AR

  • AR時代のインフラ開発目指すCynack、AR専用ブラウザ「Sphere」をリリース

    AR時代のインフラ開発目指すCynack、AR専用ブラウザ「Sphere」をリリース

    AR領域の技術開発に取り組むCynackは8月26日、AR専用のブラウザ「Sphere」をリリースした。 続きを読む

  • YouTubeのAR機能でビデオを見ながら仮想メイクを試せる

    YouTubeのAR機能でビデオを見ながら仮想メイクを試せる

    YouTubeのメイクチュートリアルビデオを見ながら自分の顔で仮想メイクを試せるAR機能が公開された。これはARを利用した広告キャンペーンだ。 続きを読む

  • インスタのARフィルタ開発キットをFacebookが公開

    インスタのARフィルタ開発キットをFacebookが公開

    フェイスブックは、これまで限定ベータだったSpark ARを、すべてのデベロッパーに公開し、AR(拡張現実)フィルタを開発してインスタグラム上で共有できるようにすると発表した。 続きを読む

  • ハリー・ポッター:魔法同盟がカナダやドイツと23カ国で追加配信

    ハリー・ポッター:魔法同盟がカナダやドイツと23カ国で追加配信

    棒や巨大な蜘蛛が登場する『 「Pokemon GO」ともいえる『ハリー・ポッター:魔法同盟」(Harry Potter:Wizards Unite)は今週にローンチされたが、サービス対象地域は米国、英国、オーストラリア、そしてニュージーランドだけだった。 続きを読む

  • YouTubeがメイクアップAR実装、ユーザーはレビューを見ながら仮想メイクできる

    YouTubeがメイクアップAR実装、ユーザーはレビューを見ながら仮想メイクできる

    YouTubeは、アプリの中に仮想メイクアップを行う拡張現実(AR)機能を導入し、その体験をさらに刺激的なものにしようとしている。 続きを読む

  • Minecraft EarthはARで現実がブロックの世界になりニワトリも飼える

    Minecraft EarthはARで現実がブロックの世界になりニワトリも飼える

    ゲームのプレイヤー数が1億人を突破すれば、次は2倍の数を目指そうと思うのが自然な成り行き。それは、ゲームがそのまま商品カテゴリーにもなったMicrosoft(マイクロソフト)の「Minecraft」の開発者たち、というかむしろスチュワードも同じこと。 続きを読む

  • Google I/O 2019基調講演で語られた全内容のまとめ

    Google I/O 2019基調講演で語られた全内容のまとめ

    先週末に行われたGoogle I/Oカンファレンスの2時間にわたる基調講演で、Googleは、新しいスマートフォンから次世代型の音声アシスタントなど、この1年間で開発してきたものを大量に発表した。すべてを見ている暇はない? 大丈夫。そんな人のために駆け足で紹介しよう。 続きを読む

  • GoogleマップのAR案内がPixelで本日から順次利用可能に

    GoogleマップのAR案内がPixelで本日から順次利用可能に

    昨年のGoogle I/Oで見た奇妙だが興味をかきたてられるデモが、一般ユーザーにも公開された。Google MapsのAR歩行経路案内が、今日からPixelユーザーに提供される。 続きを読む

  • Facebookに隷属することを嫌ったSnapchat、新戦略により新時代が到来する

    Facebookに隷属することを嫌ったSnapchat、新戦略により新時代が到来する

    SnapchatのCEOのEvan Spiegel氏は、ついにMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏のコピー軍団を撃退する妙案を思いついた。 続きを読む

  • アップルが2020年にARヘッドセットをローンチするという噂

    アップルが2020年にARヘッドセットをローンチするという噂

    そのグラスはiPhoneの外付けディスプレイのようなものとして、情報をユーザーの眼前に送り出す。 続きを読む

  • LEGOがAR対応セット8種を発売へ

    LEGOがAR対応セット8種を発売へ

    LEGOは数年前からWWDCで拡張現実(AR)の活用計画について話してきたが、このたびついにAR向けセット8種の発売にこぎつけた。 続きを読む

  • iPhoneの将来を勝手に心配した記事がダントツ(2018年10月ランキング)

    iPhoneの将来を勝手に心配した記事がダントツ(2018年10月ランキング)

    2018年にアクセス数の多かった記事を月別に紹介していく年末企画。10月は、iPhoneの今後がどうなるかを書いたコラムがダントツのアクセスを集めた。 続きを読む

  • General Catalystが期待する「善い行いで成功する」機会は企業向けARにある

    General Catalystが期待する「善い行いで成功する」機会は企業向けARにある

    TechCrunch Disrupt Berlin 2018にて、拡張現実(AR)技術パネルディスカッションが行われた。 続きを読む

  • VR/AR用触覚デバイス「EXOS Wrist DK2」の無償レンタルプログラムが開始

    VR/AR用触覚デバイス「EXOS Wrist DK2」の無償レンタルプログラムが開始

    VR/AR用触覚デバイス「EXOS」シリーズを開発・販売するexiiiは11月13日、手首装着型の「EXOS Wrist DK2」の無償レンタルプログラム「EXOS for Hackers」を開始した。 続きを読む

  • WalmartのiOSアプリにARスキャナーを搭載して棚の上の商品の価格や評判を比較できる

    WalmartのiOSアプリにARスキャナーを搭載して棚の上の商品の価格や評判を比較できる

    Walmartが、拡張現実を試そうとしている。今日(米国時間11/1)同社は、そのiPhoneアプリの中に、顧客の製品比較を助けるARスキャナーをローンチしたことを発表した。それはふつうのバーコードスキャナーのように品物の価格をひとつずつ比較するのではなくて、WalmartのARスキャナーはお店の商品棚をパンして、製品の下に価格と顧客の格付けに関する詳細を表示する。 続きを読む

  • Walmartの新技術テスト店舗Sam’s Club Nowが、来週ダラスでオープン

    Walmartの新技術テスト店舗Sam’s Club Nowが、来週ダラスでオープン

    Walmartが経営する会員制大型ディスカウントストアのSam’s Clubが、最新の小売テクノロジーのテストベッドとして利用する新しい店舗を、ダラスにオープンする準備を進めている。具体的に言えば、同社が特にテストしようとしているのは、モバイルチェックアウト、在庫管理を行うAmazon Go式のカメラシステム、電子的な棚ラベル、店内案内テクノロジー、拡張現実、そして人工知能を活用したショッピングなどの、新しいコンセプトたちだ。 続きを読む

  • AR謎解きゲーム「サラと謎のハッカークラブ」運営のプレティアが資金調達ーー続編提供に向け加速

    AR謎解きゲーム「サラと謎のハッカークラブ」運営のプレティアが資金調達ーー続編提供に向け加速

    渋谷で開催中の新感覚AR謎解きゲーム「サラと謎のハッカークラブ」を提供するARスタートアップのプレティアは10月4日、インキュベイトファンド、Tokyo XR Startups、NHN CAPITALのほか、國光宏尚氏、佐藤裕介氏、塩田元規氏、吉田浩一郎氏ほか複数の個人投資家から資金調達したことを発表した。調達した額は非公開となっているが、資金をもとに同社は更なる高い顧客満足度を達成するため技術開発及びサービス改善に注力するという。 8月4日より開催されているサラと謎のハッカークラブはオリジナルアプリ「HACK PAD」を使って遊ぶAR謎解きゲ… 続きを読む

  • WayRayのホログラフィックAR HUDにポルシェなど自動車メーカーが800万ドルを投資

    WayRayのホログラフィックAR HUDにポルシェなど自動車メーカーが800万ドルを投資

    巨大にして古い体質を引きずる自動車産業は、次世代の自動車技術を開発してもらおうと、革新的なスタートアップに望みと夢を託してきた。そのいちばん新しい物語のページが、先日、開かれた。チューリッヒに本社を置くホログラフィーを使った拡張現実技術(AR)とハードウエア(運転者の視界に映像を投影するヘッドアップ・ディスプレイ(HUD)に使われる)を開発する企業WayRayが、ポルシェが主導するシリーズC投資として800万ドル(約9億円)の資金を調達した。これには、現代自動車、以前から同社に投資を行っているアリババ・グループ、招商局集団、JVCケン… 続きを読む

  • Oculusの共同創設者が競合他社製Magic Leapヘッドセットを「悲劇の誇大広告」と痛烈批判

    Oculusの共同創設者が競合他社製Magic Leapヘッドセットを「悲劇の誇大広告」と痛烈批判

    企業の創業者が、競合他社の新製品をこき下ろすレビュー記事を書くというのは尋常なことではないが、Oculusの共同創設者Palmer Luckeyは、ずっと尋常ではない起業家で通ってきた。 続きを読む

  • AmazonのPart Finder機能はネジなどの正しいパーツを画像認識で見つけてくれる

    AmazonのPart Finder機能はネジなどの正しいパーツを画像認識で見つけてくれる

    ねじやナット、ボルト、ワッシャー、割りピンなどをネットで買いたいけど、自分が欲しいものをどうやって見つけるべきか? Amazonはそんなネットショッパーたちのために“Part Finder”(パーツ・ファインダー)というサービスを用意した。モバイルのカメラで目的のネジを撮(うつ)すと、Amazonはそれをスキャンして寸法を測り、まさにその品物のページへあなたを連れて行く。 Amazonはこの機能のローンチをまだ発表していないが、実は数週間前に全ユーザー向けに可利用になったらしい。 続きを読む