Apple Music(製品・サービス)

Apple Musicは、アップルの音楽配信サービス。2015年6月30日にサービス開始。

  • Apple Musicが空間オーディオとロスレスオーディオの提供を開始

    Apple Musicが空間オーディオとロスレスオーディオの提供を開始

    Apple MusicサブスクでDolby AtmosによるロスレスストリーミングとSpatial Audio(空間オーディオ)を無料で利用できるになったとAppleは米国時間6月8日朝に発表した。ただ、多くの人はこのアップグレードが実際には6月7日のWWDCキーノートの後に行われたことに気づいていた。 続きを読む

  • アップルが動画や音楽をバーチャル共同視聴できる新機能「SharePlay」をiOS 15で導入

    アップルが動画や音楽をバーチャル共同視聴できる新機能「SharePlay」をiOS 15で導入

    AppleはiOS 15でのFaceTimeアップデートの一環として、新しい体験共有機能を発表した。FaceTimeコールで一緒にテレビ番組やTikTokビデオを観たり音楽を聴いたり、あるいはスクリーンシェアしたりできるというものだ。 続きを読む

  • アマゾンがAppleに対抗して無料でロスレス音楽配信サービスにアップグレード、まずは北米などから

    アマゾンがAppleに対抗して無料でロスレス音楽配信サービスにアップグレード、まずは北米などから

    Appleが、Dolby Atmosに対応したロスレスオーディオと空間オーディオを提供する次世代音楽サービスを発表したのに続いて、今度はAmazonが自社のストリーミング音楽加入者のつなぎとめを目的とした動きを見せている。 続きを読む

  • Apple Musicがロスレス・空間オーディオを2021年6月から提供、追加料金なし

    Apple Musicがロスレス・空間オーディオを2021年6月から提供、追加料金なし

    Appleは、同社の音楽ストリーミングサービス「Apple Music」にいくつかの新機能を追加することを発表した。2021年6月からユーザーは、ロスレスオーディオファイルに加え、Dolby Atmos(ドルビーアトモス)に対応した空間オーディオなど、いくつかの新しいオプションを利用できるようになる。 続きを読む

  • Apple Musicでのストリーミング売上詳細をアーティストへの手紙に記載、やはり中堅や独立系たちには厳しい

    Apple Musicでのストリーミング売上詳細をアーティストへの手紙に記載、やはり中堅や独立系たちには厳しい

    ストリーミング収入はミュージシャンにとって長年の懸案事項であり、特にレコード会社が業界全体で崩壊したことにより何とか生活しているミュージシャンにとって、大きな問題だった。Appleはアーティストに送ったレターの中で、ストリーミング売上げに関する主要な疑問の一部を明らかにしたいと考えている。 続きを読む

  • Appleが独立系アーティストを支援する音楽配信プラットフォームUnitedMastersに出資

    Appleが独立系アーティストを支援する音楽配信プラットフォームUnitedMastersに出資

    独立した音楽配信プラットフォームでツールファクトリーのUnitedMastersは、AppleがリードしたシリーズBラウンドで5000万ドル(約55億3600万円)を調達した。A16zとAlphabetもUnitedMastersのラウンドに再び参加した。UnitedMastersはまた、Appleと戦略的パートナーシップも結ぶ。 続きを読む

  • Googleアシスタント対応デバイスがいよいよApple Musicをサポート開始

    Googleアシスタント対応デバイスがいよいよApple Musicをサポート開始

    Googleは米国時間12月7日の朝、米国やイギリス、フランス、ドイツ、日本でGoogle NestなどのGoogleアシスタント対応スマートスピーカーやディスプレイに、Apple Musicのサポートを追加すると発表した。 続きを読む

  • Apple Oneは、iCloud/Music/TV+/Arcadeをバンドル、日本では個人・ファミリーの2プランを用意

    Apple Oneは、iCloud/Music/TV+/Arcadeをバンドル、日本では個人・ファミリーの2プランを用意

    最近はすべて毎月の料金がかかるようだ。また、アップルのイベントが開催されるたびに、毎月10ドル以上をアップルに支払う新たな方法がもたらされるようだ。今回は「Fitness+」が追加され、Apple TVで数値にフォーカスした動画ワークアウトができるようになった。 物事をシンプルに保つために、そして購読し続けるために、同社は新しいバンドル製品「Apple One」の提供を開始した。 続きを読む

  • アップルがApple MusicやApple Arcadeなど複数サービスのサブスクセット販売を計画中

    アップルがApple MusicやApple Arcadeなど複数サービスのサブスクセット販売を計画中

    ブルームバーグによると、アップルはさまざまなサブスクリプションサービスのバンドルプランをリリースする準備を進めているという。「Apple One」 と呼ばれる可能性があるこのバンドルパッケージにはApple Music、Apple Arcade、Apple TV+、Apple News+、iCloudなどAppleのサービスが含まれており、それぞれを個別に購読するよりも安い料金で提供される。 続きを読む

  • アップルがApp Store、Apple Musicなどのサービス提供をアフリカをはじめとした数十の国や地域でも開始

    アップルがApp Store、Apple Musicなどのサービス提供をアフリカをはじめとした数十の国や地域でも開始

    アップルはApp Store、Apple Podcasts、iCloud、およびApple Musicの各サービスを、アフリカ、欧州、アジアパシフィック、中東などの数十の追加市場に向けて開始すると発表した。これは、世界最大規模の企業によるサービスの世界最大規模の地理的な拡張となる。 続きを読む