antitrust

  • ニューヨーク州の司法長官がFacebookへの反トラスト捜査を指揮

    ニューヨーク州の司法長官がFacebookへの反トラスト捜査を指揮

    今、大手テクノロジー企業の多くが、FTCや司法省による反トラスト捜査に直面しているようだ。 続きを読む

  • Amazonサードパーティいじめをやめる、検索結果で自社ブランド商品を目立たせる宣伝廃止

    Amazonサードパーティいじめをやめる、検索結果で自社ブランド商品を目立たせる宣伝廃止

    Amazonが最近、反トラストの嫌疑を避けるためにやったことの中には、サードパーティセラーに対する価格均等要件の廃止がある。 続きを読む

  • Facebook、司法省のシリコンバレー反トラスト法責任者を引き抜く

    Facebook、司法省のシリコンバレー反トラスト法責任者を引き抜く

    Facebookは米国司法省の古参でシリコンバレー反トラスト局長Kate Patchenを、訴訟責任者・法律副顧問に採用した。 続きを読む

  • 欧州議会がGoogleの分割を提議…検索の分離独立による市場競争条件の改善を希求

    欧州議会がGoogleの分割を提議…検索の分離独立による市場競争条件の改善を希求

    これはEuropean Parliament(欧州議会)からの感謝祭メッセージだ: 彼らはGoogle分割案を支持している。 法案ではなく決議文であり、そこにGoogle等の固有名詞は見当たらないが、その、EU内におけるテクノロジ産業の振興策には、賛成384票、反対174票、棄権56が集まった。 続きを読む

  • eブックの価格談合嫌疑でAppleは–控訴審で負ければ–4億ドルあまりの補償金を支払うことに

    eブックの価格談合嫌疑でAppleは–控訴審で負ければ–4億ドルあまりの補償金を支払うことに

    Appleは33の州と合意に達し、eブックの価格に関する独禁法違反の訴訟を、消費者に対して4億ドルを支払うことで解決することになった。弁護士や州に支払う訴訟費用を合わせると、支払い総額は4億5000万ドルになる。 続きを読む

  • Apple、Google、Intel、Adobeの4社、引き抜き禁止協定訴訟で示談成立

    Apple、Google、Intel、Adobeの4社、引き抜き禁止協定訴訟で示談成立

    シリコンバレーを代表するIT企業4社が、会社間の従業員引き抜けを阻止する、引き抜き禁止協定に対する反トラスト訴訟の示談を成立させた。示談条件は公開されていないが、Reutersによると、これで5月に予定されていた裁判は回避される見込みだ。 続きを読む

  • Google、 インドで反トラスト法違反の疑い

    Google、 インドで反トラスト法違反の疑い

    Googleは、同社がインターネット検索および広告における独占的立場を乱用している疑いに関する、インド競争委員会の2年間にわたる調査結果が有罪となった場合、最大50億ドルの罰金を科される可能性がある。 続きを読む

  • アメリカ連邦地裁、反トラスト法裁判でAppleに有罪判決―「電子書籍価格操作の共謀と実行で中心的役割」

    アメリカ連邦地裁、反トラスト法裁判でAppleに有罪判決―「電子書籍価格操作の共謀と実行で中心的役割」

    Appleとアメリカの有力出版社による電子書籍の価格操作の共謀容疑に関して すべての出版社はすでに司法省と和解し、Appleだけが法廷闘争の道を選んでいた。Reutersによれば、今日(米国時間7/10)、 ニューヨークのマンハッタン連邦地裁はiBookstoreの価格操作に関する反トラスト法違反の容疑に関して有罪の判決を下した。また判決で検察側は消費者に代わって損害額を査定し、Appleに賠償を求める裁判を起こすべきだと命じられた。 続きを読む

  • EUの反トラスト調査でGoogleは, ライバルを検索結果でもっと目立たせろと強いられる

    EUの反トラスト調査でGoogleは, ライバルを検索結果でもっと目立たせろと強いられる

    EC(欧州委員会)が2年もかけて行った、Googleの検索慣行に対する調査の結果がもうすぐ出るが、それによるとGoogleは、ヨーロッパにおける検索結果において、ライバルサービスの可視性の改善を迫られることになりそうだ。今朝(英国時間4/10)のフィナンシャルタイムズ紙が、そう報じている〔要会員登録〕。 同紙によると、地図、天気予報、金融など分野限定の検索結果(垂直検索–vertical search–の結果)が、ECの調査官たちの重要な懸念の一つだった。それらの検索結果においてGoogleは今後、ライバルの専門サ… 続きを読む

  • Google、反トラスト法調査でFTCと和解―検索からのコンテンツの削除、広告キャンペーンの他社移行、標準必須特許のライセンスで譲歩

    Google、反トラスト法調査でFTCと和解―検索からのコンテンツの削除、広告キャンペーンの他社移行、標準必須特許のライセンスで譲歩

    先ほど、予告どおり、FTC〔アメリカ連邦取引委員会〕のジョン・レイボビッツ委員長はワシントンでプレス会見を行い、同委員会が20ヶ月にわたって調査でしてきた反トラスト法に違反する反競争的行為の件でGoogleと和解したことを発表した。 Googleが事業方法について自発的にいくつかの変更を行うことになったため、FTCは制裁金を課すことはしない。今日の結果はGoogleに明白な勝利といえるだろう。 続きを読む

  • 米司法省、Appleと大手出版社を電子書籍販売のエージェンシー・モデルで訴追(一部は即時和解)

    米司法省、Appleと大手出版社を電子書籍販売のエージェンシー・モデルで訴追(一部は即時和解)

    アメリカ司法省はAppleと大手出版社のHachette、HarperCollins、Macmillan、Penguin、Simon & Schusterを電子書籍の反トラスト法違反の疑いで正式に訴追した。司法省はこれらの企業が価格決定および販売において不公正な方法で共謀したとしている。 Appleが電子書籍の販売にあたっていわゆる「エージェンシー・モデル」を採用して以来、司法省は1年にわたってこの件を調査してきた。Appleのエージェンシー・モデルとは出版社側が価格を設定し、Appleがその30%を手数料として徴収するという仕組だ… 続きを読む

  • Google+の検索連動は上場を控えたFacebookを反トラスト法調査に巻き込む巧妙な戦略?

    Google+の検索連動は上場を控えたFacebookを反トラスト法調査に巻き込む巧妙な戦略?

    Googleがソーシャルネットワークの主要プレイヤーであるFacebookやTwitterを無視してGoogle+を強引に検索に連動させた理由についての議論が賑やかだが、ここで私なりの考えを述べてみよう。 この状況は反トラスト法調査を呼び起こす可能性を強く感じさせるものとなっている。GoogleはFacebookやTwitterの公開情報をGoogle+と同様Google検索に反映させることができたはずなのにそうしなかった。しかもGoogle検索は検索マーケットで支配的なシェアを保有している。 Googleはこれまで何度も反トラスト法に基… 続きを読む

  • Googleとモノポリー劇場

    Googleとモノポリー劇場

    先週、Googleの反トラスト法聴聞会で、いくつかの大切な瞬間と、上院議員たちがGoogleの社会に与える危険性を指摘するところを見た私は、自分が劇場にいたことに気付いてショックを受けた。ただの劇場ではない、モノポリー劇場だ。この概念の元になったのは、セキュリティー劇場で、これは「セキュリティーが改善されたようなフィーリングを与えつつ、実質的には何もしていないのも同然のセキュリティー対策」を表す用語だ。同じように、Googleのモノポリーパワーとそれに対する政府に対策ついて話すことは、競争条件を改善しているようなフィーリングを与えなが… 続きを読む

  • Googleが反トラスト嫌疑で上院の公聴会でつるし上げられるかも

    Googleが反トラスト嫌疑で上院の公聴会でつるし上げられるかも

    このところGoogleは、次から次と反トラスト嫌疑で調べられている。その中には、ITAの買収申請のような、大型買収による新市場への進出もあれば、検索における全面的な市場支配もある。同社はヨーロッパでも反トラスト関連の取り調べに直面しているが、今度は合衆国上院の公聴会でいじめられるらしい。 上院の「反トラスト・競争政策・消費者の権利小委員会」の委員長Herb Kohl(民主党、ウィスコンシン州)が、今行われている第112期国会で今日(米国時間3/10)、彼の小委員会の議題を発表した。その議題の一つが、”インターネットの検索におけ… 続きを読む