ARKit

  • 絶滅危惧種の動物とその保護を扱うARゲーム「Wildeverse」がローンチ

    絶滅危惧種の動物とその保護を扱うARゲーム「Wildeverse」がローンチ

    ケニアの拡張現実ゲーム開発会社Internet of Elephantsは、Borneo Nature Foundation、Goualougo Triangle Ape Foundation、Zoo Atlanta、Chester Zooの保護科学の専門家と提携して、最新のゲームをローンチした。「Wildeverse」という名前のこの新しいゲームは、ARを使って仮想の森を作り、そこでプレイヤーは特定の動物を探したり、動物の居場所を知る手がかりを探したりすることができる。 続きを読む

  • アップル製品の将来を占う新しいアプリ開発環境「SwiftUI」

    アップル製品の将来を占う新しいアプリ開発環境「SwiftUI」

    アップルがWWDCで発表した開発ツール類は、今後のApple製品向けのアプリの数と質の両方に多大な影響を与える可能性が高い。 続きを読む

  • アップルは新しいツールでAR機能を増強

    アップルは新しいツールでAR機能を増強

    Apple(アップル)の最新のツールを見ると、同社の長年の夢であるARの偏在性(どこにでもARがあること)を、デベロッパーにとってより取っ付き易いものにしているようだ。 続きを読む

  • ARKitネイティブアプリが1300万回以上ダウンロードされた、その半分近くがゲームだ

    ARKitネイティブアプリが1300万回以上ダウンロードされた、その半分近くがゲームだ

    2017年9月19日にiOS 11がリリースされて以来、AppleのARKitを使用して開発された拡張現実感(AR)アプリケーションたちが、1300万回以上ダウンロードされてきた。これはアプリ情報会社Sensor Towerからの新しいデータによるものだ。それはARアプリのエコシステムを調査したもので、いまやしっかりと根付きつつあるようだ。その調査によれば、アプリの世界における新しい開発に一般に見られるように、ARKitの適用という点でもゲームが牽引力を発揮していることが明らかになった。 続きを読む

  • SketchfabのアプリがARKitを体験するのに最高かも

    SketchfabのアプリがARKitを体験するのに最高かも

    iOS 11の大きな約束の1つだったのがARKitである。この新しいフレームワークは、拡張現実を利用して、現実世界に置かれた仮想オブジェクトを簡単に見ることができるようにするものだ。Sketchfabは、3DモデルのためのYouTubeと呼ぶことができる、世界最大の3Dモデル共有プラットホームを構築してきた。それが本日(米国時間26日)のiOSアップデートで、Sketchfabが完全な拡張現実アプリに変わった理由だ。 今回の実装は、現実世界上のウェブビューを利用しているため、まだ完璧ではない。これが多少の遅れが生じる原因だ。ともあれまずは… 続きを読む

  • iOS11ですぐに試せるARKitアプリ6選

    iOS11ですぐに試せるARKitアプリ6選

    AppleがiOS 11を公開した。大きな特徴の1つは、開発者たちがすばらしい拡張現実アプリケーションを簡単に作成できる、SDKのARKitだ。 Appleが数ヵ月前にARKitを発表していたにも関わらず、電話機の上でARを試してみるためのオプションはそれほど多くはない。とはいえ、私たちは、拡張現実とARKitの可能性をチラ見せしてくれる、幾つかの良いアプリを見つけた。 iPad Pro、Phone 6s/6s Plus、iPhone 7/7 Plus、iPhone SE、またはiPhone 8/8 Plusを使っているのならiOS11を今すぐダウンロード… 続きを読む

  • CurioPetsはARを駆使した世界探索型ペット育成ゲームだ

    CurioPetsはARを駆使した世界探索型ペット育成ゲームだ

    Appleが拡張現実を組み込んだiOS 11をリリースすれば、スタートアップCurioPetsはポケモンGOとたまごっちを合体させたようなゲームの出荷が可能になる。 CurioPets、(curious pet「好奇心が強いペット」の略)は、マルチプレイヤー対応の拡張現実ペットシミュレーターだ。AppleのARKitで開発され、その目的は現実世界の探究を促すというものだ。これはポケモンGOに似ている。そして仔犬もしくは仔猫を連れて世話をしながら歩き回る。こちらはたまごっちやネオペットに似ている。 続きを読む

  • AppleのARkitベースのARアプリをプレビューしてきた――iOS 11公開で一挙巨大市場に

    AppleのARkitベースのARアプリをプレビューしてきた――iOS 11公開で一挙巨大市場に

    私はこの数週間、デベロッパーと投資家に混じって、急成長中のARKitの世界を体験してきたところだ。関係者がAR時代の到来に興奮する理由はいくつもあるが、その一つがスケールの可能性であることは確かだ。潜在的なARのユーザー数は巨大だ。来月公開されるiOS 11の場合、インストールされた瞬間から誰もが拡張現実を利用できるようになる。今年中にARを使うようになるユーザーは数億人に達するはずだ。これはARの可能性を示すうえできわめて説得力ある数字だろう。 巨大企業も1人か2人のエンジニアのチームもともにクールなARアプリの開発に全力を挙げている。… 続きを読む

  • Apple、拡張現実(AR)を使った徒歩ナビを計画か?

    Apple、拡張現実(AR)を使った徒歩ナビを計画か?

    ARKitは、iOS 11で最大の変化の1つだ。舞台裏でAppleは、iPhoneを非常に有能な拡張現実(AR)装置に変えようとしている。Felix Lapalme‏は、マップアプリのソースコードを見て、Appleがturn-by-turn[曲がり角ごと]ナビゲーションにARを利用するのではないかと探ってきた。 続きを読む

  • The VR FundがAR業界の最新カオスマップを公開――四半期でARアプリが6割増

    The VR FundがAR業界の最新カオスマップを公開――四半期でARアプリが6割増

    シリコンバレーでVR、AR、MRを手がけるスタートアップに特化したVCのThe Venture Reality Fund(以下、The VR Fund)。 同社は現地時間7月20日、最新のAR業界の動向をまとめたカオスマップを公開した(2017年Q2版)。 このカオスマップの作成のため、The VR Fundは2000社以上の企業を調査。その中から、資金調達額や収益力などをもとに150社がピックアップされ、カオスマップに掲載されている。同社によれば、「ARアプリケーションを手がける企業数はQ1と比べて60%増加した」そうだ。 続きを読む

  • Apple ARKitの可能性を感じさせるGIF動画13選

    Apple ARKitの可能性を感じさせるGIF動画13選

    Appleの最新OSは、まだ開発者向けベータ版でしか提供していないが、すでに多くの開発者がiOSの拡張現実プラットフォーム「ARKit」を使ってアプリを開発している。 ARKitの開発者ツールは、ロケーション・マッピングという大変な処理を肩代わりするため、クリエイターは物理世界とデジタルの世界をどのように組み合わせたらもっとも自然な作品になるかという部分に注力できる。 続きを読む