Apache Kafka

  • Confluent Cloudがオンデマンドの自動化スケーラビリティを導入

    Confluent Cloudがオンデマンドの自動化スケーラビリティを導入

    Confluent(コンフルレント)は米国時間5月6日、同社のApache Kafka(アパッチ・カフカ)クラウドサービスに、オンデマンドのスケーリング機能を新たに加えた。必要に応じて自動的にスケールアップ・ダウンを可能にする機能だ。 続きを読む

  • Confluentがリアルタイムストリーミングデータクラウドサービス向けの無料利用枠を追加

    Confluentがリアルタイムストリーミングデータクラウドサービス向けの無料利用枠を追加

    2017年にクラウドサービスを開始したConfluent(コンフルーエント)は、Kafkaストリーミングデータアプリケーションの実行に伴う複雑さの軽減を目指していた。本日同社は、そのクラウドサービスに無料利用枠を導入した。同社は、大規模なテクノロジー企業顧客を超えて、市場を拡大したいと考えている。この無料利用枠によって、小規模企業が簡単に始められるようになる。 続きを読む

  • AWSがマネージドKafkaサービスをローンチ、難しいセットアップや管理からデベロッパーを解放

    AWSがマネージドKafkaサービスをローンチ、難しいセットアップや管理からデベロッパーを解放

    Kafka(Apache Kafka)は、データストリームの入力を〔緩衝バッファ的に〕扱うオープンソースのツールだ。 続きを読む

  • Kafkaクラスターの自動ロードバランシングツールCruise ControlをLinkedInが発表

    Kafkaクラスターの自動ロードバランシングツールCruise ControlをLinkedInが発表

    今日(米国時間8/28)サンフランシスコで行われたKafka SummitでLinkedInが、KafkaのクラスターのためのロードバランサーツールCruise Controlを発表した。 続きを読む

  • ConfluentがKafkaによるメッセージングシステムの長年の夢、‘正確に一度だけ’をついに実現

    ConfluentがKafkaによるメッセージングシステムの長年の夢、‘正確に一度だけ’をついに実現

    オープンソースの分散メッセージストリーミングツールApache Kafkaの商用化サービス(リアルタイムデータストリーミング)を提供しているConfluentが今週、Kafkaのユーザーにとって嬉しい機能を発表した。それは、Kafkaを使ってメッセージを、“正確に一度だけ”送る能力だ。 それのどこがすごいのか、門外漢には分かりづらいが、Kafkaのような高速メッセージングツールを使っている人たちにとっては、長年の見果てぬ夢だった。コミュニティの人たちは、実現不可能とも思っていた。 続きを読む

  • Confluentが$50Mを調達してApache Kafkaの商用化にますます邁進…巨大テク企業の不可欠の構築ベースへ

    Confluentが$50Mを調達してApache Kafkaの商用化にますます邁進…巨大テク企業の不可欠の構築ベースへ

    オープンソースのストリーミングデータベースプロジェクトApache Kafkaの商用サービスを提供しているConfluentが今日(米国時間3/7)、5000万ドルの資金調達を発表した。 そのラウンドはSequoiaがリードし、BenchmarkとVenturesが参加した。SequoiaのMatt Millerが、これを機にConfluentの取締役会に加わる。これで同社の資金調達総額は8000万ドルになる。 続きを読む