artificial intelligence

  • ロボットアームの動きは適度に遅いほうが不気味の谷現象を防げる

    ロボットアームの動きは適度に遅いほうが不気味の谷現象を防げる

    ロボットの手の動きが速いと、人間はそれを「温かみがなくて不快」と感じた。遅い速度が、いちばん好評だった。ロボットの手の動きに初動時の遅延がないと、それも人間にとっては不安だった。ただし遅延が長すぎると、やはり不安が生じた。 続きを読む

  • デリバリーロボが地図なしで配達先のドアを自力で見つける方法

    デリバリーロボが地図なしで配達先のドアを自力で見つける方法

    MITの研究者たちが開発した新しい行路発見方法は、さまざまな業界で客先まで物を届けなければならないロボット、いわゆるデリバリーロボットにとても役に立つ。 続きを読む

  • 古代ギリシアの石板の解読をAIが助ける

    古代ギリシアの石板の解読をAIが助ける

    機械学習とAIは、太陽系外惑星を見つけたり、写真のように本人そっくりの人間の画像を作ったりといった派手な業績が強調されがちだが、でも同じ技術が学術研究の意外なところでも利用されている。 続きを読む

  • OpenAIの人間的なロボットは片手でルービックキューブを解く

    OpenAIの人間的なロボットは片手でルービックキューブを解く

    イーロン・マスク氏らが唱道するこの非営利団体は、ロボットハンドがルービックキューブを片手で解くことを学習した、と発表した。その偉業は、このロボットがとくにキューブ(立方体)を上手に扱うことのデモンストレーションでもある。 続きを読む

  • MITが米商務省のブラックリストに載った中国のAI企業SenseTimeとの関係を見直す

    MITが米商務省のブラックリストに載った中国のAI企業SenseTimeとの関係を見直す

    マサチューセッツ工科大学は今、エンティティリストに載せられた8つの中国企業のひとつであるSenseTimeとの関係を見直している。 続きを読む

  • Google Cloudがポーランドに新しいリージョンを開設

    Google Cloudがポーランドに新しいリージョンを開設

    Google(グーグル)は米国時間9月28日、ポーランドのワルシャワにクラウドの新たなリージョンを開設し、中欧と東欧の顧客へのサービスを充実させると発表した。 続きを読む

  • GoogleアシスタントでXbox Oneをコントロールできる、次はWindows 10か

    GoogleアシスタントでXbox Oneをコントロールできる、次はWindows 10か

    Microsoft(マイクロソフト)が同社のデジタルアシスタントCortana(コルタナ)に執着していたのは、そんなに昔の話ではない。でもそれは勝てる賭けではなかった。 続きを読む

  • ミシガン大学が釘打ち機能内蔵ドローンを開発中

    ミシガン大学が釘打ち機能内蔵ドローンを開発中

    FAA(米連邦航空局)は、ドローンに火炎放射器や拳銃などの武器を装備することに罰則を設けた。でも、ネイルガンは武器だろうか?シューティングゲームのQuake以外でも?そうではないことを望みたい。ミシガン大学のロボット工学者たちが、屋根板を屋根に釘打ちする機構(ネイルガン)を備えたドローンを開発した。 続きを読む

  • FarmWiseの全自動除草ロボットが脱プロトタイプに向けて15億円を調達

    FarmWiseの全自動除草ロボットが脱プロトタイプに向けて15億円を調達

    農業の自動化は作業が多様だから難しいが、そんな中で良い仕事をしているロボット企業や自動操縦企業もいくつか存在する。たとえば投資家たちに関心を持たれたFarmWiseはこのたび1450万ドルを調達して、その自動運転除草車の開発を継続している。 続きを読む

  • 人によるコントロールと機械学習を融合したスマート義手

    人によるコントロールと機械学習を融合したスマート義手

    義肢は年々良くなっているが、それらの強度と精度が使いやすさや能力(実際にできること)に貢献していないこともあり、とくに手足を切断手術した人たちがごく初歩的な動作しかできない場合が多い。 続きを読む