rubinは次世代スーパー秘密研究所「X」の責任者に?

    GoogleのAndroid部門の責任者の地位からAndy Rubinが退き、Sundar Pichai上級副社長が後任となった。 これはまったく突然の発表で関係者を驚かせた。Pichaiはもちろんこの職に理想的な人材だが、無名のモバイルOSを市場のトップシェアにまで育てあげたRubinの功績は驚くべきものがある。人事異動はプレスリリースの発表ですまされるのが普通だが、今回は異例にもファウンダー、CEOのラリー・ペイジ自身がGoogleのブログで発表を行った。ここには「彼は家族と過ごす時間を増やそうと決心した」というたぐいの解任を臭わせるよ… 続きを読む

  • Googleの明日の優先事項を知りたければLarry Pageの直属チームを見よう

    Googleの明日の優先事項を知りたければLarry Pageの直属チームを見よう

    Larry Pageが製品担当上級副社長Jonathan Rosenbergの辞任 をOKしたことは、単独の事象ではなく、Googleの上部構造の大改革の始まりだ。Pageは自分がCEOに復帰した第一週の終わりに、上級職のチームを指名し、CEO直属の彼らがGoogleの各主要部門の長に立つ。 そのチームの面子と各人の担当を見れば、Pageの頭の中の優先事項が分かるだろう。最優先事項は、検索か、広告か、YouTubeか、モバイルか、Chromeか、それともソーシャルか? チームのメンバーは、Googleの重要人物6名だ: 続きを読む

  • AndroidのトップAndy Rubinが初めてのツイートでSteve Jobsに応じる

    AndroidのトップAndy Rubinが初めてのツイートでSteve Jobsに応じる

    どうだろう、このツイートは。今朝(米国時間10/18)はAppleのCEO Steve Jobsが、Google、中でもとくにAndroidを、くそみそにこき下ろす長広舌を振るった。これが、AndroidのチーフであるAndy Rubinにとって、愉快なはずがない。彼はどうやって反撃するつもりか。なんと彼は、自分のTwitterの休眠アカウントを起こして、今夜初めてのツイートを送った。そしてそれは、(分かる人にとっては)明らかにJobsへの応答だ。 という単純な話だが、そのAndy Rubinの最初のツイートがこれだ: 続きを読む

  • Androidのチーフ、Andy Rubin、「アップデートは年1回ペースにしてゆく」

    Androidのチーフ、Andy Rubin、「アップデートは年1回ペースにしてゆく」

    Androidのファウンダーで現在はGoogleのモバイル・プラットフォーム担当副社長を務めるAndy RubinがSilicon Valley Mercury News紙のインタビューに答えて、Androidの将来について語っている。その中で興味があるのはRubinがAndroidのバージョンアップのピッチが早すぎるのではないかと懸念し、将来は少しスピードダウンが必要だろうと示唆している点だ。 2008年秋にリリースされてからAndroidは長い道のりを歩んできた。実際Rubin自身このインタビューで、当初のバージョンは1.0というより0 .8… 続きを読む