アポロ(用語)

  • 「歴史上最も孤独な男」月に降りなかったアポロ11号クルーのマイケル・コリンズ飛行士が逝去

    「歴史上最も孤独な男」月に降りなかったアポロ11号クルーのマイケル・コリンズ飛行士が逝去

    1969年、ニール・アームストロング飛行士とバズ・オルドリン飛行士が人類初の月面着陸を果たしたとき、アポロ11号司令船内にとどまって2人のサポート役に回った宇宙飛行士、マイケル・コリンズ氏が90歳で死去しました。コリンズ氏はしばらくがんを患い闘病していました。 続きを読む

  • アポロ11号が最初に持ち帰った月の石をスマホで堪能しよう

    アポロ11号が最初に持ち帰った月の石をスマホで堪能しよう

    アポロ11号の月面着陸から50周年を迎えたNASAは、今さまざまな方法で祝っている。その中には、世界中どこにいようと、スマホさえあればだれでも体験できるものもある。 続きを読む

  • アポロ11号の月面着陸をリアルタイムレイトレーシング技術で再現

    アポロ11号の月面着陸をリアルタイムレイトレーシング技術で再現

    アポロ11号の月面着陸ミッションの50周年記念にあたり、Nvidia(エヌビディア)はこの記念日を利用して最新GPU技術を披露している。 続きを読む

  • Googleがアポロ11号宇宙飛行士と月面着陸50周年を祝う

    Googleがアポロ11号宇宙飛行士と月面着陸50周年を祝う

    月面着陸から50周年を迎えた今、Google(グーグル)がこのマイルストーンを祝うことに驚きはない。 続きを読む

  • Googleがアポロ11号ソフトウェア責任者を記念し巨大モニュメント製作

    Googleがアポロ11号ソフトウェア責任者を記念し巨大モニュメント製作

    Apollo 11号の月面着陸、50周年を記念してGoogleはさまざまな催しを企画しているが、なかでも規模最大なのはGoogleマップのチームが砂漠に作った巨大ポートレートだ。 続きを読む

  • TV番組「アポロ:ミッション・トゥ・ザ・ムーン」で宇宙探査の歴史が甦る

    TV番組「アポロ:ミッション・トゥ・ザ・ムーン」で宇宙探査の歴史が甦る

    人類の月着陸から50周年を記念して、ナショナル ジオグラフィックは、日曜日の夜から始まるスペースウィークの皮切りに、新しいドキュメンタリー番組『アポロ:ミッション・トゥ・ザ・ムーン』を放送する(日本では7月16日放送予定)。 続きを読む

  • 1969年の月面着陸を指揮した管制室をNASAが完全復元

    1969年の月面着陸を指揮した管制室をNASAが完全復元

    コンピューターのコンソールや端末など大きなものだけでなく、カーペットや服の一つ一つ、灰皿やペンなども正しく用意した。また、それらが置かれていた場所や置き方も、当時の正確な再現を目指した。 続きを読む

  • NASAの月着陸船「スヌーピー」が宇宙に捨てられた50年後に発見か

    NASAの月着陸船「スヌーピー」が宇宙に捨てられた50年後に発見か

    1969年に宇宙飛行士のトーマス・スタッフォード氏とユージン・サーナン氏はアポロ10号ミッションで、「スヌーピー」と呼ばれた月着陸船を月面直前まで飛ばし、任務完了後に宇宙に放った。 続きを読む

  • アポロ11号の50周年記念にレゴで作る月着陸船

    アポロ11号の50周年記念にレゴで作る月着陸船

    アポロ11号の50周年、つまり最初の月面着陸の記念日が近づいている。それを祝うために、レゴはNASAと協力して、イーグル着陸船のレプリカを作った。 続きを読む

  • 最後に月面を歩いた宇宙飛行士、ジーン・サーナン氏が82歳で死去

    最後に月面を歩いた宇宙飛行士、ジーン・サーナン氏が82歳で死去

    1972年12月7日、アポロ17号のミッションはジーン・サーナン船長の指揮の下で実行された。その4日後、クルーは月面に着陸した。それはサーナンにとって3度目で最後の宇宙への旅だった ― そして、結果的に現在までにNASAが月面に人間を送った最後の計画となった。 続きを読む

  • Project San Dimasベータ: eBayのUIを一新

    Project San Dimasベータ: eBayのUIを一新

    「Web 2.0 Expo」の会場では、オンラインオークションの巨人eBayがようやくユーザー体験のことを考え直しはじめたようで、「Project San Dimas」と今のところ呼ばれるApolloアプリケーションの限定ベータを開始したと発表した。この新アプリはeBayでの買売の効率を高めて、サードパーティーの「パワーユーザー」向けオークションサービスの巨人たち「Vendio and Marketworks」や 「Y Combinator」、新進の「Auctomatic」らと競合しようというもの。この名前が更正した盗っ人の守護聖人に因んだのか(詐欺… 続きを読む