アプリ / モバイルアプリ(用語)

アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧

  • 新型コロナ下の第2四半期のモバイルアプリはダウンロード数、利用時間、売上のいずれも新記録達成

    新型コロナ下の第2四半期のモバイルアプリはダウンロード数、利用時間、売上のいずれも新記録達成

    新型コロナウイルス(COVID-19)による危機に世界が対処を続ける中、2020年第2四半期のテクノロジービジネスはモバイルアプリのダウンロード数、使用時間、消費者支出のいずれも新記録を作る結果となった。 続きを読む

  • アップルのApp Storeに対して開発者によるアプリのリジェクトやルールへの異議申し立てが可能に

    アップルのApp Storeに対して開発者によるアプリのリジェクトやルールへの異議申し立てが可能に

    Appleは、近く実施されるApp Storeのルール変更を発表した。これにより、このマーケットプレイスの運用が大きく変わる可能性がある。もうすぐ開発者はアプリのリジェクトだけでなく、その根拠となったルールにも異議を唱えられるようになる。 続きを読む

  • 秘匿性の高いメッセージングアプリ「Signal」に顔をぼかす機能が加わる

    秘匿性の高いメッセージングアプリ「Signal」に顔をぼかす機能が加わる

    Signalは、このアプリで送る写真の中の顔をぼかす機能を加えて、ほかのあまり安全でないアプリに痕跡を残さずに、特定の人のアイデンティティ(本人情報)を容易に保護できるようにした。 続きを読む

  • アップルとグーグルが新型コロナ濃厚接触通知APIをリリース、各国公衆衛生機関はアプリ開発へ

    アップルとグーグルが新型コロナ濃厚接触通知APIをリリース、各国公衆衛生機関はアプリ開発へ

    Apple(アップル)とGoogle(グーグル)は新型コロナウイルス(COVID-19)感染者と接触した可能性があることを通知するアプリのAPIを一般公開した。 続きを読む

  • 注文したポルシェ911の納車までを最新アプリで追跡可能に

    注文したポルシェ911の納車までを最新アプリで追跡可能に

    ポルシェは、顧客の細かな要求に応えるため、デジタルサービスの充実に多くのリソースを投入している。子会社のPorsche Digitalによる最新の成果として、ポルシェ911を注文した米国の顧客に、生産拠点からディーラーまでの輸送状況を追跡できるアプリを提供する。 続きを読む

  • コンピュータビジョンを利用して動画の特定部分のみにエフェクトをかけられるスマホ向け編集アプリ「Vochi」

    コンピュータビジョンを利用して動画の特定部分のみにエフェクトをかけられるスマホ向け編集アプリ「Vochi」

    ベラルーシを拠点とするスタートアップのVochiが、150万ドル(約1億6000万円)のシード資金の調達に成功した。同社は、スマートフォン向けにコンピュータービジョンベースのビデオ編集・エフェクトアプリを開発している。 続きを読む

  • 落書きや母の日用エフェクトなどビデオチャットアプリGoogle Duoにファミリーモード加わる

    落書きや母の日用エフェクトなどビデオチャットアプリGoogle Duoにファミリーモード加わる

    Googleは米国時間5月8日に、ビデオチャットアプリGoogle Duoのアップデートをローンチした。なお、Google HangoutやGoogle MeetもDuoと同じビデオ+音声+テキストのチャットアプリだから間違えないように。 続きを読む

  • 接触者追跡アプリのセキュリティ欠陥を指摘されたインド政府が「設計通り」と回答

    接触者追跡アプリのセキュリティ欠陥を指摘されたインド政府が「設計通り」と回答

    インド政府は、国が作った接触者追跡アプリであるAargya Setuが9000万ユーザーの位置データを取得し、地域内の新型コロナウイルス検査陽性者の密度を見られるようにしているのは「意図的」であると語った。 続きを読む

  • 新型コロナ接触者追跡アプリの拡大流用に警鐘、「中央集中型」支持の英国でも

    新型コロナ接触者追跡アプリの拡大流用に警鐘、「中央集中型」支持の英国でも

    英国政府による新型コロナウイルス接触者追跡アプリの開発計画について、その透明性と拡大流用に関する懸念を表明する公開書簡に、英国のコンピュータセキュリティ専門家とプライバシー専門家が多数署名した。 続きを読む

  • 新型コロナウイルスに関するデマを暴くWhatsApp用チャットボット

    新型コロナウイルスに関するデマを暴くWhatsApp用チャットボット

    ジャーナリズムを支援する非営利団体Poynter Institute(ポインター・インスティテュート)が、Facebook傘下のサービスであるWhatsAppで新しいチャットボットを公開した。これを使えば、世界中の人たちが、例えばこの感染症は中国・武漢の研究所から発せられたといったパンデミックに関する4000件を超えるデマの正体を暴けるようになる。 続きを読む