アプリ

  • 長時間の在宅で2020年第1四半期のアプリの売上は史上最高を記録

    長時間の在宅で2020年第1四半期のアプリの売上は史上最高を記録

    新型コロナウイルスの感染拡大で家にいる時間が長くなったことから、2020年第1四半期のアプリの売上は四半期としてはこれまでで最高の約2兆5400億円になった。 続きを読む

  • ビデオ会議アプリのダウンロードが新型コロナ需要で過去最多の週6200万回

    ビデオ会議アプリのダウンロードが新型コロナ需要で過去最多の週6200万回

    在宅勤務の推奨やソーシャルディスタンス(社会的距離)の励行、政府によるロックダウンなどにより、ビデオ会議アプリの需要が業務使用、個人使用のどちらでも増えている。その結果、30日に発表されたApp Annieの最新レポートによると、ビジネス会議アプリは3月に過去最多の伸びをみせた。 続きを読む

  • SpotifyがポッドキャストのAPIを公開するもストリーミング機能は含まれず

    SpotifyがポッドキャストのAPIを公開するもストリーミング機能は含まれず

    Spotifyは、他社製アプリからSpotifyに接続し、利用者のポッドキャストライブラリの管理、ポッドキャストのカタログの検索、番組やエピソードの詳細情報の取得ができるようにするAPIを公開した。 続きを読む

  • Androidアプリの公開用レビューもCOVID-19の影響で遅れがちに

    Androidアプリの公開用レビューもCOVID-19の影響で遅れがちに

    Googleは今週Androidのデベロッパーに、Playストアのアプリの公開用レビュー期間が通常よりずっと長くなる可能性があると警告した。これもCOVID-19危機の影響だ。デベロッパーはアプリのレビューに1週間、あるいはそれ以上かかることを覚悟しなければならない。 続きを読む

  • オンラインのコードコラボツールGlitchが労使協調の下で労働組合を結成

    オンラインのコードコラボツールGlitchが労使協調の下で労働組合を結成

    オンラインのコラボレーションで、ソフトウェアを作っていくプラットホームGlitchの従業員が米国時間3月13日、労働組合結成を発表した。このニュースはCommunications Workers of America Union(アメリカの通信労働者組合、CWA)により、公式のものになっている。 続きを読む

  • アップルがClearview AIのiPhoneアプリをルール違反でブロック

    アップルがClearview AIのiPhoneアプリをルール違反でブロック

    論争の渦中にある顔認識技術のスタートアップClearview AIが作ったiPhoneアプリをApple(アップル)がブロックし、そのアプリの利用を実質的に禁じた。AppleはTechCrunchに、そのスタートアップがAppleのエンタープライズデベロッパー事業の規約に違反していたことを確認した。 続きを読む

  • Instagramが最新投稿の見逃しを防ぐ機能を開発中?

    Instagramが最新投稿の見逃しを防ぐ機能を開発中?

    フォローしている人たちの画像やビデオを新しい順に見たいと思ってた人は、やっとその願いが叶うかもしれない。どうやらInstagramは、最新投稿を表示する「最新ポスト」機能を開発しているようだ。 続きを読む

  • GoogleのGboardキーボードのEmoji Kitchenで絵文字のマッシュアップができる

    GoogleのGboardキーボードのEmoji Kitchenで絵文字のマッシュアップができる

    Android用の新しいGboardには「絵文字キッチン」(Emoji Kitchen)という機能があって、ユーザーはいろんな絵文字をマッシュアップしてメッセージのステッカーとして使える。 続きを読む

  • Googleアシスタントが忘れ物防止タグ「Tile」と統合、なくした物を声で見つけてくれる

    Googleアシスタントが忘れ物防止タグ「Tile」と統合、なくした物を声で見つけてくれる

    Googleアシスタントが米国時間2月3日から、TileのBluetoothトラッカーをサポートし、鍵や財布やリモコンなど、どこかに置き忘れた物を見つけてくれる。 続きを読む

  • Wikipediaの英語バージョンの記事数が600万超え

    Wikipediaの英語バージョンの記事数が600万超え

    米国時間1月23日、Wikipediaが重要なマイルストーンを超えた。この世界最大のオンライン百科事典の英語バージョンの記事が今や600万本以上になったのだ。 続きを読む