ARM

  • ARMのCEO Simon SegarsのSpectre/Meltdown観、そしてIoTのセキュリティについて

    ARMのCEO Simon SegarsのSpectre/Meltdown観、そしてIoTのセキュリティについて

    今年のCESは、SpectreとMeltdownに呪われていた。会場内の会話のほとんどが、どこかで必ず、この話題に触れていた。なにしろCESだから、われわれが会う人の数も多く、そしてその中にはこの問題に近い人も多い。今回はその一人、ARMのCEO Simon Segarsに、本誌TechCrunchのブースまで来ていただいて、その対応策などについてうかがった。 続きを読む

  • GoogleのProject ZeroチームはCPUの重要な欠陥を昨年発見していた

    GoogleのProject ZeroチームはCPUの重要な欠陥を昨年発見していた

    数分前(米国時間1/3)に公開されたブログ記事でGoogleのセキュリティチームが、今朝発表されたチップの脆弱性からGoogle Cloudの顧客を守るために彼らがやったことを述べている。その記事によると、この脆弱性は同社のProject Zeroのチームが昨年…時期不詳…発見していた。 続きを読む

  • Apple、iOSとmacOSのARM版カーネルをオープンソース化

    Apple、iOSとmacOSのARM版カーネルをオープンソース化

    AppleはmacOSの主要なリリースの後、常にカーネルを公開してきた。このカーネルはiOSデバイス上でも動作する。macOSとiOSが同じ基盤の上に作られているからだ。このほどAppleは、最新バージョンのカーネルをGitHubでも公開した。あわせてカーネルのARMバージョンも初めて目にすることができる。 続きを読む

  • ARMの次世代チップは人工知能にフォーカスした設計になる

    ARMの次世代チップは人工知能にフォーカスした設計になる

    ARMが今日発表したDynamIQなるものは、同社の次世代モバイルプロセッサーの基礎となる新しい技術だそうだ。モバイルのチップメーカーは将来の製品について語るとき、すごく饒舌だが、とくに今回のARMは“マイクロアーキテクチャの2011年以降における最大の変化”という、最大級の主張だ。 同社がとくにプロセッサーのスピードを強調するのは、将来の人工知能を意識しているからだ。確かに人工知能は、今後数年間、モバイルコンピューティングにおいてもますます主流の技術へと成長していくだろう。それは、スマートアシスタントや自動運転… 続きを読む

  • SoftbankのARM買収完了―240億ポンド(3.3兆円)は英国最大のM&A

    SoftbankのARM買収完了―240億ポンド(3.3兆円)は英国最大のM&A

    今年のテクノロジー界で最大級―かつイギリス史上最大―の買収が確定した。今日(米国時間9/5)、SoftbankはARM Holdingsの買収手続きを完了したと発表した。 ARMはSoftBankが7月に240億ポンド(現在のレートで320億ドル、当時は310億ドル)で買収する意向を示した半導体メーカーだ。この買収によりSoftBankはIoTの世界に向けて大きく飛躍することになる。ARMは9月6日付でロンドン証券取引所(LSE)での上場が廃止となる。SoftbankではARMを今後も独立企業として運営する意向を示している。 続きを読む

  • Intelがファウンドリ事業のテコ入れのためARMのチップを製造へ…台湾韓国勢に勝てるか

    Intelがファウンドリ事業のテコ入れのためARMのチップを製造へ…台湾韓国勢に勝てるか

    チップメーカーのIntelとイギリスの半導体知財企業ARMが発表した合意により、Intelの注文生産型ファウンドリ事業に大きな弾みがつくことになった。 この契約は今日(米国時間8/16)サンフランシスコで行われたIntel Developer Forumでも発表され、IntelのCustom Foundryが、サードパーティが作るARMのプロセッサーの製造を担当することになる。 続きを読む

  • ARMが物のインターネットのSensinodeを買収, そろそろスマホ/タブレット依存から脱却へ

    ARMが物のインターネットのSensinodeを買収, そろそろスマホ/タブレット依存から脱却へ

    ARMのプロセッサを使ったWindowsマシンやAppleデバイスが、このところマスコミを賑わしている。最近の話題は、Surface 2とNokiaの初のWindowsタブレットと近く出るiPhoneの新機種だ。しかしイギリスのケンブリッジに本社を置く強力な半導体企業ARMは最近ますますその野望…インターネットに接続されるすべてのデバイスを駆動すること…を肥大させているようだ。今日(米国時間8/27)同社は、フィンランドで物のインターネットのためのソフトウェアを作っているSensinode Oyを買収した、と発表した。 続きを読む

  • 低電力消費+高性能のARM系サーバ用チップにハードウェアスタートアップの参入相次ぐ, Calxedaが$55Mを調達

    低電力消費+高性能のARM系サーバ用チップにハードウェアスタートアップの参入相次ぐ, Calxedaが$55Mを調達

    Calxedaは、サーバ市場を支配しているIntelのx86アーキテクチャに代わる、ARMベースで超低電力消費型のサーバ用プロセッサを作ろうとしている。その同社がこのほど、5500万ドルの資金を調達した。 テキサス州オースチンのCalxedaが完了したその5500万ドルのラウンドの新規投資者は、Austin VenturesとVulcan Capital。前からの投資者はARM Holdings、アブダビのAdvanced Technology Investment Co.、Texas Instruments、Battery Ventures、Flyb… 続きを読む

  • 巨大データセンターもスマホが動かす?: ロシアのデベロッパがARM上のx86エミュレータを開発

    巨大データセンターもスマホが動かす?: ロシアのデベロッパがARM上のx86エミュレータを開発

    x86チップは、世界中の何百万台ものサーバのプロセッサであり、Intelの最優良資産だ。でも今はまた、ソフトウェアがハードウェアを浸食する時代になったようで、今回はロシアのデベロッパたちがARMプロセッサを使用するサーバの上でx86のプログラムを動かすエミュレーション機能を作っている、というニュースが飛び込んできた。 これによりARM系のSoCを作っているところは、Intel x86プロセッサの代替機能をも市場に提供できることになる。 続きを読む

  • iPhone 5でAppleは独自のチップメーカーになっていた; それが抜群の省電力の秘密

    iPhone 5でAppleは独自のチップメーカーになっていた; それが抜群の省電力の秘密

    iPhone 5の話題は山ほどあるが、しかしその変化の多くは、見ただけでは分からないところにある。金曜日になってiFixit.comなどが恒例のApple新製品分解儀式をやってみると、多少のことは分かるかもしれないが。でも、iPhone 5の最大の秘密はすでにあばかれている。それは、Appleの独自設計によるSoC、A6で、同社が5年近く前に行った買収が功を奏した技術だ。 そのA6は、前身のA5やA4と違って、ARMの設計にマイナーな変更を加えて名前だけを変えたものではない。AnandTechのAnand Shimpiの見解では、それは完全に… 続きを読む

  • プロセッサの売れ行きの主流がARM系SoCになりIntelは売上予測を下方修正

    プロセッサの売れ行きの主流がARM系SoCになりIntelは売上予測を下方修正

    Intelが今日(米国時間9/7)、第三四半期の売上は需要減により予想以下になる、と発表した。Intelのマイクロプロセッサはいわゆるx86アーキテクチャで、多くのPCと今のMacに使われている。売上の当初予想142億ドルに対して、今回の修正予想は138億ドルだ。それはAMDとの競合によるものではなく、AMDも同じ問題に直面している。 さらに重要なのは、この下方修正がパーソナルコンピュータの世界に今起きている大きな変動を、あらためて示していることだ。iPadなどのタブレットがいち早くコンテンツ消費マシンというレッテルを貼られている中で、… 続きを読む

  • Android勢力拡大: Sony Ericsson、ボーダフォンなど計14社がOHA加盟

    Androidがまた強くなった。グーグルのモバイルOSを推進する業界コンソーシアム「Open Handset Alliance(OHA)」に、また新たにARM、Garmin International、Sony Ericsson、ボーダフォンはじめ14社が加盟した。他にもAKM Semiconductor、ASUSTek Computer、Atheros Communications、Borqs(本社:北京精華科技園)、エリクソン(Ericsson)、ファーウェイ(華為技術/Huawei Technologies)、 オムロンソフトウェア、ソフトバンク… 続きを読む