AOL

  • AOLのHuffington Post買収を皮肉るビデオ: "彼らにとって未来とは1996年のこと"

    本誌もその傘下であるAOLが、ニュースサイトHuffington Postを3億1500万ドルで買収すると発表して以来、口うるさい連中は、それどーゆー意味?と問い続けてきた。でもその答はこれでキマリだ。Funny or Dieが、それに関する、まるで15年前に作られたテレビコマーシャルもどきのビデオを作った。そのタイトルは、”AOLとHuffingtonの未来は1996年だ”だ。 要するに、AOL-HuffPoから一般消費者が得るものは、Alec Baldwinの社説と、いつも中西部の主婦たちで混み合っているサイバーセッ… 続きを読む

  • Huffington Post、AOLがトップ会見:重点は、女性、口コミ、地域の3つ

    Huffington Post、AOLがトップ会見:重点は、女性、口コミ、地域の3つ

    今日(米国時間2/7)午前、Tim ArmstrongとArianna Huffingtonが、AOLの発表した $315M(3億1500万ドル)によるHuffington Post買収について、アナリスト向けに電話会見を行った。Huffington Postは今年の収益に$50M(5000万ドル)を上乗せすると期待されており、すぐに年間収益$100M(1億ドル)へと成長するだろう。それでも、AOLの収益$2.4B(24億ドル)から見ればごく一部にすぎないが、これはArmstrongにとって過去最大の買収であり、これによって2013年に同社のa… 続きを読む

  • AOL、月間2600万のユニークビジターを誇るHuffington Postを$315Mにて買収

    AOL、月間2600万のユニークビジターを誇るHuffington Postを$315Mにて買収

    Super Bowlの日に話題をかっさらったのはArianna Huffingtonだと言って良いかもしれない。TechCrunchの親会社でもあるAOLがHuffington Postを$315M(3億1500万ドル)にて買収した。多くの人がこのニュースには驚いたことだろう。The Huffington Postには月間で2600万のユニークビジターが存在し、アグレッシブなCEOの元、インターネット界のメディアカンパニーとして大きな注目を集めている。尚、The Huffington Postには以前にも買収の話があった。Yahooとの話は、まとま… 続きを読む

  • 本物のブログはGoogleの広告を買わない

    本物のブログはGoogleの広告を買わない

    ブログというものは、どんなに規模が大きくても従来のメディアサイトとは少し違う。われわれは記事を書くのも更新するのも早い。記事の加工は少ない。真のニュースをより多く速報し、自らの見解を述べることをはばからない。コメント欄で読者と言い争いになることも多い。そしてわれわれは、そんな読者をたとえそれが厄介な人たちであっても増やすべく、赴くままにイベントに参加し、TwitterやFacebookで話題を提供し、コミュニティーの一部でいることを常としている。 大型ブログがやらないことの一つが、ComScoreの数値を上げるためにトラフィックを買うこ… 続きを読む

  • YahooとAOLの合併の噂: 一つの石は水に浮かないが二つ一緒なら浮く?そんな!

    YahooとAOLの合併の噂: 一つの石は水に浮かないが二つ一緒なら浮く?そんな!

    このところ毎月のように、YahooとAOLの合併の是非を云々する噂が流れる(ところでAOLは本誌TechCrunchの親会社だ)。今日(米国時間12/6)はReuters(ロイター通信)が、長い記事で噂を再燃させた。情報源は明かされていないが、どうやらいろんな情報筋が背後にいるようだ。たぶん投資銀行筋やAOLの役員が、ネタの一部を提供したものと思われる。でも、そんな合併を当然阻むであろう深刻な問題を、彼らは理解していないし、彼らの分析の一部は単純に間違っている。 ここで思い出すのは、弁護士時代に手がけた2つのテク企業の大型合併…AOLと… 続きを読む

  • Android環境でのiTunesを目指すWinamp、ワイアレス同期機能を搭載してシェア拡大を目指す

    Android環境でのiTunesを目指すWinamp、ワイアレス同期機能を搭載してシェア拡大を目指す

    Winamp for Androidが発表後1ヵ月を経て正式版が公開された。ベータ版公開後のダウンロード数は50万件を超えているとのことだ。WinampのAndroid版はAndroidフォンにダウンロードした音楽を管理することが主目的だが、他にも新しい機能を搭載している。注目すべきはデスクトップのWinampとWiFiを通じてワイアレスで同期する機能だ。またラジオステーションのShoutcastも利用できるようになっている(Winampおよび、ShoutcastはTechCrunch同様AOLの所有する企業だ)。ワイアレス同期を行うには… 続きを読む

  • Qwikiはなかなかやるね, 'AOL'の検索結果を見てみよう

    Qwikiはなかなかやるね, 'AOL'の検索結果を見てみよう

    これは、とても笑えるから、記事にしないのは惜しい。上のスクリーンショットは、Qwikiの検索結果だ。このビジュアル検索エンジンは、今年の本誌主催TechCrunch Disruptで優勝したスタートアップだ。まだ非公開ベータだが、何をするサイトかというと、ユーザが知りたいテーマ、すなわち検索キーワードに関連する何百万もの画像、ビデオ、音声、テキストなどから選んだリソースを、一冊の報告書のように編纂して提供する。テキストは、フレンドリな女性ロボットが読み上げてくれる。 Qwikiで”AOL”を検索すると、上のようなス… 続きを読む

  • われらが親会社AOLからのトラフィックはTwitterの3倍

    われらが親会社AOLからのトラフィックはTwitterの3倍

    1ヵ月前にAOLがわれわれを買った時、多くの約束がなされた。自治権、リソース、異常に時間のかかる社内会議、そして名声。これまでのところ、AOLは最初の3つは守ってきた。しかし、名声、これはaol.comのホームページ愛のことだが、は未だわれわれの手に入っていなかった。しかし、今日(米国時間10/26)それが変わった。ついにやってくれた。 きのう、会社のお偉方から、近いうちに親会社のホームページから、われわれの記事の一つにリンクを張るテストをするつもりだ、と言われた。今日、サイトのリンク元ログを眺めていたところ、興味深い現象が見つかった。… 続きを読む

  • われわれがTechCrunchをAOLに売った理由。そしてこれから

    われわれがTechCrunchをAOLに売った理由。そしてこれから

    もう、みなさんはAOLがわれわれを買収したニュースを聞いていることと思う。このビデオに、壇上で契約書に署名しているところと、その直後にAOL CEOのTim Armstrongをインタビューしているところが収録されている。 さて、どうしてこうなったのか。TechCrunchはどうなるのか。 去る5月に、私は「TechCrunch Disrupt: New York」のステージでTimをインタビューする機会があった。話を終え、控え室に行って二人だけで雑談した(これは、話し手が急いでいない限り、大ていの講演の後にあること)。 続きを読む

  • TC Disrupt:AOLの共同ファウンダー、Steve Case、「Yahooをたった$2Mで買えるところだった」

    TC Disrupt:AOLの共同ファウンダー、Steve Case、「Yahooをたった$2Mで買えるところだった」

    今日(米国時間2/25)、ニューヨークで開催中のTechCrunch DisruptにAOLの共同ファウンダー(元CEO)のSteve Caseが登壇、Michael Arringtonのインタビューを受けた。AOLはつい最近創立25周年を祝ったところで、今日はCaseの前にAOLの現CEO、Tim Armstrongが講演していることもあり、この対談では面白いエピソードが多数披露された。Caseの話でいちばん面白かったのはYahooの件だ。 読者は2年前にYahooがMicrosoftの買収攻勢を受けていた頃、AOLとの買収あるいは合併話が持… 続きを読む

  • 2010年はインスタントメッセージング(IM)が死んだ年になるのか?

    2010年はインスタントメッセージング(IM)が死んだ年になるのか?

    Twitterがインスタントメッセージング(instant messaging, チャット, 以下IMと略記)を殺したのか? ここ数年のIMのトラフィックの急激な落ち込みは、そう説明できるかもしれない。最近の調査によると、イギリス人は2007年にオンライン時間の14%をIMに費やしていた。今はどうか? わずか5%だ。IMは死んだのか? 今死につつあるのか? それとも次の大ジャンプに備えて身をかがめているのか? IMの人気が落ちたのだとすると、その理由がいくつかある。まず、IMのサービスは互いに互換性がない。自分がAIMを使っていて、ロンドンの… 続きを読む

  • Facebook、App Store、そして必然の音

    Facebook、App Store、そして必然の音

    “That is the sound of inevitability…“[仮訳:あれは必然の音だ] FacebookとAppleの(少なくとも相対的に)クローズドなエコシステムが、今日のウェブの基盤をいかに破壊していくかについて、ブロゴスフィアを飾る見出しという見出しを読むにつけ、映画マトリックスのこのセリフを思い出す。私はといえば、これっぽっちも心配していない。なぜか。それは今起きていることがサイクルの一部にすぎないと考えているからだ。そう、ウェブ(インターネット全体という意味で)は、循環的であるように私に… 続きを読む

  • オンライン広告の収益改善。昨年比で第1四半期は15%の伸び

    オンライン広告の収益改善。昨年比で第1四半期は15%の伸び

    第1四半期、オンライン広告業界の成長が加速しているようだ。業界内の大手4社(Google、Yahoo、Microsoft、およびAOL)の数値を合算するとほぼ年次比較で15%の伸びを示し、金額は$8.8B(88億ドル)にのぼっている。第4四半期は10%ほどの伸びで、昨年の第1、第2四半期はいずれも前年比でマイナスとなっていた(この時期はGreat Advertising Recession of 2009と評される)。 AOLの成績がここまで悲惨な状況になっていなければ、全体としてもっと良い成績となっていた。マイナス成長となったのはAOLだけで… 続きを読む

  • ソーシャルネットワークのBebo、AOLにとっては既に「過去の想い出」

    ソーシャルネットワークのBebo、AOLにとっては既に「過去の想い出」

    AOLは、ソーシャルネットワークサービスを提供するBeboを$850M(8憶5000万ドル)で購入したのを長らく後悔し続けている。さらにTim ArmstrongがCEOに就任して以来、何ら有効な梃入れはなされてこなかったと言って良い。AOLはついにイギリスの担当機関に対し、売却ないしサービス停止の手続きを開始しそうな見込みだ。もちろん売却するというのが理にかなった判断であるだろう。しかしBeboの価値はほとんど無に等しく、さらに税金上の理由から単にサービスが停止されることもあり得るかもしれない。 本日AOL社員に送られたメールには以下の… 続きを読む

  • 世界中に地域密着型ニュースサイトを育てるためにAOLが投資機関Patch.orgを立ち上げ

    世界中に地域密着型ニュースサイトを育てるためにAOLが投資機関Patch.orgを立ち上げ

    最近知ったところによると、AOLがPatchにお金をつぎ込んでいる(正確な額は$50M(5000万ドル))。Patchは地域密着型(hyperlocal, ハイパーローカル, 極小ローカル)ニュースのプラットホームで、41の小都市や地域社会のローカルニュースサイトを、ニューヨーク州、ニュージャージー州、マサチュセッツ州、コネチカット州、カリフォルニア州などで運営している。そして今回AOLは、Patchの慈善事業的な傍系組織としてPatch.orgというものを立ち上げる。Patch.orgの仕事は、“地域ジャーナリズムが未発達な… 続きを読む

  • AOLがLifestreamを単体サービスとして公開。これはGoogle Buzzのあるべき姿だ。

    AOLがLifestreamを単体サービスとして公開。これはGoogle Buzzのあるべき姿だ。

    AOLは、同社のAIMプラットホームの一部としてLifestreamというソーシャルアグリゲーター兼パブリッシャーサービスを、昨年秋のTechCrunch50で公開した。以来200万人近いユーザーを獲得しているとAOLは言っている。この成功を踏まえてAOLは、Lifestreamを単体製品としてlifestream.aol.comで提供開始した。 Friendfeedと同じく、Lifestreamは、Facebook、Twitter、MySpace、Foursquare、Delicious、Digg、Flickr、YouTube等さまざ… 続きを読む

  • オンライン広告に成長戻る―第4四半期の4大サイトは10.2%アップ

    オンライン広告に成長戻る―第4四半期の4大サイトは10.2%アップ

    ウェブの4大サイト (Google、Yahoo、Microsoft、AOL)の広告収入が第4四半期に平均で10.2%アップし、$9B(90億ドル)となった。昨年、オンライン広告不況が始まってから2期連続して成長率がプラスとなった。しかも第3四半期の1.2%に比べて成長率自体もアップしている。 また、第3四半期とは異なり、Google1社のみが成長したわけでもない。全4社とも健全な成長を記録したことは、オンライン検索広告市場に活気が戻ってきたことを意味するかもしれない。しかし依然、検索広告が成長の原動力となっている。Googleはまたも大幅… 続きを読む

  • AOL CEOのTim Armstrong、初の収支会見にて「細分化は友だち」

    AOL CEOのTim Armstrong、初の収支会見にて「細分化は友だち」

    AOLは本日(米国時間2/3)、新会社として上場後初の四半期収支報告を行った。2009年第4四半期の収益は8%減の$471.6M(4億7160万ドル)、利益は$1.4M(140万ドル)だった(下のスライド参照)。CEO Tim Armstrongの会見メモは以下にある。同氏はAOLの戦略の概要を説明し、労働力の1/3を削減した結果、今期の売上は伸び悩むであろう予告すると共に、「AOLは四半期プロジェクトではない」ことを指摘した。ArmstrongはAOLのコンテンツ戦略を強調し、同社の新しいコンテンツ管理システム、Seedおよびビデオ分野… 続きを読む

  • Bing、成長速度を上げて検索市場シェアをさらに拡大

    Bing、成長速度を上げて検索市場シェアをさらに拡大

    Bingが引き続きマーケットシェアを拡大しているようだ。おまけに、かつてと比較して、その速度を上げてきているようでもある。マイクロソフトの運営するBingは、昨年12月にはシェアをさらに0.4%伸ばして、米国内での検索シェアを10.7%に伸ばした。この数値はcomScoreのqSearchの数値に基づいたものだ。Bingはこれで開設以来ずっと5ヶ月連続でシェアを伸ばしたことになり、2009年5月からの比較で2.7%の伸びを示している。Googleはシェアこそ65.7%であるものの、シェアを0.2%伸ばしているに過ぎない。一方のYaho… 続きを読む

  • AOL、ユーザー基盤衰退でアナリストは悲観的

    AOL、ユーザー基盤衰退でアナリストは悲観的

    AOLは良い話をしているが、Citiのアナリスト、Mark Mahaneyは買っていない。恐らくAOLはインターネットで最も黒字転換が難しい状況にある、と同氏は言い、今日(米国時間12/23)のレポートで「ユーザー基盤が前年比28%減、EBITDA(控除前利益)は38%減」であることを挙げている。人にはYahooを買うよう薦めていて、「ほぼ間違いなくAOLより早く成長路線に戻る」と言っている。 またMahaneyによると、AOLは米国のトップ5ウェブ事業の中で、唯一訪問者数が対前年比で減少しているという。 明るい話題は、AOLの経営陣が現金… 続きを読む