ask

  • ビットコインもバブルなのか?ドットコムバブルは近代インターネットをもたらした

    ビットコインもバブルなのか?ドットコムバブルは近代インターネットをもたらした

    「始終聞かれるんです…またドットコムバブルなのか、と」TechCrunch Disrupt Berlinの壇上で、MelonportのCEO・共同ファウンダー、Mona El Isaが言った。「それで…私の返事はたいてい…こうです…で、もしそうなら?」 続きを読む

  • Bing、わずかながら検索シェアを拡大(Yahooの減少分)

    Bing、わずかながら検索シェアを拡大(Yahooの減少分)

    いろいろ紆余曲折もあったが、マイクロソフトは当初の狙いであったYahoo獲得を諦めて、新たな検索エンジンであるBingの提供を開始してGoogleに対抗することとなった。もちろん直ちにGoogleに対抗できるとは考えていない。しかしYahooの地位を脅かして買収への態度を軟化させるなり、あるいはBing自身が検索サービス第2位の地位を獲得することは可能だと考えている。ただし米国内においてYahooはBingと比較すれば2倍の市場シェアを保持しており、これも先の長い話ではある。 ただBingが登場して最初の1ヵ月間の統計データを見ると、B… 続きを読む

  • Askが、Q&A検索もできることをアピール中

    Askが、Q&A検索もできることをアピール中

    今の検索分野で、スタートアップや新商品の動きという視点からみて、最も活発な下位ジャンルの一つにQ&Aサイトがある。検索案件の中には主観的で、人間が答えた方がよいものもある。Yahoo Answersの成功がこれを証明しており、もっと良いQ&Aを作ろうと数多くの競合がひしめきあっている。Answerbag、Wiki Answers、Mahalo Answers、Aardvark、Hunchなどだ。そこで、元祖Q&A検索エンジンとも言える(人間が回答するということではなく、質問形式で検索することを促進したという意味… 続きを読む

  • Askが、Anchor Intelligenceと組んで詐欺防止と広告配信最適化

    Askが、Anchor Intelligenceと組んで詐欺防止と広告配信最適化

    この経済不況のために、いつも以上の数のクリック詐欺師たちが運試しをやっているようだ。その結果、広告ネットワークはクリック詐欺を含め自分たちのネットワーク全体の健全化について、よく考えるようになったとAnchor Intelligence CEOのKen Millerが言っている。この会社について最初に書いたのは2007年の終り頃に同社がクリック詐欺対策製品を公開したときだった。 この会社は一貫してパートナーについて秘密にしてきた。同社は広告ネットワークと広告主や代理店の両方と取引きがあり、ネットワーク間でトラフィックを比較してデータの信頼性を… 続きを読む

  • IACのAsk.com、ドメイン名で広告収入を稼ぐSendoriを買収

    IACのAsk.com、ドメイン名で広告収入を稼ぐSendoriを買収

    Ask Sponsored ListingsはAsk.comの事業部だが(Ask.com自身はIACの子会社)、このほどSendoriというスタートアップを買収した。Sendoriは2年ほど前に面白い広告テクノロジーを発案している。これによると、広告主は、GoogleやYahooなどのクリック単価による広告をバイパスして、トップ・ドメイン名そのものへのトラフィックを直接利用して広告を表示することができる。これによってドメイン・パーキング〔転売益、広告料などを得る目的でドメイン名を確保すること〕から効果的に収益を生むことができるようになった… 続きを読む

  • TechCrunchアンケート:検索エンジンを乗り換えようと思う理由は何?

    TechCrunchアンケート:検索エンジンを乗り換えようと思う理由は何?

    検索エンジン市場にてGoogleがシェアを伸ばしているが、利用者のロイヤリティが高いというわけでは全くない。J.P. MorganのインターネットアナリストであるImran Khanが最近、ウェブ利用者が検索エンジンを乗り換えるかどうかついての調査を行った。彼の調査によると62%が乗り換え候補とのこと。乗り換えにあたって最重要視する理由は何か。それは「より良い検索結果」だ(全回答者の45%が検索結果が改善されるなら乗り換えると回答。Googleをメインの検索エンジンとして利用している人の間では48%)。 読者の方々にも参加していただくため、… 続きを読む

  • comScore調べ:Googleの検索件数、9月に加速するも市場シェアは下落

    明日(米国時間10/15)のGoogleの決算発表に先立ち、comScoreから9月の検索市場シェアが公開された。Googleの米国内総検索件数シェアは、8月の63%から62.2%へと減少した。YahooおよびAsk(Googleの検索エンジンを使用している)が最大の伸びをみせた。 米国内検索市場シェア(2008年9月) Google 62.2%(8月から0.8%減) Yahoo 20.0%(0.4%増) AOL 4.0% (0.3%減) Microsoft 8.4%(0.1%増) Ask 5.4% (0.6%増) Googleにとって明るい材料は、年間および四… 続きを読む

  • 7月、GoogleはアメリカでYahooからシェアを奪う―Baiduが検索エンジン世界3位に(ComScore)

    Googleは引き続きアメリカでの検索マーケットのシェアを増加させている。しかし世界での優位は以前ほどではなくなっている。昨夜(米国時間8/20)、comScoreは7月の検索マーケットのシェアと検索回数の伸びに関するデータを発表した。リーマン・ブラザースもこの数字を今朝引用している。 検索エンジンのアメリカにおけるシェアに関するcomScoreの数字は以下のとおり。 2008年6月/7月の会社別検索マーケット・シェア Google:                    61.9                           +0.4 Y… 続きを読む

  • Google、ユーザー満足度指数で躍進

    Google、ユーザー満足度指数で躍進

    ミシガン大学の四半期ごとのユーザー満足度の指数が今日(米国時間8/19)発表された。ウェブサイトの分野ではGoogleがトップになった。満足度は100点満点で86点(昨年に比べて10%アップ)。 Yahooは3%ダウンの77点。MSNは変わらず75点でNYTimes.comとABCNews.comに並んだ。AOLは昨年から3%アップの69点。 下にいくつかのサービスのデータのデータを掲載した。カッコ内な2007年の数字。 アメリカのユーザー満足度指数(2008年第2四半期) Google: 86 (78) Yahoo: 77 (79) MSNBC.com… 続きを読む

  • Comscoreの5月の検索統計―Google、Yahooアップ、Microsoft、ダウン

    Comscoreの5月の検索統計―Google、Yahooアップ、Microsoft、ダウン

    上の画像をクリックすると拡大できる。 Comscoreが5月の検索市場の統計を発表した。(4月以前のデータはここに)。. キーポイント:GoogleとYahooがそれぞれ61.8%、20.4%にシェアを拡大。Yahooは今年に入って初めてのアップ。 Microsoftは9.1%から8.5%にダウン。Microsoft’sの新しい検索キャッシュバック・プログラムが発効したのが5月22日なので、6月の統計がどうなるかが注目される。 検索の総量は急速に増加している。年率約18%だ。J.P. MorganのImran Khanの分析レポートか… 続きを読む

  • Askが人員削減、女性の検索ユーザに焦点

    Askが人員削減、女性の検索ユーザに焦点

    IAC所有の検索エンジンAskが、100人を解雇するという先週の噂は、人数予測が多すぎた。実際にAskが切るのは40人で、全従業員の約8%だ。新任CEOのJim Safkaは、Jim Lanzoneの後を受け、これも同ブランドを30代後半以上の女性に焦点を合わせる。この年代はすでにAskユーザ中の不均衡なほどの割合(65%)を占めている。 Askの検索テクノロジーTeomaの行く末については何も語られていない(噂ではGoogleが取って替わると言われている。GoogleはすでにAskの検索広告を扱っている)。明らかにSafkaはテクノロジー… 続きを読む

  • AskがTeomaからグーグルに乗り換え100人解雇する、という噂

    AskがTeomaからグーグルに乗り換え100人解雇する、という噂

    Askが検索をグーグルに乗り換え、自社エンジニアチームの人員削減を検討中との噂が流れている。 Silicon Alley Insiderによると、Askは検索エンジン「Teoma」を捨てるか売却するかして検索にグーグルを採用する可能性もある、という。Teomaは2001年9月に買収され、その後ずっとAskを動かしてきた。決定は「Askのエンジニアにとっては悪いニュース」を運んできそうだ。 PaidContent.orgの推計では人員削減の規模は「4月に100人」という。無論、グーグル乗り換えはまだ最終決定ではない…と断っての上だが。 2007年… 続きを読む

  • AskとDigg、「Big News」でタッグを組む

    AskとDigg、「Big News」でタッグを組む

    見たところソーシャルニュース機能について部分的に連携しているだけのようではあるものの、Askが、Diggと組んで「Big News」という名のニュースサイトをローンチさせた、とSilicon Alley Insiderが伝えている。 ちょうど今週初め、Diggが自社の技術をAskにホワイトレーベルとして提供している、という噂があったところだった。とはいっても、Big NewsはDiggよりもGoogle NewsやTechMemeにより近い。ウェブから集められて表示されているニュースの大部分は、社会的にではなくアルゴリズム的に収集されている。 Di… 続きを読む

  • 百度が世界検索市場でマイクロソフトを抜く。露YandexもAskに迫る勢い

    百度が世界検索市場でマイクロソフトを抜く。露YandexもAskに迫る勢い

    米国も世界もグーグルが首位独占で世界検索市場における同社のシェアは62%だが、その下でも熾烈なバトルが展開中だ。特に米国外に目を転じると。 comScoreが2007年12月の検索件数をベースに「世界検索エンジンTOP10」を発表したが、第2位ヤフーは世界シェアたったの13%で首位に大きく水をあけられている(もっとも米国内では12月ヤフーのシェアが0.5%上がって、逆にグーグルは0.2%下がっている)。 だが一番の驚きは、ローマ字のアルファベットを使わない国々の検索エンジンの健闘だ。 ランキング第3位はマイクロソフト(シェア3%)ではなく、… 続きを読む

  • 数字で見る2007年:今年のAskはちょっと変った

    数字で見る2007年:今年のAskはちょっと変った

    IACは今年、同社が所有するサービスであるAskに真剣に取り組みはじめ、米国内だけで$100M(1億ドル)を使って「Ask the Algorithm」という奇怪なキャンペーンを展開し、広告にユナ・ボマーを持ち出すというところまできた。良識ある人には残念なことに、こんなやり方で注目を集めることに対して議論が起きることすらなく、Askの今年のトラフィックは増加し、悪評などというものはそもそも存在しないらしい、ということをまたもや証明してしまった。 Ask.comの直接トラフィックは、2006年のユニークビジター数2980万から、2007年2月… 続きを読む

  • Ask、ユーザーの個人情報を消去可能に―しかし状況は変わらず

    Ask、ユーザーの個人情報を消去可能に―しかし状況は変わらず

    AOLの検索情報の大量漏洩やら、「Beacon」広告プラットフォームの失敗やら、オンライン上でのプライバシーに関する懸念は絶えない。Askが、ユーザーが自分に関するデータを積極的にコントロールできる「AskEraser」というサービスを始めたのはよく理解できる。 ユーザーがこのサービスに参加すると、AskEraserはそれ以後、ユーザーの検索フレーズ、それに関連したクッキーなどの情報をAsk.comのサーバから消去する。この際、IPアドレス、ユーザーID、セッションID、ユーザーが入力した検索の全文などすべての付随データも削除される。ユ… 続きを読む

  • 第2四半期決算~IACはアップ、Askはダウン

    第2四半期決算~IACはアップ、Askはダウン

    IACの第2四半期決算は好調で利益が78%増加、その大半は資産売却とコスト削減によるものだった。景気のいい四半期決算報告の見出しもしかし、苦境に立つ業界第4位の検索エンジン部門までは届かなかったとみてAsk.comは減収に。$100M(1億ドル)を投じてCrispin, Porter + Boguskyが展開中の広告キャンペーンのおかげでサイトのトラフィックと収入は増加しているはずなのに、そんな最中の第2四半期マイナス収入となった。 具体的な減収額は明らかにされていない。 [原文へ] 続きを読む

  • プライバシーが流行の定番に

    プライバシーが流行の定番に

    ユーザーが検索履歴を消去できる「AskEraser」をAskが開始して一週間が経過した後、今度はGoogleが「ユーザーの検索履歴保存期間を2038年までから18ヶ月へと短縮する」、と発表した。さらなるプライバシーへの取り組みもこれから発表されるようだ。 The Wall Street Journalによると、Microsoftは月曜日(米国時間7/23)に、「同社Live Searchサービス利用者のプライバシー保護のため、新ポリシーとテクノロジーを公式に発表する」と伝えている。そして、Yahooは「ユーザーの検索データ入手以降13ヶ月以内に… 続きを読む

  • マイクロソフトはヤフーを下し、グーグル最大のライバルになれるのか?

    マイクロソフトはヤフーを下し、グーグル最大のライバルになれるのか?

    1週間前には考えられなかったタイトルだが、まんざらあり得ない話でもなくなってきた。 Competeが発表した検索市場シェアの最新統計によると、MSN/ Liveの市場シェアは今年5月から6月までの間に67%伸びて13.2%となった。これはGoogle(62.7%)、Yahoo(19.6%)に次ぐもの。この1年でMicrosoftの検索トラフィックは47%も伸びた計算になる。 AskはCrispin、Porter+Boguskyの広告キャンペーンに$100M(1億ドル)投じたにも関わらず、検索市場のシェアは3.5%から3.3%にダウン。Ask… 続きを読む

  • Askは、有名でない無名人の検索がお得意

    Askの最新ミュージカルCMが登場、どうやらこの負け犬検索エンジンは、Kato Kaelinという、WikipediaによるとO.J.シンプソン裁判でチョイ役を演じたことで知られる、有名でない無名人を探すのに役立つらしい。 CMは下に貼ってある。いつも思っていることだが、広告で重要なことのひとつが視聴者との接点を見つけること。Askがニッチ狙いだとみんなが言うのは冗談ではないようだ。Kato Kaelinではあまりに知名度が低すぎて、視聴者の大半には話が通じそうにない。 (出典:Inside Google) [原文へ] 続きを読む