A.P.

  • Google、Twitterの協力でAPがElection Buzzを提供―米大統領選の現状がリアルタイムでわかる

    Google、Twitterの協力でAPがElection Buzzを提供―米大統領選の現状がリアルタイムでわかる

    アメリカ大統領選の予備選前半の山場、スーパー・チューズデーを目前に控え、APはGoogleとTwitterの協力を受けて新しいサイトを開設した。このページを見れば「大統領選について誰が何を言っているか」やそのトレンドが時間ととともにどう変化しているかを簡単に一覧することができる。 簡単にいえばAP Election BuzzはTwitterのデータを利用した大統領選バージョンのGoogleトレンドといってよいだろう。このオンライン・ダッシュボードは特定の候補者を推薦することはしないのはもちろんだが、オンラインの会話でどの候補者が優勢なテーマ… 続きを読む

  • AP通信のTwitterに再び偽ツイート。復旧操作ミスか(修正済み)

    AP通信のTwitterに再び偽ツイート。復旧操作ミスか(修正済み)

    間違いは誰にでもある、しかしAPとTwitterのあまりに忠実なフィッシングへのひっかかり方は恥かしい。ご存じの通り、AP通信社のTwitterツイッターアカウントは、昨日フィッシング詐欺のために乗っ取られ、「速報:ホワイトハウスで爆発がありオバマ大統領が負傷」というツイートが発信された。 続きを読む

  • オンラインニュースの配信流通プラットフォームを構築するPublish2、狙うは「打倒、AP通信」

    オンラインニュースの配信流通プラットフォームを構築するPublish2、狙うは「打倒、AP通信」

    オンラインニュースを収集してまとめるサービスを展開しているPublish2がTechCrunch Disruptにて新たなサービスを発表した。そのサービスとはPublish2 News Exchangeと名付けられたもの。サービスの目的はAP通信にとってかわるという大それたものだ。 AP通信は加入料を支払う米国新聞社、ラジオおよびテレビ局による協同組合で、膨大な量のニュースや写真配信ネットワークを構成する。組合員以外でも配信を受け取ることはできる(もちろん高額な支払いが必要だ)。 Publish2は、このニュース配信業界の巨象に対して斧を振り上… 続きを読む

  • AP通信がライブストリームを採用―アカデミー賞のレッドカーペットをLivestreameから実況中継

    AP通信がライブストリームを採用―アカデミー賞のレッドカーペットをLivestreameから実況中継

    ライブビデオストリーミングがついにメインストリームメディアの採用するところとなった。ニューヨークのライブビデオ・ストリーミング・プロバイダ、LivestreamはAssociated Press〔AP通信〕と1年間の提携契約を結び、APがウェブ上に提供するライブビデオをすべて配信処理することになった。この契約に基づいて最初に配信されるのはこの日曜日に開催されるアカデミー賞授賞式会場前の「レッドカーペット」からの中継だ。 番組はLivestreamのAPLiveから公開され、視聴者はTwitterまたはFacebookのIDを使ってログイン… 続きを読む

  • A.P.にはYouTubeのチャネルがあるのに役員は知らない: ビデオを埋め込んだアフィリエイトを脅迫

    A.P.にはYouTubeのチャネルがあるのに役員は知らない: ビデオを埋め込んだアフィリエイトを脅迫

    またA.P.の名が歴史に刻まれる。新聞業界のRIAAになりたい同社の役員と弁護士たちは、今の音楽業界にも負けないおばかさんぶりを発揮し始めた。テネシー州のカントリーミュージックのインターネットラジオサイトWTNQ-FMが、A.P.のアフィリエイト担当副社長から、A.P.の公式のYoutubeチャネルからのビデオの掲載に対して停止命令を食らった。 こんなことは、そもそもできないはず。WTNQはA.P.のアフィリエイトだからA.P.は自分とこの会員を害してはならない、ということはしばらく忘れよう。どうやら、このご立派な通信社は自社が制御する… 続きを読む

  • 聞こえてくるあの泣き言は、新聞の死のあえぎ

    聞こえてくるあの泣き言は、新聞の死のあえぎ

    最近新聞業界から、ウェブがコンテンツを「盗んで」オレたちのビジネスをぶち壊している、という雑音が聞こえてくる。新聞記者たちは相も変わらず、インクに汚れた指でブログをさしては、「寄生虫」以外の何者でもないと言ってみたり、Googleに対しては、貴重な新聞記事の大型窃盗団を手伝い手引きしていると指摘する。ウォールストリート・ジャーナルをはじめとする一流(およびそうでもない)出版物のオーナーであるRupert Murdochが最近、業界はこれ以上Googleに「著作権の侵害」をさせてはならない、と警告した。そして昨日(米国時間4/6)、AP通… 続きを読む

  • ホットニュース:APは前世紀に生きている

    ホットニュース:APは前世紀に生きている

    AP通信とAll Headline Newsの係争は、90年前に作られインターネット時代に適合しない法原理に基づいて進められている。連邦判事は、APがAHNに対して「ホットニュース」を奪ったことを訴えることができるという裁定を下した。 今回のAPのAHNに対する告発は、以前同社が、タイトルを変えずに同社の記事にリンクを張っただけのブロガーを追い回したときよりは、まだ利があるようにみえる。AHN自身が、ニュースフィードや記事を、ウェブサイトや新聞、デジタル掲示会社等に販売している。APの主張は、AHNがAPの見出しと記事を許可なく提携料金も払… 続きを読む

  • APがまたしても「フェアユース」の勝手解釈をしている。オバマポスターのShepard Faireyの著作権侵害を主張中

    APがまたしても「フェアユース」の勝手解釈をしている。オバマポスターのShepard Faireyの著作権侵害を主張中

    Associated Press(AP)が、またしても間違った「フェアユース」(訳注:日本語ウィキペディアの解説はこちら)議論を繰り返している。Shepard Faireyというアーティストの作成したObamaの肖像ポスターに対してケチをつけている。このポスターはAPニュースに掲載されているMannie Garciaによって撮影された写真に基づくものであることが最近発見された。このポスターがその写真に基づくものであるのは明らかだ(左に並べて表示しておいた)。しかしこのポスターは、著作物の再利用方法としてまさに正しいものだと言える。 このポスタ… 続きを読む

  • AP対ブロガーの引用ルールをめぐる論争が旧大陸に飛び火

    AP対ブロガーの引用ルールをめぐる論争が旧大陸に飛び火

    法律で既定のルールの上に、さらにAPが自社記事の見出し・本文引用の際にブロガーが従うべきローカルルールを適用しようとして賛否両論を呼んでいる件が、イギリスでもニュースとして取り沙汰されている。 上の動画では、Sky NewsがTechCrunch UKエディターMike Butcherをインタビューし、この複雑な状況について話を聞いている。 ブロガーが部分転載し、引用元の記事へのリンクを掲載する限りにおいては法律はブロガーの味方でありAPの言い分は間違っている、とブッチャーは指摘している。もちろん、TechCrunchではAPは転載禁止にして、… 続きを読む

  • AP通信の記事についてのTechCrunchの方針―一切無視

    AP通信の記事についてのTechCrunchの方針―一切無視

    AP通信( Associated Press)は記事を引用するとすぐに訴えてくるので悪名高かったが、先週末、さらに悪事を重ねた―ブログのDrudge RetortをAPの記事の引用を含む読者投稿を掲載したという理由で訴えたのだ。Drudge RetortはDigg、TechMeme、Mixxその他何十ものウェブサイトと同様の慣行に従ったにすぎない。そもそもはっきり言えば、記事にリンクを張ってやったことでAPにありがたく 思われて しかるべきなのだ。 「「APはここ数日激しい非難の嵐にあって、打撃を極限する努力を行っている。当初の立場から後退した」と… 続きを読む