アルテミス計画 / Artemis Program(用語)

2024年までに有人宇宙飛行(月面着陸)を目標とした米国政府が出資する計画。

  • 月着陸船開発を失注したベゾス氏がNASAに約2208億円の「インセンティブ」を打診

    月着陸船開発を失注したベゾス氏がNASAに約2208億円の「インセンティブ」を打診

    Blue Origin創業者である富豪のジェフ・ベゾス氏は米航空宇宙局(NASA)に契約と引き換えに月着陸船の開発費用を最大20億ドル(約2208億円)拠出し、パスファインダーミッションを自己資金で実施することを提案している。 続きを読む

  • GPSのような月面ナビネットワークをマステン・スペース・システムズが開発中

    GPSのような月面ナビネットワークをマステン・スペース・システムズが開発中

    これまで月に向かう宇宙船には、危険を検知してナビゲーションを補助する機器が搭載されていた。共通のナビゲーションネットワークが確立されていないことも、ある程度は納得できる。人類が月面に着陸したことは数えるほどしかなく、無人探査機の着陸は何度も行われているものの、未だ月面ミッションが定期的に行われるようになったわけではないからだ。 続きを読む

  • 次世代の月面探査車をGMとロッキード・マーティンが共同で開発中

    次世代の月面探査車をGMとロッキード・マーティンが共同で開発中

    人類が前回(1972年)、月を訪れたときには、比較的シンプルなバッテリー駆動の乗り物で移動した。NASAは次の有人月探査に向けて、月面車のアップグレードを検討している。ロッキード・マーティンとGMは米国時間5月26日、次世代の月面車を共同で開発していると発表した。 続きを読む

  • NASAがアポロ計画以来となる有人月面着陸システムの開発にSpaceXを指名

    NASAがアポロ計画以来となる有人月面着陸システムの開発にSpaceXを指名

    NASAの有人着陸システム(HLS)を受注する企業が、SpaceXに決定した。同社は、アポロ計画以来初めてNASAの宇宙飛行士が月面に降り立つ手段を開発する権利を、29億ドル(約3156億円)で落札した。 続きを読む

  • 月へNASAの水探索車を届けるためにスペースXがFalcon Heavyロケットの打ち上げを2023年に予定

    月へNASAの水探索車を届けるためにスペースXがFalcon Heavyロケットの打ち上げを2023年に予定

    SpaceX(スペースX)は、2023年に大型の(そしてあまり使われていない方の)ロケット「Falcon Heavy(ファルコン・ヘビー)」を使用して、月にペイロードを送り込むことを予定している。このミッションでは、宇宙ベンチャー企業のAstrobotic(アストロボティック)が製造した月面着陸船を打ち上げることになっており、それにはNASAのVIPER(Volatiles Investigating Polar Exploration Rover、揮発性物質調査極地探索車。この機関は、楽しい頭字語を付けるために言語に無理させることを好む)が搭… 続きを読む

  • NASAが自律型軌道離脱システムや金星でも使えるバッテリーの研究に補助金

    NASAが自律型軌道離脱システムや金星でも使えるバッテリーの研究に補助金

    NASA(米航空宇宙局)のSBIRプログラム(中小企業技術革新研究プログラム)は定期的に将来有望な中小企業や研究プログラムに補助金を出している。そしてその補助金が交付されたリストを調べるのは常に興味深い。今回のリストから、特に説得力のあるもの、あるいは宇宙業界のミッションと産業にとって新たな方向を示している1ダースほどの企業と提案を紹介しよう。 続きを読む

  • ブルーオリジンが月面重力をシミュレートする機能をNew Shepardロケットに追加へ

    ブルーオリジンが月面重力をシミュレートする機能をNew Shepardロケットに追加へ

    NASAの発表によると、ブルーオリジンは再使用可能なNew Shepardを改良し、宇宙船のカプセルを回転させることで月の重力を再現することを計画している。これにより、カプセルは実質的に1つの大きな遠心分離機となり、内部の物体には月面で見られる重力に非常に近い力がかかることになる。 続きを読む

  • NASAの有人月探査船ミッションのメンバーに選ばれたアン・マクレーン宇宙飛行士が次世代宇宙船の設計と操縦について語る

    NASAの有人月探査船ミッションのメンバーに選ばれたアン・マクレーン宇宙飛行士が次世代宇宙船の設計と操縦について語る

    NASAは有人月探査プロジェクトであるアルテミス計画に参加する宇宙飛行士の1人に、ISS国際宇宙ステーションで203日間過ごしたアン・マクレーン氏を選んだ。マクレーン氏は抱負とビジョンを次のように述べている。 続きを読む

  • NASAの有人飛行責任者がアルテミス月面着陸の2024年目標とクルー人選について語る

    NASAの有人飛行責任者がアルテミス月面着陸の2024年目標とクルー人選について語る

    NASAの有人宇宙飛行責任者であるキャシー・ルーダース氏がTechCrunch Session:Spaceに参加し、科学者でNetflixのホストでもあるエミリー・カランドレリ氏に、彼女のNASAでの仕事について話した。アルテミス計画の進捗や米国人宇宙飛行士を月面に再び送る話もあった。 続きを読む

  • ロッキード・マーティンの商用民間宇宙担当GMが語る月着陸船共同開発の今

    ロッキード・マーティンの商用民間宇宙担当GMが語る月着陸船共同開発の今

    NASAのアルテミス計画はやっと進み始めたところだが、民間パートナー企業たちは、月着陸システム開発の名誉を獲得しようと競い合っている。なかでもこの取り組みをリードしているのが、Lockheed MartinとBlue Originだ。 続きを読む