アルテミス計画 / Artemis Program(用語)

2024年までに有人宇宙飛行(月面着陸)を目標とした米国政府が出資する計画。

  • 米上院予算委員会がNASAに月着陸船プログラムで2つのチームを選定するよう指示

    米上院予算委員会がNASAに月着陸船プログラムで2つのチームを選定するよう指示

    有人着陸システムの物語はまだ終わっていない。米上院が現地時間10月18日に発表した2022年度のNASAに関する予算案では、有人着陸システム(HLS)プログラムで2つのチームを選定するよう、航空宇宙局に指示している。だが、そのための追加予算は1億ドル(約114億円)に過ぎない。 続きを読む

  • NASAがアルテミス計画の月着陸機コンセプト開発でSpaceXやBlue Originなど5社と契約

    NASAがアルテミス計画の月着陸機コンセプト開発でSpaceXやBlue Originなど5社と契約

    2020年に承認されたアルテミス計画は、アポロの時代以来となる人類の月面再訪だけでなく、2020年代後半までにそのような旅を定期的に行えるようにするという多くの目的がある。さらにNASAは、月に留まらず、火星にも人類を送り込む惑星間探査にまで拡げることを目指している。 続きを読む

  • Blue Originは月着陸船のSpaceX発注に抗議し連邦裁判所でNASAと一騎打ちに

    Blue Originは月着陸船のSpaceX発注に抗議し連邦裁判所でNASAと一騎打ちに

    億万長者のジェフ・ベゾス氏が率いる宇宙企業Blue Originが、NASAを法廷に引っ張り出そうとしている。米国時間8月17日に同社は米連邦請求裁判所に、月着陸船の契約をライバル企業のSpaceXにのみ与えたとして同政府機関を告訴した。 続きを読む

  • 連邦政府はSpaceXがNASAの月着陸船建造を受注したことに対するBlue OriginとDyneticsの異議を退ける

    連邦政府はSpaceXがNASAの月着陸船建造を受注したことに対するBlue OriginとDyneticsの異議を退ける

    Blue Origin(ブルーオリジン)とDynetics(ダイネティクス)は、NASAがアルテミス計画で使用する有人着陸システムの建造をSpaceXにのみ委託するという決定を下したことに対し、いまだ強く抗議を続けている。この決定に対する抗議は 先日却下されたが、Blue Originが公然と疑問を呈した米国政府説明責任局の主張は誰でも読むことができる 続きを読む

  • 米会計検査院が月着陸船開発契約をめぐるBlue Originの抗議を却下

    米会計検査院が月着陸船開発契約をめぐるBlue Originの抗議を却下

    米会計検査院(GAO)は米国時間7月30日、Blue Originの抗議、そして月着陸船開発案を提出した防衛関連企業Dyneticsによる訴えのいずれも却下する、と明らかにした。GAOは、NASAがSpaceX1社と契約した際、法律や規則に反しなかった、と結論づけた。 続きを読む

  • 月着陸船開発を失注したベゾス氏がNASAに約2208億円の「インセンティブ」を打診

    月着陸船開発を失注したベゾス氏がNASAに約2208億円の「インセンティブ」を打診

    Blue Origin創業者である富豪のジェフ・ベゾス氏は米航空宇宙局(NASA)に契約と引き換えに月着陸船の開発費用を最大20億ドル(約2208億円)拠出し、パスファインダーミッションを自己資金で実施することを提案している。 続きを読む

  • GPSのような月面ナビネットワークをマステン・スペース・システムズが開発中

    GPSのような月面ナビネットワークをマステン・スペース・システムズが開発中

    これまで月に向かう宇宙船には、危険を検知してナビゲーションを補助する機器が搭載されていた。共通のナビゲーションネットワークが確立されていないことも、ある程度は納得できる。人類が月面に着陸したことは数えるほどしかなく、無人探査機の着陸は何度も行われているものの、未だ月面ミッションが定期的に行われるようになったわけではないからだ。 続きを読む

  • 次世代の月面探査車をGMとロッキード・マーティンが共同で開発中

    次世代の月面探査車をGMとロッキード・マーティンが共同で開発中

    人類が前回(1972年)、月を訪れたときには、比較的シンプルなバッテリー駆動の乗り物で移動した。NASAは次の有人月探査に向けて、月面車のアップグレードを検討している。ロッキード・マーティンとGMは米国時間5月26日、次世代の月面車を共同で開発していると発表した。 続きを読む

  • NASAがアポロ計画以来となる有人月面着陸システムの開発にSpaceXを指名

    NASAがアポロ計画以来となる有人月面着陸システムの開発にSpaceXを指名

    NASAの有人着陸システム(HLS)を受注する企業が、SpaceXに決定した。同社は、アポロ計画以来初めてNASAの宇宙飛行士が月面に降り立つ手段を開発する権利を、29億ドル(約3156億円)で落札した。 続きを読む

  • 月へNASAの水探索車を届けるためにスペースXがFalcon Heavyロケットの打ち上げを2023年に予定

    月へNASAの水探索車を届けるためにスペースXがFalcon Heavyロケットの打ち上げを2023年に予定

    SpaceX(スペースX)は、2023年に大型の(そしてあまり使われていない方の)ロケット「Falcon Heavy(ファルコン・ヘビー)」を使用して、月にペイロードを送り込むことを予定している。このミッションでは、宇宙ベンチャー企業のAstrobotic(アストロボティック)が製造した月面着陸船を打ち上げることになっており、それにはNASAのVIPER(Volatiles Investigating Polar Exploration Rover、揮発性物質調査極地探索車。この機関は、楽しい頭字語を付けるために言語に無理させることを好む)が搭… 続きを読む